【韓国ドラマ】マッド・ドッグ の感想 復讐ものだけどひねりが効いてて痛快で面白かった!

マッドドッグの視聴終了しました!これ結構面白かったー!
刑事、弁護士、検事などが主役のドラマは沢山ありますが、これは元保険調査員が主人公。つまり保険金が出る前にそれが詐欺でないかどうか調査する役割の人。考えてみたら保険会社にはそういう仕事担当の方がいるのだろうけど、自分には関わりがないものでなかなか思いつきもしないもので、その設定からすでに珍しくて面白いなーと思いました。

 

スポンサーリンク


 

あと内容に全然関係ないところで、私が勝手に「おー!!!」と盛り上がったことがあります!!! それはゴールデンクロスに出ていたチョン・ボソクがこのドラマにも出てまして、あのドラマでやたらと鼻ヒクヒクさせるのがまるでハイキックのミノのようだと思っていたんですけど、そしたらなんとこのドラマでチョン・ボソクとキム・ヘソン(ハイキックのミノ)のどっちも出てるじゃないですかー!同じシーンで出ることは無かったんですけど、共演だ!うおおおおと思ってしまった~

でもこのドラマではチョン・ボソクの演技は普通だったし、表情も気になるところは特に無かったので、ゴールデンクロスのソ・ドンハ役の時だけで、わざと過剰にやってたんだなということが分かりました^^; そしてキム・ヘソンはミノを演じてた時からビックリするくらい変わってなくて驚き。童顔だなあ・・・

 

マッド・ドッグのメンバーがチェ・ガンウ(ユ・ジテ)、チャン・ハリ(ファヨン)、チーター(チョ・ジェユン)、ペンティアム(キム・ヘソン)そしてはじめは敵対していたキム・ミンジュン(ウ・ドファン)。彼らの関係性が変化していくのがとても面白くて!家族を失った人も家族に見放された人も、その本当の家族以上の信頼関係で繋がっていて、そういうのが血の繋がりにあぐらをかくような当たり前と言われてしまう家族関係よりずっと羨ましいと思ったのです。これからの新しい時代は血縁だけではうまく回らなくなっていくような気がしていてだから彼らのような人々を描いているのを新鮮な気分で見ていました。親や家族との絆を大切にするドラマも感動するんだけど、家族以外の人は傷つけても平気みたいな描写が無意識になんだろうけど出て来る時があってそういうのはあんまり好きじゃないなって思うことがあるんですよねー

 

最初の数話はユ・ジテのやや芝居がかった演技が過剰に感じてしまったんですが、扱う事件の内容が飛行機事故だったりして大きくなってきたりするとちょうど良く感じるようになって来ました。あんな個性的なチームを率いるにはあれくらいでいいのかなと。溢れるチームリーダー感。

そして、このドラマが面白かったのは、ウ・ドファンが演じていたキム・ミンジュンの存在があったからだと思う。味方なのか敵なのか分からない不敵で得体のしれないミステリアスな感じがとても効いてたな~ 独特の雰囲気がすごく良かったし、冷静なところがガンウとの対比もあってしっくりと来た感じ。ファヨン演じるチャン・ハリとの近づきそうで近づかないようなラブラインもすっごく良かった!明らかに魅かれあってるのは分かるんだけど、あからさまな描写が無いのかむしろめっちゃ好きでした。しかし、ファヨンはボディラインが豊満なのに視線がキリっとしててそのギャップがカッコ良かったな~ 韓国の女優さんは細い人が多いから彼女みたいなタイプは新鮮でした。他のドラマでも見てみたいと思いましたもん!

そして、私のお気に入りのチェ・ウォニョンが出てて、そして最高にゲスい役を演じててめっちゃ良かったです。ヨーロピアンスタイル?なネクタイの締め方をしてて胡散臭さ全開でした。彼のなりきりっぷりが大好きです。こういう悪い役を演じてるのがあまりにも似合ってる気がしちゃうんだけど、あなたが眠っている間にとかでは普通の善良なお父さん役でその時はちゃんと良い人に見えるんだもんなあ。すごいなあ。

 

このドラマが面白かったのは、単純に敵と味方に分かれるんじゃなくて、敵同志の中での攻防、味方同志の中での攻防がそれぞれにあった部分かなと思います。そしてそれぞれの登場人物のキャラクターが個性的で面白かったし、でもちゃんとクッションとなるようなチョ・ジェユンとかチャン・ヒョクジンのような脇役も光っていてバランスが良かったです。ラストもすっきり終わってくれるし爽快感もあるドラマでした!かなり好きです。

 

 

【韓国ドラマ】花郎 8話までの感想 無駄にシャワーシーンが多くて笑ってしまう・・・!

花郎も先を見なきゃな~と思いつつ、理由は分かっているけどなかなか手が出ません^^;
特に6話の終わりのキスシーンが私的に盛り上がらなかったので余計に。
でも少しは見ようと8話まで見ましたよ~

男性陣はカッコイイ人いっぱい出てるけども、紅一点のヒロインに全く魅力を感じないのでドラマをいまいち楽しめない・・・
なんかこう男性陣の美しさを圧倒するような美人な方に出て欲しかったのであります。
私の個人的な意見なんですけども。

という訳でこれはもう美しい人たちの男の友情を楽しむしかないと考えをシフトしてロマンスはもう期待しないことにします!!

 

ヒョンシクを見て目の保養する~!

そうだ私切れ長でまつ毛が長い人が好きなんだった。
そしてまつ毛が下向きに長いと更に好きなんだった。お綺麗ね~!

ヒョンシクが積極的に好きな相手にぐいぐい行く感じはいいんだけど、相手が・・・なので全く萌えないのは残念だ~

パク・ソジュンももちろんカッコいいんですけどね。
でも時代劇より現代劇が良いね!前髪がある方が良いなあ。

 

そして、この服装が一番似合ってるのは。ト・ジハンかも!
やや面長の顔の人の方が似合うのかなあ?

真面目な顔をするとシャープで怖い印象ですが、笑うとほら可愛い!
これからは笑顔の場面も少し増えるかな?

よく分からないけど、花郎たちのシャワーシーンとか無駄に多くて、なんのサービスかと思うような部分とか多いw
まあそんな感じなので、ストーリーを真剣に見るというよりは美しい花郎を愛でるためのややアイドルドラマって感じなのかな?
なんだかどういう気持ちで見たらいいのかよく分からないのでした。

面白ポイントがない訳でもないけど、夢中にさせてくれる部分も無い感じ。




そんな中でこの二人のやり取りにはちょっと心を奪われたりしています。
アンジ公役のチェ・ウォニョンとチソ役のキム・ジス!

愛なのか憎しみなのか・・・

でもやっぱりどこか忘れられないでいる二人なのかな・・・
ちょっとヒリっとするのはこの二人のシーンくらいかな。

 

どうやら9話くらいから話がそろそろ動いていきそうではあります。
パク・ソジュンがアラの実の兄ではないとばれたり、ヨンシル公が息子を使って動きだそうとしたり。
もっと冒険活劇みたいなのを期待していたけど、そういうのではないようなので、まったりとみて行きたいと思います!

 

花郎が見れるのは・・・


 

【韓国ドラマ】花郎 6話までの感想 こ、これから面白くなりますように!ともかくヒョンシクが長髪似合う~!

花郎を6話まで視聴しました!

そっか、いつも韓国ドラマで見ている時代劇は朝鮮の時代なんだな~と知りました。
そういえば、朝鮮半島が新羅と高句麗と百済の三国だった時代のお話なんだなあと、
学生時代に勉強した歴史の知識を思い出しました。

髪型とか衣装とかも新しい感じの時代劇だなと思ったのですが、
違う国なんだな!とだんだん理解してきました。

しかし、そういうことが分かって来ても、今の文化を昔風に置き換えたような描写が多いので、
まあ、新羅の国の花郎の設定を借りたフュージョン時代劇と思って見た方がいいのかなと。
そうでないと、そんなに男性と女性が自由に一緒にいれたんですかー?とか、
ラグビー?サッカー?はその時代にあったんですかー?観客が見に来るとかあるのー?とか、色々細かいことが気になってしまいます^^;

途中から、これはファンタジーなんだ、なんでもありなんだと理解をしたので、
話の本筋だけを追って面白いかどうかが大事だなと分かってきました。

今のところ、花郎のメインのメンバーが喧嘩して仲良くなる過程って感じなので、
面白いのかどうかは分からない・・・!爆

ともかく!
今のところヒョンシクは長髪が似合ってて
若い王っていう役がぴったりでカッコイイです!
ほら~!!!!




 

パク・ソジュンもかっこいいんだけど、ちょっと顔が丸いので、
長髪がバッチリ似合うって感じじゃないかな・・・。短髪のが良いです。
いや、ヒョンシクがあまりにも似合ってるだけかもしれません。

いや、他の花郎の皆さんもカッコいいですよ。ええ。
でも一番カッコイイのはヒョン・・・(繰り返しになるので以下略)笑
このあたりは好みの問題ですね~きっと

そうそう、防弾少年団のVくんのお兄さん役のタンセ役の人が見たことあるなあと思って、
誰だっけ?と考えていたらイケメンバンドでストロベリーフィールズのベースをやってた、
キム・ヒョンジュンという俳優さんでした。
なんとなく印象に残る顔ですよね。他で見たことないのに覚えてる!

あと、もう一人、パルリュの手下だけど、身分があまり高くないので、冷遇されて暴れた人も
どこかで見たんだけどな~と考えているのですが、彼は思い出せません(^-^;
う~ん。何で見たんだろうか・・・
*追記 ネイル・カンタービレの打楽器担当とか、成均館スキャンダルのキム・ウタク役だったチャン・セヒョンでした!!!思い出しました~!!!!

 




 

あと、出演者は、花郎のメンバーしか話題になっていなかったので知らなかったのですが、
私の!大好きな!チェ・ウォニョンがここにも出ていました~!!!!
アラのお父さんのアンジ公の役です。

その他にも、ソン・ドンイルや、キム・グァンギュだとか、
他のドラマでよく見る俳優さんがたくさんなので、脇はバッチリ固められています。
そういう意味では安心して見られるな~という感じ。

特に印象に残ったのが、キム・ジスが演じるヒョンシクの母親の母后です。
美しく冷たくて、でもすごい貫禄もあって、良いんです。
貫禄というとごつくなりがちだけど、そうじゃなくて気品もあり、
このキャスティングは良いな~と思って見ていました。

 

 

 

あと、この風景が見覚えがあるな~と思ったんですが、
信義にも出てた木のところじゃなかな・・・

ロケした場所とか行ってみたいとかは思わないのですが、
この木は樹齢も長そうなのでちょっと見てみたいなあ!

 

そうそう、2話くらいまで、イ・グァンスがゲスト出演してるんだけど、
時代劇にはいまいちだったな・・・と。
背が高すぎるせいかなんだか違和感あって、最初は余計に話に入り込めなかったです。

あと、懸念だったアラですが(私が苦手なだけです^^;)
2話くらいまで、ドタバタするようなまたこんなキャラな感じなのか・・・と
イラっとしたんですが、だんだん慣れて来たので、まあ大丈夫かな・・・

そして、アラは多分、ヒョンシクとパク・ソジュンに好かれるんだろうけど、
パク・ソジュンを選ぶんでしょ!っていうのが最初から見え見えでそこはいまいちな気がします。

 

2話~3話くらいでこのドラマ面白いかも?とかなるのもあれば、
10話くらいで面白くなるドラマもあるので、このドラマはこれからを期待かな・・・

花郎は6話ではまだ面白いのかどうか
全然わかりません!(私的には)

頑張って続きを見ますよ~!

 

そうそう、シン・ソンロクが出てるのに気づいたので、王の顔をゆるりと見ているのですが、
どうやら演出家が花郎と同じユン・ソンシクという方みたい。
異なる時代の時代劇なのに、見ててなんとなく雰囲気が似てる気がして、
どっちのドラマだかちょっと混乱するような気分になったのはそのせいだったようです。

そんな経験初めてなので、ちょっと面白いなあって思いました!

 

花郎が見れるのは・・・


 

【韓国ドラマ】相続者たち 8話までの感想 最初の30分くらいで挫折したものの復活した理由は・・・

「相続者たち」は有名な韓国ドラマだし、
シンイでイ・ミンホかっこい~となった私ですから、
以前に見ようと試みたことが数回あります。

しかし、どうも1話目のイジメ場面で、興ざめしてみるのが嫌になってしまうのでした。
キム・ウビンは好きではないけど、嫌いでもないので、
彼がいじめてるからという訳では無いのですが、なんだかどうしても先に進めない感じでした。

高校が舞台のドラマだと必ずイジメの場面があるので、
またこんな感じかあ・・・と思ってしまってもういいやとなってしまうのですよね・・・

そんな私だったのですが、今またGyao!で配信が始まったので、
3度目の正直とばかりに見始めて、イジメのとこは思い切って飛ばして見てたら、
今回は、お!と思うことがあったので、挫折を乗り越えて、ドラマを楽しんで見ております。

その、「お!」と思った理由がこの二人が出て来たことです。

チェ・ウォニョンと、


チェ・ジノ!

それぞれ、CNブルーのミニョクのお父さん役と、キム・ウビンのお父さん役なんです。

どっちかというと主役の高校生たちよりも、
ちょっと、いやかなり曲者と思われるお父さん役の俳優さんに心を奪われる私・・・

以前からそういえばもしかして私って・・・と思っていた疑惑がここではっきりしましたね。

私ってもしかしておじさんがすきなのでは!?

これはもう疑惑ではなくて、ちょっと癖のあるおじさん俳優さんに魅かれるということが、
今回判明いたしましたよ・・・

チェ・ウォニョンは、君を憶えてるで見てから、気になってしょうがないし、
チェ・ジノはファントムで中国人のハッカー役をやっているのを見た時から
たまらなく気になります。

好みに偏りがある気がしますね・・・ハハハ

 

とはいえ、ともかくそうこうして続きを見ていたら、だんだん面白くなって来ました。
大金持ちの財閥がどうしてわざわざそんな貧乏な子を好きになるの~!!!って
そう思う部分もあるんですが、結局のところ人って見たことないタイプに興味が沸くし、
実際にあそこまでの大金持ちだと、一般人と触れ合う事もないんだろうなあ。
そこで、物珍しさや欠乏感のある部分に共鳴してしまうのかなと納得もしたり。

お金があろうと無かろうと、結局のところ人は自分に無いものを数えずにはいられなくて、
自分が持っているものを数えて満足することは出来ないんだなあって
このドラマを見ていたら思ったのでした。

例えば、チャ・ウンサンは貧乏だとしても、
自分の事を大切に思ってくれるお母さんと一緒に暮らせることを
幸せなことだとは思っていないし、捨てようとまでしたし。

キム・タンも、そうかな。自分は庶子ではあっても、お母さんが生きているし、
小うるさいけど、お母さんはキム・タンのことを大切に思ってるし。
それなのに、お兄さんからの自分への愛情をも求めてしまう。

持ってるものに対してフォーカスして生きないと、
いつまでも無いものばかりを追い求めてしまって満足することは出来ないんだろうな、
という学びを得ましたw
せっかくお金が余るほどあってもそうなんだもんな、と。
みんな悩みたくて悩んでるみたいに見えちゃう・・・このドラマ・・・



・・・おや、そういうことを言いたいドラマでは無いはず^^;

収穫は、クリスタルの演技が全く期待が無かったにも関わらずかなりいい感じだなと思ったり、
(ただ、素な感じなのかもしれないけどw 他で演技を見たことが無いので・・・)
ヒョンシクもお調子者の演技が他のドラマと違ってとってもいいし、
みんな芸達者だなあってことでしょうか。
そして、8話の最後に、キム・タンがチャ・ウンサンに、ヨンドからの電話に出るな!と言って、
会話をするのを防ぐためにキスをしたのは、ヒエ~と思いましたよ・・・!
ときめいたとかとは違うけど、わあおと思いました。
なんかこう現実離れしたドラマという意味では良いと思います。

さて、この先どうなるのかな~
どうなるのか分かるような全然予想がつかないような・・・
登場人物がたくさんいるので、そういう意味では色々な部分で楽しめそうなので、
ゆっくり見て行きたいと思います!

相続者たちが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】夜警日誌 の感想 ピンクのお着物が似合うチョン・イル様! 実直な役がユンホも似合ってて良い~

>>>夜警日誌3話までの感想はこちら!

夜警日誌見終わりました!
そう、またGyao!で見始めたけど、まんまとU-NEXTで一気見作戦しましたよねw

恵宗役のチェ・ウォニョンが素敵~好き~!!!ってなってて、
でも思った通り、すぐに出番はなくなって、息子のイ・リンの時代になってしまいました。

しかし、見ている間にすっかりチョン・イルに夢中に・・笑
いや、ほんとチョン・イルはこういう時代劇の衣装似合い過ぎじゃない!!!!?

だって、こんなピンクのお着物がお似合いになるんですよ?

なんてこった!

pink-2

それもこんな鮮やかなピンク・・・!
きっと絹であろうこのしなやかな素材感にも負けないんだよなあ・・・

そしてこの切なそうな目!!!!

pink-1

不思議な艶っぽさのある目や口が若い王子という風情にあまりにも似合っててね・・・
物語のストーリーよりチョン・イルの魅力とは?なんてことを考えながら観察してしまいましたよ・・・!

太陽を抱く月では、2番手役だったけど、時代劇ではチョン・イルは主役がいいなって思いました。
派手な顔や立ち居振る舞いじゃないけど、どうやっても気品みたいなものが出てしまう感じがあって、やっぱりどこか周りを圧する力がある。

でも、明るく晴れやかで豪胆な王っていうよりは、孤独に悩み苦しみながら生きる王って感じだけど・・・

ともかく、まだ仲間にも会えず、反逆を企んだと切られて追われて、1人で逃げ回る時の苦悩の姿や孤独感に切ない表情をするチョン・イル最高~~!
なんでしょうか、不運の王みたいな悲劇を背負われると魅力が増すんだなあ・・・
ともかく、素敵でございます。




それから、東方神起のユンホもこのドラマではとても役が似合ってて良かったなあ!
固い固いまっすぐな性格の武官で本当にそんな性格の人に見えるくらいだったから、
上手な演技だったんだなあって思います。
野王では、なんかちょっと固い・・・って思ってたけど、
このドラマでは、そんなところもむしろ合ってる印象だったのかも。

やたらと武術を練習する場面があったりして、ユンホの見せ場も多かったw
チョン・イルと二人でいる姿もなかなか合ってて良かったのです。

いや~でも、回りにいる人たちもみんな結構魅力的で良かったです。
元夜警隊の隊長のチョ・サンホンとか、守護鬼神の3人とか!
特にチョ・サンホン役のユン・テユンは渋い~
最後は幸せになったみたいで良かった!と思ってしまったよ~

それから、サダム役のキム・ソンオはそれはそれは怪演でした。
私が彼を初めて見たのは確かマイダスだったような気がする。
その時はチンピラの役だったんだけど、シークレットガーデンではちょっと面白いコミカルな秘書役だったし、本当に演技の幅が広いですよね。
でも目がちょっと独特な感じがあるから悪人役は合うなと思ってたら、
こんなところで鮮烈な悪人役を見せていただきましたよ・・・
なんかもう他の人では考えられないようなピッタリな役でした。とても怖い!夢に見そう・・・笑

 

しかし、女性陣があまり印象に残らなかったかな~
コ・ソンヒ演じるトハは悪くはないし、可愛いんだけどね!
なんでかな?印象には残らなくて。
ただし、彼女をひたすら思うイ・リンの姿はとても良いので、
私がチョン・イルばかり見てしまっていたのかもしれない^^;
っていうか、何度もサダムに捕まり過ぎで途中でちょっとメンドクサイな~って思ってしまったのもあるかも。ちょっと気をつけなよって思ってたよ!ドラマだけどさ!

イ・リンを思い続けていたパク・スリョンは、妖怪よりも一番妖怪に見えて恐ろしかった。
人を想うという行為は美しいもののように見えるけど、
度が過ぎるとただの執着で、その欲望が人を狂わせてしまうのだと思った。

誰かを自分のものにするなんてことは出来ないのだ。

愛するのなら、オクメのように見返りなど求めずにただ相手を愛するということが出来たら思いが通じるのかもしれないなあって。そんなことを思ったり。

 

これで解決するかな~???と思ったら、また!?また!?っていうどんでん返しがあって、
ちょっと最後は見るの疲れちゃった部分もあったり、
それなのに後日の話はあっさり終わるね!?っていう部分もあったりしたんだけど、
それ以上に私にとっては楽しめる部分がたくさんあるドラマでした~!!!

 

夜警隊の凛々しい姿を見るだけでも楽しかった!
もう一回ちゃんと見たいかもしれない~
(妖怪などのツッコミどころの部分とかをだけど!)

 

夜警日誌が見れるのは・・・



メイキング・オブ 夜警日誌 〜だからもっと好きになる!〜が見れるのは・・・