【韓国ドラマ】幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントット 2話まで ソ・ジソプがカフェの店長役でカメオ出演してる~!

そういえば、幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットにソ・ジソプが出てるという話は小耳にはさんだことはあったんです。

いつか見ようと思いつつ忘れていたんですが、Gyao!で配信が始まったのでとりあえず2話まで見たら、結構テンポも良くて楽しい感じ。
ユ・ヨンソクも普通な感じが良いし、カン・ソラはドリハイ2の時から実はちょっと苦手なんですが、このドラマでは自然な感じでいいかな、と違和感を感じずに見れています。

いちばん気に入ってるのは、ユ・ヨンソク演じるペク・ゴヌが、カン・ソラ演じるイ・ジョンジュを「ジョンジュや~」と呼ぶ声が優しいこと。
今はまだ恋人とかそういう関係でもないのだけど、とにかくその呼ぶ声が素敵なので、これから関係性が変わっていくにつれて呼ぶ声がまた変わっていくのだろうか?と期待してしまう~
今までユ・ヨンソクの声とか呼び方を気にしたことなんてないのですが、とにかくこのドラマでは呼ぶ声が良い!めっちゃピンポイントな注目点だ。自分でも謎です・・・

 

スポンサーリンク

 

そしてソ・ジソプがいきなり1話で出てきます。
もしかしてもう出番無いのかな?でもちょっと面白かったので記録~

確か脚本とかの制作が、主君の太陽と同じなので、その関係でカメオ出演してるんだと思うんですが、その設定を大いに利用してて、主君の太陽を見た人ならクスっとなること間違いなし。

済州島のカフェの店長なので、ちょっとナチュラルな感じで素敵です。
指も長くてやっぱり手が綺麗だな~

そして、主君の太陽で懐かしの「こじょっ」って言って消えろって手を振るしぐさがまたここでも見れる!わ~

そして日本語訳だと出てこないんだけど、韓国語だと「テヤン」という言葉が出て来て、これまた懐かしい~

ソ・ジソプ本人も演じながらちょっと笑っちゃってる感じが可愛い。
出演者も製作チームも楽しんでるのが伝わってきます。

 

ドラマのストーリーはまだ始まったばかりなので分からないけど、済州島の景色もとても綺麗で、一面の菜の花とか見てるとほのぼのします。
主役の二人もほのぼのした持ち味が出てて、このドラマに合ってるような。
ゆっくり楽しんで見て行きたいな、と思います!

 

 

幸せのレシピ ~愛言葉はメンドロントットが見れるのは・・・



 

【韓国映画】映画は映画だ の感想 ソ・ジソプの眼差しを思い切り堪能出来る映画なのです。

最近は、韓国ドラマに関しては沢山ドラマを見ていく過程で全体的になんとなくどんなドラマがあるかがちょっと分かるようになってきたところなんですが、韓国映画に関してはあまり見ていないので、知るきっかけとなるとっかかりがありません。もちろん好きな俳優さんが出てるのは見たいな~という気持ちはあるのですが、今のところそこまで手が回ってない^^;

なので、限られた本数から選ぶのが分かりやすいので、Gyao!で無料配信している映画で気になるのが無いかな~とたまにパトロールするのですが、そうしたらソ・ジソプが出ている「映画は映画だ」があるではありませんか!

これは見るしかありません~

 

スポンサーリンク

 

ソ・ジソプは、どんな貧乏でもお金持ちでもチンピラでも社長でもどれも素晴らしく演じてくれる俳優さん(だと私は思っている!)ですが、この映画ではその中でもはまり役と言えるヤクザを演じています。
黒いスーツと髭と鋭い眼光にゾクゾクします。ひー
いるだけでその存在感がすごい。

映画俳優役のカン・ジファンとひょんなことから映画に出ることになるヤクザ役のソ・ジソプのダブル主役という体で、最後の喧嘩のシーンも2人の姿に圧倒されるのだけれど、やっぱり役柄的にも完全に悲劇を背負っているガンペの方に肩入れしてしまう。最後のソ・ジソプ演じるガンペの眼差しはあまりにも印象的で夢に出て来そうでした。

映画は映画だ、そしてこれが俺の現実の世界だと突きつけられるような、自分自身に突き付けているような、なんとも言えない気分になるラストでした。

 

衣装のスーツも黒、会長と打つ碁の石もあくまでも黒なガンペに対し、スタは白をまといますが、光が無いと闇が無い訳で対称的な2人は全く違うようでいて、どこかそこまで完全に違うとも言い切れないような部分がそのせいで余計に際立つような気もします。

映画の中で映画を撮影、とかわざと色を対象的にするとかが少し皮肉っぽく感じて、そこは面白いな、と思ったり。

 

ただ、ちょっとだけ気になったのは、主役の男性二人のシーンに関しては、喧嘩や関わりにかなりこだわり気を使って撮影をしていると思ったのですが、女性と彼らのシーンが細やかでなくちょっと雑というか美しく見えないというかそんな気がしてしまったんですよね。あくまでもなんとなくなんですけども。

そして調べていたら、監督のチャン・フンは以前に見た義兄弟の監督でもあったみたいなんですよね。その映画もカン・ドンウォンとソン・ガンホの男性2人が主役なので、あーなるほどと思ったのが、男同士の友情や関係性などそういうのを描くのに重きを置いている監督なのかもしれないな・・・と思ったのです。だからどうしても男性同志のシーンに力が入って、それ以外はそこまで・・・って感じなのかもとなんとなく。
私なども男たちの挽歌の影響を受けているからなのか、そういう男同士の絆ものには弱いので、なるほど納得、気持ちは分かるんですけどね。とはいえ、美は細部に宿ると私は思ってたりするのでもったいない気持ちが少し。

 

最高!という訳ではないけれど、見応えがある部分もあって嫌いじゃないです。
ヤクザの兄弟分と映画ごっこをしようぜと殴り合いのフリをしている時のガンペの無邪気な表情のシーンとか、思い返してみると後から少しずつ胸が切なくなるような余韻が残る映画のような気がして来るのでした。

 

 

映画は映画だが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】ごめん、愛してる の感想 私は残念ながらはまりきれなかったけど良い作品でした

「悲しくて見てられなかった」という友人の感想を聞いていて、なんとなく避けていた「ごめん、愛してる」ですが、日本でリメイクドラマが始まったのもあって、どうしてもタイトルが目につくので、dTVで一気見しましたよ。いや、正直言うと休み休みかな・・・なかなかに重めの内容なのですから・・・

 

スポンサーリンク

 

ソ・ジソプは予想以上の素晴らしさでした。
彼の演技を色んなドラマで見れば見るほど、私の頭に浮かぶのは「全身小説家」という原一男監督の映画のタイトルなのでした。その映画の内容が関係がある訳では無いのですが、その鮮烈な印象を私に与えた「タイトル」がなぜか彼の演技を見ると思い起こされるのです。もちろんソ・ジソプは小説家ではないので、「全身演技者」とでも言えばいいのかもしれないけど、彼は体全体で演技をする人だな、と見る度に感嘆してしまうのです。

演技には色んな種類があって、実際の自分の素の姿に近い役を演じる方が良い人、どんな役でも演じられる人など色々あって、自分がどんなタイプの役者なのかを知って作品を選ぶ必要があると私は思っているのですが、ソ・ジソプはきっとどんな役でも演じられるタイプ。

私はアクションが美しかったり、運動神経の良い役者さんに惹かれる傾向があるな、と思っていたのですが、それも多分、演技自体に関係していて、自分の意思通りに体を使える、動かせるということは表現の多様性が広がるという事なのかもしれないなと思うのです。運動神経が良ければ必ずそうなるという訳ではありませんが、体を意思通りに動かせると表現の自由度は高くなりますから・・・

つまり、演技はその役の心情を込めて台詞を言うことだけではなく、しぐさや動き、歩き方、手の動かし方までその人だったらどういう動きをするかを理解して再現することなのかな、と思うのです。
それが表現できれば出来るほど、観客に説得力を与えて、ドラマに入り込ませることが出来るような気がします。そして、だから私はソ・ジソプの一挙手一投足に惹きつけられることになってるのだな、とそんなことを思ったのです。

そしてこのドラマはカメラワークもちょっと映画っぽくて体の一部を画面に捉えたり、影を映したりなど、ハッとする美しい描写が多かったように思います。
特に主役の二人に対してはそういうカットが多かった気がします。

 

そんな素晴らしいドラマだな、と思っているのですが、ハマり切れなかったのはなぜかというと・・・
ムヒョクがウンチェに「俺の心臓をユンにやるよ。だから俺が死ぬまで俺と付き合え」と言った後のウンチェの行動にあれ?と思って急に素に戻ってしまったからかもしれません。
ウンチェが「じゃあ死んで」とか「絶対に死んでよ」「心臓を出してみろ」とか挙句の果てには牛乳をかけたりまでするのを見てると、ユンが死にそうな時にムヒョクに言われたことに腹が立ったのは分かるけど、今まで弱者に対しとても優しく接する人だという印象のウンチェからはかけ離れ過ぎていて、その後の展開をドラマチックにさせるためとはいえ非常に違和感がありました。視聴している者としては、ムヒョクがもうすぐ死ぬ運命と知っているからヒドイと思ってしまうというのもあるかもしれませんが、それを差し引いてもせっかく演技力のあるキャスティングなので、同じような内容を台詞で直接的に言わせなくても他に方法があっただろうに・・・と、なんかそこで急にザ・韓ドラになってしまった感があり、私は興味が突然薄れてしまったのでした。ウンチェへの感情移入がここから全く出来なくなってしまったのです。
ユンのお母さんとかならああいうセリフもいいんですけどね・・・

 

まあ、細かいことを言えば、ムヒョクのサングラスとつけ髭の変装にそんなうさん臭い人を好きにならんわ!とか、ウンチェの髪型はオーストラリアにいる時は普通なのに、韓国でいる時のはなんかいまいち・・・とか、ユンを演じるチョン・ギョンホはそこまで人気のある歌手というイケメン設定はどうなんでしょうか?(マザコン役は恐ろしいほど似合うけど)とか、気になる点は色々ありますが、それを補ってあまりある良いドラマだと思います。

最後は私にはあんまり衝撃的ではなくて、ほう・・・って感じでした。
まあそれもアリかな、と。その事実が起こったことの見せ方はうまかった。
新聞社に送られてくるFAXという手法はすごいな、と。

人を呪わば穴二つとは言いますが、復讐をして人に害を与えようとするのは自分に対しても落とし穴を掘っているのと同じで、自分を害していることとも同義なんだな、とムヒョクの人生の切なさに胸が痛むのでした。

 

ごめん、愛してるが見れるのは・・・


 

【韓国ドラマ】ワン・サニーデイ~One Sunny Day~ の感想 ソ・ジソプと済州島の風景を満喫できる短編ドラマ!

ソ・ジソプとキム・ジウォンが主演のワン・サニーデイ~One Sunny Day~を見ました。
前編と後編の短いドラマなのですが、とても良かった!

 

改めて、ソ・ジソプが凄い理由に気づかされました。
それは、前に見たどのドラマの役の残像も感じさせずにそのドラマだけの役柄を楽しませてくれるから、なのかなと思うのです。

ソ・ジソプが出ているドラマで一番好きなのは、主君の太陽です。
でも今回はそんな社長とかお金持ちとかじゃなくてどちらかというと地味な口数の少ない平凡な男の人って感じの役です。
どうしても凄く好きなドラマがあるとそのドラマで演じた役の残像が残ってしまって、せっかく新しい違うドラマを見ているのにはまり切れないってことも多いのです。
が、ソ・ジソプに関してはそれを感じたことが無いなあと。

だから、このドラマでも、すっかり話に引き込まれて、今までの役がよぎることも有りませんでした。




 

それはきっと例えばしぐさ、歩き方、話し方、そういう小さなところまで気を配っているからこそ、演じる役の人になり切れるのかもしれないなあとふと思いました。

純粋にドラマ自体を楽しませてくれる役者さんだなあとそんなことを思ったのです。

 

そして、やっぱり手が!とても綺麗!

こんなにゃんこを撫でるシーンがあったりして、
綺麗な手や~うおおおおってなりました。

 

そしてこんな美しい森の風景や海の風景など済州島の美しい自然も楽しめます!

キム・ジウォンの演技も悪くないです。
が、なんとなく鼻の付け根がどうしても気になるですよね・・・
私は整形とかにあんまり詳しくないのですが、なんだかどうしても不自然な気がしてそこにばかり目が行ってしまうのは困りもの^^;
いやまあ元から鼻が高いだけかもしれない。分からない~違ったらすいませ~ん!
相続者たちでは気にならなかったんだけどなあ。前髪があったからかしら?

あと、ソ・ジソプの元恋人役をしていたのは、これまた相続者たちでキム・タンのお兄さんの恋人役のイム・ジュウンでした。
彼女はちょっと悲しい涙の似合う女優さんだなあ・・・
ここでも泣く役でとても似合っていた!

 

上手くいかない恋愛に傷ついているソ・ジソプの表情や、新しい恋に気づいて変わっていく表情など、見どころはたくさん!

ドラマチックな展開があるドラマではありませんが、しみじみと見て良かったなあ~という気持ちになれるドラマでしたよ。オススメ!

そうそう、挿入歌が聴いたことあるなあ~と思ったら、私たち愛し合えるかなでも使われてた歌ですね。急に思い出しました!
はあ、すっきり!

 

このドラマが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】主君の太陽 OSTがめちゃいいねって改めて思ったのでまとめ!

主君の太陽がやっぱりとっても好きだなあって思って、
そして、挿入歌もとても好きだったので、探して聴いてたんですけど、
あら、この曲も好きだったあの曲も好きだったってなってしまったので
いつでも聴けるようにまとめちゃいました!

韓国ドラマってOSTの歌の歌詞がちゃんとドラマと合ってたりするので、
こうして歌詞の意味を知ると内容を思い出して、おおーってなりますね!

 




 

ソ・イングクは歌手でもあるのは知ってたけど、歌は初めて聞いた!
っていうか彼の歌って知らなかった!
耳当たりの良い歌声なんだな~

 




 

このDay and Nightも好き!
聴いてるだけで切ない~

 

*動画はお借りしました!

 

 
主君の太陽が見れるのは・・・




>>>【メール便送料無料】韓国ドラマOST/主君の太陽 (2CD) 韓国盤