【韓国映画】君に泳げ の感想 可もなく不可もないスポーツ青春ものって感じかな・・・

いつか見なきゃ~と思っていた映画の「君に泳げ」を見ました。
今をときめくと言っていいであろうイ・ジョンソクとソ・イングクがメインキャストですし、個人的に私は学生時代に水泳部だったので、水泳シーンも楽しみにしていたんですよ!arenaの水着が懐かしい~

そして、この部分は私は別に楽しみにしていなかったけど、水泳だから当たり前のように上半身が出てるシーンも多かったです。高校生という設定だし、水泳選手なのにあんまり分厚い体型だったらぽくなくて嫌だなあと思っていましたが、イ・ジョンソクは細身がいい感じに水泳選手らしいかんじで、ソ・イングクの厚みもギリギリ水泳選手でいけるかな・・・と思いました。

ムッキムキだと水の抵抗を受けてしまうのと、筋肉過ぎると重すぎて良くないんだろうな。個人的には分厚いよりも薄めの筋肉がついている方が好きなんですけど、それも水泳をしてた影響なのかもなあ、とそんなことを思ったり。ストーリーに関係ないことばっかり考えて見てた・・・

 

スポンサーリンク

 

お話の内容は、青春ものですね。
努力型の水泳エリートのウサン(イ・ジョンソク)と、天才型だけど訳アリのウォニル(ソ・イングク)の二人が水泳と恋のライバルっていう、ん?ちょっとこれありがちな設定ですよねーと思いつつ。

素の彼らを知っている訳ではないけど、ドラマで見るイメージのままのキャスティングです。意外性はないかな?

ソ・イングク演じるウォニルは、ナイショの恋していいですかの時とイメージがかぶる。高校生らしい無邪気な感じ。

イ・ジョンソク演じるウサンは、国家代表に選ばれるスポーツエリートなところがWの時と同じ。

水泳の演技はきっとすごい特訓したんじゃないかなと思うんですが、飛び込みもターンとかもキレイだし、泳ぎもなかなか見応えがありましたよー!
かなり力を入れて水泳シーンはキレイに撮ろうとしているのが分かってその点は大満足でした。まあ国家代表レベルなのかは分かんないけど、十分です。良かった。

だがしかし、ヒロイン役のユリちゃんがちょっといまいちだったなあと思いました。
まあ、水泳のエピソードが中心で、愛というよりは淡い恋って感じなので、恋愛部分は丁寧に描かれている訳では無いので仕方ないし、演技がどうこうって訳ではないんです。ただ、彼女はバンドでギターボーカルを担当していて、プロを目指しているという設定。それなのにギターがね・・・ 実際に弾いて音を出すわけで無いのは分かるけど、それにしてもせめてもうちょっと弾いてるように見えるくらいには練習するべきだったんではないだろうか?水泳シーンがちゃんとしてただけに比べるとおいおいとツッコミを入れてしまいました。

細かいことを言うと、少人数のオーディションシーンでは、ジョンウンはギターを持たずにステージに上がって歌っていたのに、ギターの音がした。(ちなみに彼女のバンドはギターボーカルとベースとドラムの3人構成)なんでだ。
そして、今度はお客さんもいっぱい入ってるオーディション番組みたいなシーンでは、ジョンウンはギターを弾きながら歌っていたけど、ほとんど弾いてなくて、でも弾いてない時にもギターの音がすると思ってめっちゃ観察してたら、サポートギターみたいな男の人もステージにいて、その人が弾いてる設定!オーディションでサポートギターとかどういうこと!?もうキャスティングする時から4人構成のバンドにしたら良かったのに・・・と思ったのでした。多分こんなこと気にしているのは私だけでしょう~~ああ~どうでもいい~でも気になるんや~

あ、なんだか映画の内容に関係ない事ばかり書いてて申し訳ない気分に^^;

あ、そうそう水泳部員でユン・ギュンサンも出てるのを発見しました!
そのままユン・ギュンサンって役名でしたよ~ ほんとにちょい役って感じだったけど、イ・ジョンソクとユン・ギュンサンはピノキオの前から共演してたんですね~

 

まあいろいろ気になることはありましたが、軽い気持ちで見れる青春映画です。
好みの俳優さんが出てて興味がある人にはいいかと思います。

 

君に泳げが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】王の顔 の感想 なんとか完走!しばらく時代劇はもういいかな(^^;

やや途中でつまづいていた王の顔ですが、なんだかんだと言いながら
なんとか23話まで視聴完了いたしました!パチパチ

それにしても気になるのは王様って王座のあるあんな広間みたいな部屋で
本当に寝てたのでしょうか?
韓国の文化や史実に詳しくないので、分からないことがたくさんあります。
あんな広いところの板間で寝てたら寒くないかしら・・・とかそんなことばかり気になります。
それともオンドルで床は暖かいのでしょうか。それでも寒そう。

王様とは孤独なものであるという心証風景を描きたかっただけなのか、
本当にそうだったのか気になってしまいました。
まあ側室のお部屋で寝てるものなのかもしれないし、分からない~

冬の景色で、雪が積もっていて風景はとても綺麗だったけれど、
撮影は本当に大変だったに違いないなあと、本当にお疲れさまだなあと思ったり。
でも時代劇で23話だとまだ短めだからマシなのかもしれませんね。

光海君の世子時代が16年間もあったようで、それを描くには23話では物足りなかったかもと書いてある記事を見たりもしたのですが、確かにやや焦点が定まっておらず散漫な感じがあったので、それぞれのエピソードをもっと掘り下げて描くのであればそれも一理あるかもしれません。
でも、この演出の感じのまま作るのだったら長くなっても結果は同じかもしれない。

例えば、誰かが死ぬ時は必ず、手がバタっと落ちることで死亡したことを表現しているんですが、
それどの人が死ぬ時もそうなもんで、いい加減、飽きますね。3人くらいは確認しました。
そういうやや雑な演出が全体を覆っていたような気がして、
見ていてしんどいなと思うのはそういうところだったのかもしれません。

あとは時代劇での楽しみと言えば殺陣なんですが、
残念ながら魅力は全く感じず・・・
香港映画や中国映画、日本の時代劇とかとても好きなので、
沢山見て来ましたが、つまらなくて見ずに飛ばしたのは初めてかもしれないです・・・

変にワイヤーワークとか使わなくても良かったのに。
そんなに詳しくないけど、爽快感とか美しさとかは感じなかったなあ。

なにせ最後のソ・イングクとシン・ソンロクの最後のクライマックスの闘い場面を
もういいやと飛ばしちゃいましたからね・・・




 

ソ・イングクは、髭をはやした後はぐっと良くなったかも。
雰囲気が出て、ちょっと王様っぽくなりました。

ともかく、時代劇はこういう屏風とか調度品を見るのは楽しいので、
そういう意味では楽しみでもあります。
チョゴリの色彩が特に目に鮮やかで見応えがあります。

 


(ファンの方に怒られそうだけど、ごつすぎて韓服がアメフト選手の趣に・・・)

 

 

光海君が、民のことを第一に考える良い人だとそれ一辺倒で描かれているのですが、
でも実際のところ二男なので、自分が王になれば民の事を考えた政治をすることが出来ると思っていて、だから世子になりたいと思うのは、結局のところ

自信過剰だし傲慢だし強欲ですよね?

だから王様が光海君を警戒するのは顔相がどうのこうの言う前に、
謀反の気持ちがあると思われても仕方なかったのかなと思ったのでした。
というような感じで私的には、全然いい人な気がしない・・・
まあ、王様も子どもに嫉妬するというのは器は小さくてびっくりしたのですが。

だから、そういうことを考えるとなんだか光海君のキャラクターの設定が
とてもつまらなかったなあと思ってしまいました。

カヒが王様の女人になった時に「ひどい仕打ちだ」と嘆いていたのも、
自分は自分の選択の元、後ろ盾のある嫁をもらい、すでに子もいたようなのに、
カヒは誰とも一緒にならずに独りで生きてずっと自分の事を思っていてくれると思っていたのだろうか・・・と!!!!
ロマンチックが過ぎるわ~と興ざめしてしまいました。
あの時は、彼自身が辛そうにするんじゃなくて
カヒをもっと思いやるのを前面に出してくれたら良かったのに・・・という私の希望。
という訳で、恋愛模様もいまいち素敵~切ない~とかなれませんでした。

 

しかし、王宮で暮らすというのは大変ですねえ。
最後どう収拾するのかと思ったら毒殺かい!という驚きの結果でしたが、
話し合ってなんとかなる問題じゃないんだなと、怖いな~と思いました。

 

で、このドラマのタイトルの「王の顔」に対する答えは、
「王が見るべきは王の顔じゃなくて民の顔だ」ってことだったのだと思われます。
な、なるほどね~
観相の話だったのかどうか最後はもうよく分からなくなった。

 

てな感じで・・・このドラマで時代劇にちょっと疲れちゃったので、
しばらくお休みしよう~と思ったけど、仁と花郎が途中なんだった・・・
が、頑張ろう~

 

 

 

王の顔が見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】王の顔 15話までの感想 挫折寸前!どの登場人物も肩入れ出来ない・・・

 

最初は『王の顔』の意味が分からなかったんだけど、
観相がテーマになっていて、王にふさわしい顔があるということが書かれた龍顔秘書というのがあって、それによると今の王様は、どうやら王になるのにふさわしくないと。

で、息子の光海君は王になる顔相だと、そんなところから始まるドラマでした。

最初は、面白いかな・・・う~ん?と思いながら見ていて、
8話~12話くらいは、お!結構面白いかも~となったんですが、
その後はもう見てるのが辛くて辛くて16話の途中で、限界を感じてポイしてます^^;

 

俳優さんがどうこうの問題ではない気がするのですが、
魅力的で心惹かれる登場人物がいない!!!!

最初は観相で、死亡理由を当てたりとか、それを手段として、
いろいろ解決したりとかしてたので、もっとモチーフとして使うのかと思って、
斬新で面白いな~と思っていましたが、
シン・ソンロクが、観相師として王宮に入り込んでからは、たまに話題が出るくらい。
ただ、その役を作るためと、王様の自信のなさためのものだったのかな。

でもタイトルにしてますから、最後までしっかりそこを掘り下げて欲しいなあとか。

・・・という感じで、それと同じようにどの人物像も浅い感じなんですよね。
みんな謀略ばっかり考えてて見てて苦しくなって、楽しくない~となってしまったのです。
ソ・イングクが演じてる光海君は反対に徹底的に正義感があり過ぎて、
深みのない人物というか・・・面白味がないというか。
将軍とかなら良いんだろうけど、王様だからなあ。ううむ。

 




 

観相の説明が絵で入ってるのとか面白かったんだけどな。
わざと皺を作る表情をしているチャン・ステとか面白かったし、
もっとストーリーに観相が使われるのかと思っていたんだけども。

私が一番盛り上がってどんどん見てたのは、愛し合っている光海君とカヒが、
それでも、民衆のために生きるという二人の志のために、
光海君が別の人と結婚することをお互いが選ぶところ!
なんだか恋愛を超えたもっと大きな愛に切なさマックスになってじ~んとしてたんですよね。
そして光海君の結婚相手も良い人なのがこれまた切なさを増幅させていいなと思って。
嫌~な人だったら、あいつのせいだ~とかになってしまうけど、
そうでなくてあくまでも自分たちの選択で、責任だと思えるところが好き。

しかし、盛り上がったのはそこまででした・・・
これが16話で終わりなら頑張れるんだけど、なぜ23話もあるんだ~と苦しい気分。
でも、ここまで見たからには頑張ります・・・多分

 

あと、ソ・イングクもシン・ソンロクも好きな役者さんですが、時代劇はいまいちかな・・・
ソ・イングクは体がごつすぎて着物が似合わないなあ・・・
ムキムキでも着やせする方が着ると素敵だけど、なんだかただ太ったキャラに見えて残念。
洋服のが断然いい!!!
あとはこのドラマの設定の問題だけど、龍顔秘書で王の顔でないと書かれてる王様の方が、
ずっと王様ぽいし、ソン・イングクの三白眼ととがった顎の方が王様顔では無いように見えるし・・・説得力がないぞ~と思う^^;

そして、シン・ソンロクは、戦闘シーンも多いですが、
体幹がぶれるので、戦う時の動きが美しくありません・・・
武術に秀でている設定だからこれが気になって気になって・・・
だから彼も断然洋服を着ている方がいいなあと思うのでした。
あと、演じてるキム・ドチという人物がね・・・
え!悪い人だったんだ・・・と分かって来るんですが、
実は自分が王になりたいという欲望を抱いていたんだとしたら、
死んだ大同契のボスとかそういう人にはばれてると思うんだよなあ。
だからの後継者として指名されないと思うんだけど。
そして、平等な世界を作るという志を持った大同契というグループのボスになるのに
自分自身は王位を狙うとか、いろいろ矛盾してません?
平等な世界を目指していないじゃん!!!!欲まみれじゃん!!!!
カヒが好きだから光海君に対抗しているのかと思ったらそうでもないし、
親を殺された復讐ではその動機は説明できないので、
彼がなぜそういう行動をしているかは全く説得力無しです。ただの欲なのでしょうか・・・

チョ・ユニは弓を引く姿はなかなか様になっているし、
彼女の男装は悪くないな~とは思います!
女性になった時の大変身感は無いけども・・・

 

後は、明の人も日本の人もみんな韓国語だもんで、或る意味スゴイなと思った。
そりゃ妓生がスパイもしやすいわい!というツッコミ!
まあそれはいいんですけどね。

でも、朝鮮半島は、中国が近くにあったり、日本が攻めてきたりと、
地理的にとても大変な歴史を背負ってきたんだなと思いました。
そしてそれは今も続いているのかもしれない・・・
四方が海に囲まれている日本は地理的に特殊なんだな、と改めて思いました。

 

ともかく!あと8話頑張ります!!!!!

 

王の顔が見れるのは・・・



 

 

【韓国ドラマ】主君の太陽 OSTがめちゃいいねって改めて思ったのでまとめ!

主君の太陽がやっぱりとっても好きだなあって思って、
そして、挿入歌もとても好きだったので、探して聴いてたんですけど、
あら、この曲も好きだったあの曲も好きだったってなってしまったので
いつでも聴けるようにまとめちゃいました!

韓国ドラマってOSTの歌の歌詞がちゃんとドラマと合ってたりするので、
こうして歌詞の意味を知ると内容を思い出して、おおーってなりますね!

 




 

ソ・イングクは歌手でもあるのは知ってたけど、歌は初めて聞いた!
っていうか彼の歌って知らなかった!
耳当たりの良い歌声なんだな~

 




 

このDay and Nightも好き!
聴いてるだけで切ない~

 

*動画はお借りしました!

 

 
主君の太陽が見れるのは・・・




>>>【メール便送料無料】韓国ドラマOST/主君の太陽 (2CD) 韓国盤

【韓国ドラマ】ナイショの恋していいですか!?の感想 ソ・イングクが走る走る走る高校生役を熱演!

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%81%ae%e6%81%8b%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b

ゆっくりまったり見るよ~とか言ってたんですけど、1話ごとの結構終わり方がうまくて、次が気になるドラマだったので、それにのせられてあっという間に見てしまいました~

ホームドラマ的なところもあり、役者さんの演技的にも見どころありだったので、
最初の印象と違って、かなり好きになっちゃったドラマでした!

邦題は『ナイショの恋していいですか!?』だけど、韓国タイトルをそのまま訳したら高校世渡り王とか高校処世王とかになるのかな?
まあそのまま訳したタイトルもちょっとな・・・という感じであるけど、『ナイショの恋していいですか!?』もやや主題と離れた感があるので、本当にタイトルってつけるの難しいなあと思います。でも印象を与えるのに大事な部分だから、そういう点ではこのドラマはすでにもったいないかもなあ。

ホームドラマ的な要素は、ソ・イングクの家族環境とか、友達環境とかがとてもほんわか描かれていたところから醸し出されていたのかな~

痴呆症のおじいちゃんに向ける周りの人の暖かい眼差しとか、友達たちもだし、職場の人たちもみんな悪い人がいない感じで、チーム長も専務も超笑えるし!

 

この3人トリオがもう高校生の頃のバカみたいな空回り感出してて超いいの!
学校で、ミンソクが出欠の返事をした後に、窓から飛び出して兄のかわりに本部長役をしている会社に向かった後に、パーカーを着せた身代わり人形を席に友達が置いてくれるの!
その連携が面白くてそこだけでも好きだったな~
まあ、現実にはそんなんばれるやろって感じなんだけど、そこはいいとして!笑

naisyo-3

なんというか、ふざけ合ってるところを見てたら、まんま高校生に見えるし、違和感なしだったんだけど、どうやら全然年齢がバラバラだったみたいで、役者さんってスゴイね!マジで!

カン・ギヨンはなんと30代!32歳とか?
イ・テファンは、20歳とかだからまあいいとして、
ソ・イングクも20代後半ですからね・・・
アイスホッケーの選手という設定だから、体ががっちりしてるのも違和感ないし、実際に走って走って走ってっていうのは高校時代のあの止まらない衝動みたいなのを映像で観客に見せるっていう効果があるんだろうな。ともかく走るシーンが多くて、それが効果的だったと思う。

だからか制服を着て、高校生だと思って見てたら本当にそう見える。

まさにミンソクが言ってた台詞
『目に見えるものだけが真実じゃないんだ』って言葉があてはまる気持ち。

そういえば、カン・ギヨンはWでも出てましたね。なんとなく独特の雰囲気があるので、結構好きです。
そして、イ・テファンはサプライズが出るイベントで見たことあるけど、
彼はいちばんジェントルな感じだった。
言葉選びとか態度がすごい優しくて気を使ってる感じに見えたから、このドラマのおバカ役はその時の姿とは全く違ったんですよね。
やっぱりすごいですね~

 

スポンサーリンク

 

そしてこのドラマですっかりソ・イングクの人気の理由が分かった気がする!
好きでも嫌いでも無かったけど、君を憶えてるでちょっと気になる存在になって、このドラマでいい役者さんだな~って思いました。
顔は全然好みじゃないけど、時折ほんとうにいい表情をしますね・・・!

naisyo-1

スヨンのことを諦めようとして、グラウンドに倒れて自分に『状況を考えろ』無理だって言い聞かせているところの切ない表情が、わわわ!ってなるくらい良かった!

普段のミンソクがブルドーザーと言われるくらい暑苦しいくらい突っ走るタイプだから、こういう時のギャップが良かったよ!

 

そして、付き合うようになるまでの心が少しずつ近づいていく時の描き方がいいから、楽しみにしてたんだけど、意外とあっという間にくっつき・・・笑
思ったよりキスシーンなんかも多かったんだけど、高校生とばれた後に、別れそうになるのに、やっぱり無理、好きってなった時の、このキスシーンが一番好き

naisyo-5

鉄棒のところは、ちょっとあざといかなって思ったので、私はいまいち・・・

あと、妄想を膨らませ過ぎて、南怡島(ナミソム)でお泊りにならなかったのは
自分に魅力が無いからだと思い込んですねるスヨンにおいでって手を広げるミンソク!これ見てるとソ・イングクがパパ感あるなって思って見てた。ぷぷ

oide

これは、イ・ハナの夢見がちなおばさん感がむしろ素朴で良かったのかも。
年上のお姉さんと年下の男の子だと、あんまりこういうカップルのイメージ無くて、キレイなお姉さん相手っていうのが定番だけど、この二人は歳は違うけど、精神年齢の相性ぴったりって感じで好きだったなあ。
最後に結婚の話になっちゃうのも突拍子もないけど、有り得そうな二人w

ポップコーンのプロポーズ最高だったしな~!

そして、ミンソクがそういう人を好きになるのは、一緒に住んでるおじいちゃんとかお父さんを見てたら、分かる気がして、だから自然に思えて、なんだかほんわか。

それに、イ・ハナ演じるソヨンが、メガネを取ったら実は美人だった!みたいな
韓国ドラマ定番の変身タイムが無かったのも、意外で面白かった。
最後まで素朴なイメージのまま。
そこを狙ったのならイ・ハナで良かった気もしますね。
キレイどころとしては大変物足りなかったけど、まあそれもありかと。

「愛し方なんて知らない」って感じで、心を開かずあまり笑うこともないイ・スヒョク演じるユ本部長も、なかなか魅力的でした。
まさにお餅みたいな肌の白さ!お餅おじさんはちょっとヒドイけどw
最後は、ミンソクとも仲良くチキンたべてるし、新しい恋の兆しも見えたので、なんだかそういうの見せてくれるとドラマなんだけど、良かった~って安心しちゃう!笑

そして、ソヨンの妹のユアもあんなに執拗にミンソクの事を追いかけていて、マジで苦手このタイプ!と思ってたし、これは姉とミンソクが付き合ってることを知ったら大変だと思ったけど、若さゆえか、すぐに次に乗り換えててココも良かった。
ああやって追い掛け回せてたのは、ミンソクがユアを拒否はしてないってのと、彼女がいる様子も無いっていうのが分かってたからこそなんだなあって思ったら、なんだか納得してしまった。

 

もう一つ、私がこのドラマを好きだった理由は、こどもを思い通りにしたいお母さんが出てこなかったこと。
韓国ドラマは結婚とかになったら、お母さんが息子や娘の結婚相手が気に入らなくて相手を罵倒するタイムがあるから、それは苦手なんです・・・

このドラマは、ミンソクはお母さんいない設定だし、スヨンのお母さんはそりゃ相手が高校生だったら反対するだろうけど、罵倒とかは無かったし、ちょっと男勝りのタイプだったから良かったです。
その点、見てて心が楽だったなあ~って。

 

ってな感じで、ホンワカ具合がとっても好きだったこのドラマ!
ソ・イングクもいいね~っていう気に更になりました~

 

 

ナイショの恋していいですか!? が見れるのは・・・


  

そして、ふと思ったんだけど、イ・ジョンソクとソ・イングクが気になるのに、
映画だったからかあまり気に留めていなかった君に泳げ!をこれは見るしかないのかな・・・という気になっています。

なんせ私は元水泳部!なのに、映画の存在は知ってたのに流してたんだよな~
今となったらなんでだ・・・という気持ちなんだけど、多分ユリちゃん可愛いけど、
ヒロインとしてその二人に取り合いされるイメージが沸かなかったからだろうな~と。

だから華麗にスルーしてた!

でも時間があったら見たいなって思います!!!