【台湾ドラマ】華麗なる玉子様~スイート・リベンジ の感想 アーロンが期待通りのツンデレ社長を演じてくれてるな~

華麗なる玉子様~スイート・リベンジ(これまたなんという邦題!)の視聴を終了しました!いやあ、台湾ドラマって平和でいいよね~と思いました。そんなすごい内容ではありませんが、ほんわかのんびりしてて見てて安心します。また韓国ドラマとは違う楽しみがありますねえ。

 

スポンサーリンク

 

そんな安心感があるのは、このドラマでも主役のアーロンが自他ともにピッタリくると認めているツンデレ社長を演じてることもあるのかもしれないな~と思います。

私は俳優さんは2通りあるのではないかと思っていて、ドラマが変わっても同じような役を演じ続ける方が似合ってるタイプと、どんな役でも演じられるカメレオンのように印象を変えて演じるのが似合うタイプ。どちらがうまいとか下手だという意味では無くて向き不向きがあるなと思うのです。

そういう意味ではアーロンは完全に前者だと思っているので、変に演技派に転身しようとかせずに常に主役でツンデレ社長的な似合っている役を演じ続けてくれることが嬉しかったりするのです。そういう意味では期待に応えてくれるアーロンの役が非常にどストライクなドラマで楽しみました。

あ、あとアーロンはあごが美しい。キスシーンで一番綺麗に見える角度なんだろうなあ~とアーロンのあごばっかり見てました。良い。

相手役のユータンを演じていたジョアンヌ・ツァンも涼し気な顔つきでお綺麗でした。まあアーロンとの相性は可もなく不可もなくかな?

そういう印象を抱いてしまったのは、秘書役のアイシャが更に可愛くて私の好みだったからかも・・・ 私だったらこっちを選ぶな・・・

多分、ゴージャス美人なんだけど、かっちりとしたスーツを着てるのがとても良いんですよ・・・!演じてるレネ・ライは初めて見たけれど、めちゃめちゃ可愛い!

レネ・ライで検索したら結構露出が高い衣装を着ててビックリ。うわーそんな人が清楚っぽい恰好をしたらまた印象が違うものなんですねー

本人はまあ置いておいて、アイシャが自分の恋が叶わなくてもジー・ウェンカイを支え続けるその愛が私は好きでした。

そして、ジー・ウェンカイのライバルのワン・ズーユー役のジャック・リーは初めて見たーと思ってたら、恋にオチて!俺×オレでもレオ役で出てた人だった!その時もアーロンの恋敵役でしたねえ。前回はお髭で、今回はメガネとかっちりスーツで同一人物だと全然わかりませんでした。

今調べて知りました。あ~ビックリした!笑

二人は恋愛でも仕事でもライバル関係だったりするんですが、その戦いもシビアなものではなく、なんとなく先が読めるしでなんだかんだやっぱり平和です。まあそこがいいんですけど。

あと台湾のドラマってオフィスのインテリアがとても可愛い。このドラマも3課のオフィスがソファーがイームズとか使われてて素敵です。そういうのも楽しみどころ。

最後はハッピーエンドが見えてるし、安心して見れるドラマです。
ちょっと回想シーンが多過ぎるけどその辺りは飛ばし飛ばしで見たよ!笑

 

 

そうそう、マーフィーの愛の法則がGyao!で配信が始まったので、ちょっと見てみたら、3課の仲間のJRとシア・ルージーが出て来て笑ってしまった!沢山ドラマを見るとだんだん見たことある俳優さんばかりになっていきますねー!笑

 

華麗なる玉子様~スイート・リベンジが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す