【韓国ドラマ】シグナル の感想 過去と現在、無線機を通して交錯するそれぞれの思いが熱い

面白いと話題で気になっていたシグナルの視聴を終了しました。出演者を見ただけでは正直なところあまり食指が動かなかったのですが、見始めたら人気があったのも納得。「迷わず熱く突っ走る」みたいなものを感じたい時に適したドラマです。
そして、郷愁をそそる映像と演歌みたいな音楽の雰囲気も素晴らしくマッチしていて、そういう世界観にどっぷりハマれる感じが素晴らしい。

そうそう、日本でもリメイクされるらしいですよ!この雰囲気を出せるかな~??

 

スポンサーリンク


 

「無線機でなぜか過去と現在で交信できる」というちょっとファンタジーな設定ではありますが、登場人物の刑事たちはどちらかというと暑苦しいといっていいくらい熱血漢。関わりが無いと思っていた未解決事件が解決すると段々とその裏にあるもっと大きな事実が解き明かされて行くので、言葉通り目が離せない内容です。

そして、どうしてこの3人が無線機で交信することが出来たのかという疑問も彼らに諦めない熱い思いがあったからなんだろうな、と不思議な現象に対しても腑に落ちる気がするから非常にうまい。過去の部分のエピソードはモノクロっぽいのと画面が伸びた感じの映像で、現在のシーンと切り替わりがあっても混乱せず違和感なく見れるのがすごい。

そしてメインキャストの3人がとにかく役柄にピッタリ。
チョ・ジヌン演じるイ・ジェハン刑事とても好きだったな。ただ20代前半を演じている時に犯人を追いかけてるシーンはどう見ても若者の走り方に見えなくてそこはあれ?と我に返ってしまった・・・ それ以外は醸し出す雰囲気だとか、チャ・スヒョンを大切にしているのにぶっきらぼうにしか接することが出来ないのが胸キュン(死語・・・)でした。

パク・ヘヨンを演じたイ・ジェフンもこの役は良かったです。ファッション王ではドラマがイマイチだったせいか彼にもちょっと苦手意識がありますが、彼特有の力の入り過ぎた演技がこのシグナルでは合っていた気がします。相手の役者さんが年上で、彼自身は若くて青いみたいな設定だったからそれで良かったんだろうな。

そして何よりも素晴らしかったのはキム・ヘス!!! 過去と現在で両方とも出て来るのは彼女だけなんだけど、素晴らしい!彼女の存在がその二つを繋げていたなあと思うんです。そして、過去の時の強力係刑事になりたての初々しい姿と20年後の現在にチーム長としてバリバリ働いている姿は彼女一人でその経過した時間を体現していたなあと思うのです。10人の泥棒たちで見た時にもカッコ良くて素敵だったのでそういう役が演じられるのは知っていたけど、このドラマではあんな可愛らしい姿も演じられるんだと更にビックリさせられました。

 

このドラマは、悪い人が誰かが最初からはっきりと決まっていて、その悪事を明かすことが主役の刑事達の正義なので、「正義とは何か」というような心の迷いとか揺らぎの部分が無く、ある意味すっきりとしていて分かりやすくて、それが良い部分でもあるのですが、作品を見る時には心に何かを考えるきっかけとなる楔を打ってほしいみたいなタイプの私には実はちょっともの足りない気持ちもありました。

あとは「過去を変えると現在が変わってしまう」という部分はこういう題材のドラマでは必ず提起されますが、このドラマは途中では色々起こるものの最終的にはひどい事にはならなかったので、ちょっと綺麗ごとな感じも受けてしまったかな・・・ まあナイン~9回の時間旅行~ほどドツボにはまって行くのを見るのも辛いですけどもね。でもあの感じは「過去を変えると現在が変わってしまう」という事実に対してのリアリティーがすごくあったなあ・・・と。

とはいえ!面白いドラマであることには間違いないです!
あっという間に見てしまいましたよー!

 

シグナルが見れるのは・・・


  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す