【韓国映画】リターン の感想 犯人が最後まで分からないサスペンス!

キム・ミョンミンが出ているファム・ファタールをこの間見たのですが、どうやら彼が出演している映画がもう一つGyao!で配信されているのを見つけたので、またまた見てみました。キム・ミョンミンは映画に向いてる役者さんと思うし!

タイトルは『リターン』ということで内容についての予備知識は全く無しで見たのですが、ジャンルとしてはサスベンススリラーって感じです。

どんでん返しにつぐどんでん返しです。
始めに断片をたくさん見せられているのですが、最後にやっと繋がります。
でも最後に犯人が分かっても悲しい結末であることには変わりなくてちょっと切ないです。




 

出て来る人、出て来る人が少しずつ怪しいので、誰がサンウか分からないんですよね。
そして、根本的に常人の考え方では復讐の意味が分からない部分もあるので、その辺りがまた背筋が冷えて怖いです。
理解できない部分がある人には恐怖を覚えてしまうものなんだなあ、と思ったり。

キム・ミョンミン演じるジェウの妻に対する愛情深さが素敵なので、だからこそ妻を亡くした理由が分かった時の悲しみはあまりにも深く、心に刻まれます。
彼の悲しむ様は見ているのが辛いくらい。

考えてみれば、キム・ミョンミンの演技も良いのはもちろんですが、他の役者さんもそれぞれの役にぴったりで違和感が全くありません。
だからかな?最初はバラバラのピースで見せられていた内容が繋がっていく時に、どんどん引き込まれて、後半はかなり見入ってしまいました。

 

『リターン』というタイトルの意味は、催眠術で封じ込められた子どもの頃のPTSDが原因で残忍になったサンウという人格が、あるきっかけで戻って来たことなのかな?
サンウという人格の帰還。

ちりばめられたパーツがきちんとはまっていく練られた内容の映画でした!
でも、切ないなあという後味が残ってしまうのでした・・・

 

リターンが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す