【韓国ドラマ】火の鳥 の感想 最後まで誰とくっつくのか分からなくてちょっとドキドキしました・・・がなんといっても暗すぎる

花よりおじいさんですっかり好きになったイ・ソジンですが、実は彼が出演しているドラマをひとつも見たことがありません^^;
時代劇は長いしちょっと・・・ということで選んだのはこの「火の鳥」でした。
そうそう、確か花よりおじいさんの中で、イ・ソジンがこのドラマでパク・グニョンと共演をしていて、あまり一緒に演技をする場面は無かったけれど、食事の場面で褒めてもらえることがあって、それで役者をやっていく自信が出来たと言ってたんですよね。

イ・ソジンもパク・グニョンも花よりおじいさんでの気さくな感じしか見ていないから、ドラマでの演技はどんなのかな~と思っていたけど、全く印象が違うので役者さんってスゴイなと思いました。

そして、ドラマ自体も最後の最後まで誰とくっつくのか分からないような作り方をしてあったので、その部分はうまいなあと。
でも見てて楽しい気持ちになれるドラマではないかな・・・
やや重苦しいです・・・




このタイトルの火の鳥は灰になっても蘇る不死鳥のようなジウンとセフンの愛という事なんでしょうか?
それとも自分の事さえも焼きつくしてしまうミランのような愛のことなんでしょうか?

ドラマとしては、ミランが最終的に選ぶ道はもうそこしか残っていなかったのかもしれないけれど、精神疾患だったとしてあれだけ他人に対して攻撃する人が自分を傷つける道を選ぶような気はしない気もしたり。分からないけど。

それにしても恋愛って勘違いと思い込みで成り立ってるんだな、とそんなことを思ってしまいました。
「〇〇がいないと生きて行けない」なんて嘘だと分かっているのに、渦中にいるとそう思い込んでしまうんですよね・・・
ミランはいつも見守ってくれた運転手くんとかと一緒になった方がきっと幸せになれたのにね。

このドラマは登場人物の誰もあんまり好きになれない感じで、外側から大変そうだなあと思いながら見ている感覚でした。
ちょっと救いだったのは、チャン・セフンがミランに対してもう愛情が無いと正直だったことかな。ミランがあの調子だからと優しくしたり突き放したりと優柔不断な態度を取っていたら更にドロドロして見てるのがしんどそうだなと思います。

主演のイ・ウンジュさんが自殺で亡くなったんだということも視聴途中で知ったのですが、ちょっと儚い感じのするところが魅力だけど、演技にのめり込んでしまうタイプだったのでしょうか?
まだまだお若かったみたいだから、まだまだ活躍出来ていただろうな、とそんなことを思ったりも。

 

お金を持っていたら幸せになれる訳でもなく、自分のまわりを思うように変えられる訳でもなく、結局は自分が世界をどう見るかがすべてなんだなとそんなことを思いました。
何をどう見るのかで世界は変わるのだなあ、きっと。

 

火の鳥が見れるのは・・・

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す