【韓国映画】マイPSパートナー の感想 チソンとキム・アジュンの声が魅力的な映画

ドラマはそんなことを考えずに見ていますが、映画は時間が限られていることもあって、起承転結のそれぞれが明確に分かるので、これが起承転結の起の部分だなとか思いながら見てしまいます。

 

スポンサーリンク


 

このマイPSパートナーは、始まりにあたる起の部分の二人の出会いが、ちょっと過激。キム・アジュン演じるユンジョンのチソン演じるヒョンスンへの間違い電話から始まる二人の関係。ユンジョンは彼氏にかけていると思ってその間違い電話の相手を誘惑してしまうんだから、その間違い電話の相手がチソンみたいにかっこいい相手で良かったよね・・・!と思わずにいられません!笑 本当の変態にかかってたらどうするんだ~!!!!

まあそこは映画ですから、そんなこんなでその間違い電話がきっかけで色々と心の内をさらけ出して話せる相手となり、実際に合うことになり、恋をするんですが、それぞれに元カノや今カレがいて・・・という内容。

そんなこんなで、チソンが出てるから~という軽い気持ちで見始めたら、タイトルのPSがいわゆる後書きという意味のPOST SCRIPTではなくて、PHONE SEXの意味だったと気づくのでした。

この映画の中でのチソンは、作曲家を目指す青年。普通な感じが素敵。そして、電話が小道具に使われているためか、改めてチソンの声が素敵なことに気づきます。ちょっとセクシーなシーンもありますが、それよりも「声」に注目してしまった!
ギターを弾いている姿もなかなかいい感じ。

しかし、音楽好きとしては、ギターを壊すシーンはお芝居の中のことだと思っても胸が苦しくなるのですよ・・・ 私にはギターの悲鳴が聞こえた(T_T)

キム・アジュンも恋や結婚に悩む年頃の女性を等身大で演じてる感じ。下着姿も出て来るけど、綺麗でキュート。足が長くて細い!!!
彼女の声もとても良くて、最後の起承転結の結にあたるラジオのシーンの歌はとても良かったなあ。電話で出会った二人は、最後も電話で通じ合うのです。

しかし、映画やドラマの中では1年とか数年たった後もお互いに思い続けてるという内容が当たり前のように描かれるけど、現実ではなかなかそうもいかないよな・・・なんてことを思ってしまうのでした。

 

韓国ドラマではだいたい出会いの部分が自転車でぶつかって罵りあって喧嘩別れして印象最悪なのに再会して恋に落ちるってパターンみたいなのが多いですけども、この映画はその出会いの部分にエッチな出会いを設定してあるのが、珍しくて面白いです。そういう部分が注目されてしまいそうだけど、主役の二人のやり取りは普通の恋人たちの心情が等身大で表現されてて共感できそう。

そういえばチソンの元カノ役でシン・ソユルが出て来るんですが、彼女がなぜか大胆な露出に挑戦しています。あんまりそこ必要性を感じないんだけど・・・と思いつつイメチェンしたいんかな、と斜めな感想をいだいたのであった。

 

マイPSパートナーが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す