【韓国ドラマ】むやみに切なく の感想 そのタイトル通りにめちゃめちゃ切ないんですけどー!

むやみに切なくを視聴終了しました。
キム・ウビンもスジも特に好きでも嫌いでもなく・・・という役者さんが主役なのですが、U-NEXTで見放題が始まったし、ドラマのタイトルも知っていたしということで見ることにしました。

ごめん、愛してる」のイ・ギョンヒが脚本を担当しているそうなんですが、この余命宣告された男の生き方を描くというのが二つのドラマの類似点としてあげられそうです。とはいえ、結末は違うと言えるかな・・・
人生の時間は有限であるという知ってはいるけどなかなか実感できない事実をドラマを通して、人々に考える機会を作ってくれているような気がします。

 

スポンサーリンク


 

私も視聴しながら、人間は死の存在を間近に感じないと生を意識できないなんて人生はまるで難解なゲームみたいだ・・・とそんなことを思いながら見ていました。
しかし、とにかくこのドラマはタイトルの通りむやみに切ないので、元気な時に見るか、いっそめちゃめちゃ落ち込んでいて泣いて全部忘れたいような時に浸って見るのがオススメなのではないかと思います。

見るのにやや疲労感があるので、私も休み休み見ました。
心がちょっとしんどくて・・・

キム・ウビンは冬や雪の情景がとても似合う人だなあと。
一面の雪の中、一人で辛い事実を心に抱え込んで迷い惑い立ち止まるような姿が絵になる。あんな大きな体なのに途方にくれて心に悲しみを秘めたような。

余命宣告されても、どこか静かにそれを受け入れて、自分に出来ることを探す姿は脆くもあり、強くもあり。彼の揺れる瞳がとても効果的で、ドラマの中では彼の演技に釘づけでした。

実際にキム・ウビンが闘病をしているのを知っているので、少し複雑な気持ちも感じながらの視聴となりましたが、早く元気になって戻ってきてほしいと思う演技を見せてくれたなあと思います。

そして、彼は高校生役も未だに違和感がないのは、お肌が綺麗だからかな・・・?
あとキスシーンでスジの顔を包み込む大きな手がとても美しかったです。

愛犬のポロロもとても可愛くて、切ないドラマを少し和らげてくれたかな・・・
こうして見るとこの子は本当におっきいな~

スジも必死に生きる姿をそれなりに好演していたと思います。
着飾ればとても美しい女性だけど、ガサツで勝気な姿も魅力的なのはすごい。
でも、完全にウルに感情移入することが出来なかったのは、キム・ウビンが凄すぎたせいなのか、スジがもう一歩足りなかったからなのか・・・という気がします。
ちょっと心の動きが分かりづらい感じがあったんですよね。でも二人の姿はとても美しかったです。

チン・ギョンは、好きな役者さんなんだけど、母親役はちょっといまいちに感じてしまった。もうちょっとコミカルな感じの演技の方が似合いますね。
そして、轢き逃げ犯役のイム・ジュウンは見た事あるなあと思ったら、相続者たちでカン・ハヌルの家庭教師役をしていた方だった!綺麗な人だけど、うまく愛を手に入れられない感じの役が似合うなあと思うのでした。

 

総合的には良いドラマでしたが、登場人物たちの境遇や運命の設定からすでに切ないので、見るのがちょっとしんどいドラマでもありました・・・

 

むやみに切なくが見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す