【韓国ドラマ】マッド・ドッグ の感想 復讐ものだけどひねりが効いてて痛快で面白かった!

マッドドッグの視聴終了しました!これ結構面白かったー!
刑事、弁護士、検事などが主役のドラマは沢山ありますが、これは元保険調査員が主人公。つまり保険金が出る前にそれが詐欺でないかどうか調査する役割の人。考えてみたら保険会社にはそういう仕事担当の方がいるのだろうけど、自分には関わりがないものでなかなか思いつきもしないもので、その設定からすでに珍しくて面白いなーと思いました。

 

スポンサーリンク


 

あと内容に全然関係ないところで、私が勝手に「おー!!!」と盛り上がったことがあります!!! それはゴールデンクロスに出ていたチョン・ボソクがこのドラマにも出てまして、あのドラマでやたらと鼻ヒクヒクさせるのがまるでハイキックのミノのようだと思っていたんですけど、そしたらなんとこのドラマでチョン・ボソクとキム・ヘソン(ハイキックのミノ)のどっちも出てるじゃないですかー!同じシーンで出ることは無かったんですけど、共演だ!うおおおおと思ってしまった~

でもこのドラマではチョン・ボソクの演技は普通だったし、表情も気になるところは特に無かったので、ゴールデンクロスのソ・ドンハ役の時だけで、わざと過剰にやってたんだなということが分かりました^^; そしてキム・ヘソンはミノを演じてた時からビックリするくらい変わってなくて驚き。童顔だなあ・・・

 

マッド・ドッグのメンバーがチェ・ガンウ(ユ・ジテ)、チャン・ハリ(ファヨン)、チーター(チョ・ジェユン)、ペンティアム(キム・ヘソン)そしてはじめは敵対していたキム・ミンジュン(ウ・ドファン)。彼らの関係性が変化していくのがとても面白くて!家族を失った人も家族に見放された人も、その本当の家族以上の信頼関係で繋がっていて、そういうのが血の繋がりにあぐらをかくような当たり前と言われてしまう家族関係よりずっと羨ましいと思ったのです。これからの新しい時代は血縁だけではうまく回らなくなっていくような気がしていてだから彼らのような人々を描いているのを新鮮な気分で見ていました。親や家族との絆を大切にするドラマも感動するんだけど、家族以外の人は傷つけても平気みたいな描写が無意識になんだろうけど出て来る時があってそういうのはあんまり好きじゃないなって思うことがあるんですよねー

 

最初の数話はユ・ジテのやや芝居がかった演技が過剰に感じてしまったんですが、扱う事件の内容が飛行機事故だったりして大きくなってきたりするとちょうど良く感じるようになって来ました。あんな個性的なチームを率いるにはあれくらいでいいのかなと。溢れるチームリーダー感。

そして、このドラマが面白かったのは、ウ・ドファンが演じていたキム・ミンジュンの存在があったからだと思う。味方なのか敵なのか分からない不敵で得体のしれないミステリアスな感じがとても効いてたな~ 独特の雰囲気がすごく良かったし、冷静なところがガンウとの対比もあってしっくりと来た感じ。ファヨン演じるチャン・ハリとの近づきそうで近づかないようなラブラインもすっごく良かった!明らかに魅かれあってるのは分かるんだけど、あからさまな描写が無いのかむしろめっちゃ好きでした。しかし、ファヨンはボディラインが豊満なのに視線がキリっとしててそのギャップがカッコ良かったな~ 韓国の女優さんは細い人が多いから彼女みたいなタイプは新鮮でした。他のドラマでも見てみたいと思いましたもん!

そして、私のお気に入りのチェ・ウォニョンが出てて、そして最高にゲスい役を演じててめっちゃ良かったです。ヨーロピアンスタイル?なネクタイの締め方をしてて胡散臭さ全開でした。彼のなりきりっぷりが大好きです。こういう悪い役を演じてるのがあまりにも似合ってる気がしちゃうんだけど、あなたが眠っている間にとかでは普通の善良なお父さん役でその時はちゃんと良い人に見えるんだもんなあ。すごいなあ。

 

このドラマが面白かったのは、単純に敵と味方に分かれるんじゃなくて、敵同志の中での攻防、味方同志の中での攻防がそれぞれにあった部分かなと思います。そしてそれぞれの登場人物のキャラクターが個性的で面白かったし、でもちゃんとクッションとなるようなチョ・ジェユンとかチャン・ヒョクジンのような脇役も光っていてバランスが良かったです。ラストもすっきり終わってくれるし爽快感もあるドラマでした!かなり好きです。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す