【中国ドラマ】ラブ・アクチュアリー ~君と僕の恋レシピ~ 半分以上頑張ったけど17話で挫折・・・

古剣奇譚の李易峰(リー・イーフォン)がカッコよかったので、他の出演作も見てみようと探して見つけたのがラブ・アクチュアリー ~君と僕の恋レシピ~でした。ほ~韓国のイ・ダヘも出てるんだ!と視聴を開始しましたがあえなく挫折(^^; 全30話中17話まで見たので結構頑張ったんですが、さすがにもう無理とギブアップしてしまいました・・・

 

スポンサーリンク


 

そうそうまずこのドラマの李易峰(リー・イーフォン)はあんまり好みでなかったんですよねえ・・・

役柄と髪型のせいかとても幼く見える・・・

彼の古装が好きなだけで現代劇だとかっこよさが分からなくなってしまうみたいです、私。盗墓筆記の時もスルーしてしまったけど、同じように彼が人気の俳優さんだと知らなかったらスルーしてしまいそうかも。とはいえ、私は演じてる役に好き嫌いが左右される確率が高いように感じるのでできれば彼の出演作をもうひとつくらい見てみたいところ。

あとは主役の鄭元暢(ジョセフ・チェン)も全然好みじゃ無かったんですよね。私には地味な方に見えてしまうようで、この人が主役なのかとちょっとびっくり気味でした。この人初めて見たなあと思ってたら花様という映画で一度見てたみたいなのだけど、印象に全く残っていないと言う・・・ うーん。まあこのドラマでの役柄が優柔不断で好きじゃない性格だったのもあるかもしれない。

そうそう、イ・ダヘは吹替でも違和感なくて良かったんですよ。声が変わると本当に印象が変わるんだなあとそれは興味深く見てました。なんだか聞き覚えのある声だなあと思って調べてみたら、若曦続・若曦でリウ・シーシーの吹替えを担当している方でした。楊夢露という声優さんらしい!っていうか、若曦の声がリウ・シーシー本人じゃなかったなんて全然知らなかったんで驚きました。中国ドラマは吹替えも多いので、声優さんがすごい上手な気がする。違和感ないことが多いですもん。

 

まあ、でもここまでは特に挫折するような理由にはならないし、悪くなかったんです。が、とにかく苦手だったのが、リーヤンの幼馴染のシャオシャオの賑やかさ。中国ドラマでは必ずああいうおしゃべりなキャラが出てくるような気がするんですけど、どうも苦手です。ラストどうなるのか分からないけど、リーヤンとうまくいくんだとしたらマジで嫌だな・・・と思ってました。天真爛漫に見える人もいるとは思うんだけど、好きだからってあそこまで粘着してるのって健気とかじゃなくて怖い。

シャオシャオの存在も無理だったんですが、確か17話でシンホイがハオフォンに私を捨てるなんて恨んでやる!みたいなことを言ったのを見て、まるで意味が分からない・・・!と決定的にもう見るのやーめた、になりました。ほら、結婚当日に連絡なく姿を消して何年もたって突然現れて、今も好きと言われてもね。いくら結婚に反対した父親に無理やり外国に送られて連絡を絶たされたと言っても、その帰国前に連絡くらいはできただろうに。そんなに何年も音信不通なのにそれでも自分のことをずっと思ってくれてるはずと思う心が怖い。ハオフォンが優柔不断なのも悪かったけど、なんだかお門違いな憎しみを持つシンホイに恐怖を覚えたのでここで挫折することに。

 

10話くらいですでにシャオシアとハオフォンがお互いに両想いになった時に、あーこれ付き合い始めた後でどんどん問題出てくるパターンか・・・と嫌な予感がしたのですが、(つきあい始めるまでに時間がかかる方が好き)それが当たってしまった感じかな・・・ そしてまだまだ復讐の要素なんかも18話以降出てくるみたいで、更に揉めること間違いなし。半分以上見たしもったいないかなという気持ちがないこともなかったけど、それよりももっと無理な気持ちが大きかったのでここまでにすることにしたのでしたーーー!

 

 

このドラマが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す