【韓国ドラマ】青い海の伝説  4話までの感想 主役の二人のフォトジェニックさですでに満足!

 

人魚と人間の恋という設定がベタな気がして、見ようかな~どうしようかな~と思っていた『青い海の伝説』ですが、シティーハンターで、やっぱりイ・ミンホはカッコいいねぎゃふんとなったので、その勢いでまずは見てみることにしました。

分かってたけど、やっぱり設定はかなりベタですw
そうなんだけど、主人公のキャストがフォトジェニックなので思ったより違和感なく見れます。
そして、海の中のシーンも結構たくさんあって、これまた撮影が大変だったに違いない!なんてことを思いながらも、水の中で髪の毛がべろろ~んとなってもお綺麗なチョン・ジヒョンには感心するばかり!!

人魚を実写でって正直どうなんかな~と思っていましたが、チョン・ジヒョンありきでならOKです。いやもう全然良いです。

なんでしょうかあの黒曜石のような美しい目!
ヒロインが素敵だとやっぱりそれだけでドラマは楽しさが2割増しかもしれないなあと、最近は好きな女優さんがヒロインのドラマばかり見てたらやっぱり楽しかったのでそんなことを思いました!

イ・ミンホとチョン・ジヒョンの二人の映像がスペインの風景の中で、更にファンタジー感を醸し出していて、完全に現実感の無い世界にすっと入り込めますね。
なんというフォトジェニック!ひー



 

朝鮮時代にも実は会っていた二人という設定など少し既視感があると思ったら、「星から来たあなた」の脚本家パク・ジウンさんの作品のようです。

この方はファンタジーものが得意なのかもしれないなあ。
前回は宇宙人で、今回は人魚。でも男女は反対だから、また違った感じになるのかな。

ともかく、私の好きな切ないシチュエーションを醸し出す設定がひとつあります。
人魚が人間とキスをしたら、相手は人魚に関する記憶を忘れてしまうのです。
だから、チョン・ジヒョンは全てを憶えていて、ずっとイ・ミンホを愛し続けているのだけれど、イ・ミンホは何度も人魚のことを忘れてはまた巡り合うというのを繰り返しているのですよ。

そう、だからこのドラマでは、切ない目をして彼を思い続けているのはチョン・ジヒョンの人魚の方・・・
この螺旋のように絡み合う彼らは最後は一体どこにたどり着くのだろう・・・
この脚本家さんは単純なハッピーエンドではないんじゃなかろうかと、そんなことを思いつつ。

でも先が気になるのはなるけど、この切なさをゆっくり噛みしめながら見よう。
気持ちとしてはそんな感じ。少し丁寧に見たい気がしますね・・・

 

ところでイ・ミンホは詐欺師の役なんですが、催眠術を使って人をだますんですよね。
洗脳にかからないためには、その方法を知ることが一番というのを聞いたことがあって、そんな本を読んだことがあるので、火を使って鮮やかにペテンにかけてるのを見てなるほどなあなどと思っています。
そういうところも興味深いですー!

 

まだ人間界に慣れていない人魚のチョン・ジヒョンが手づかみでのケーキを食べるのとか、
そんなお行儀の悪さも絵になっちゃうってほんと俳優さんってすごいな~
4話だとまだ登場人物も出揃ってない気がするので、まだまだ本題には入っていない感じだけど、一体どういうストーリーになるのか予想もつかないけど、今のところ掴みはOKな気がしていますよ~!

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す