【韓国ドラマ】金よ出てこいコンコン の感想 モンヒ母のセリフを聞いてるのがしんどかった!

基本的に飽きっぽいところがあるので、私は韓国ドラマは16話か20話程度のものしか選びません。しかし、伝説の魔女でハン・ジヘがとっても好きになったのと、好きなパク・ソジュンが出ているのにまだ見ていなかったなあ、ということもあって50話もあるけれど、『金よ出てこいコンコン』を頑張ってdTVで最後まで視聴しました!

だがしかし、韓国ドラマでファミリードラマにカテゴライズされそうなのを見るのは私にはあんまり向いてないということが今回で明確に分かりました・・・^^;

 

スポンサーリンク

 

なんだか変わったタイトルだな~と思ったのですが、きっと日本なら打出の小槌みたいな民話で出て来るものと同じように、韓国では叩けばお金が出て来る金棒みたいなのがあるのかな?と思います。なので、お金儲けの話なのかなと思ったんですけど、そうでもないかな?色々混じってて結局何を言いたかったのかよく分かりませんでした・・・

これを見てたら、結婚なんてしたくないなあ・・・子供なんて欲しくないなあ・・・という気持ちがムクムクと沸き起こって来たんですよね。とても煩わしいものに見えて来てしまうような感じ。
こういうファミリードラマ的なものは韓国での視聴層がどのあたりになるのか分からないのですけど、若い人たちが見たら無意識にそんな気持ちにならないのかしら?と勝手に心配してしまいました。

最後の方に台詞であったように、きっとお金よりも信頼関係が大切とか色々あっても家族が一番ということを伝えたかったんだろうけど、私には全く伝わって来ませんでしたねえ・・・むむむ
むしろ家族というだけであんなにひどい事をさせる母親にそこまで縛られるのしんどそうで嫌だなあみたいな気分。

さて、ハン・ジヘはとても素敵でした。
双子の妹のモンヒと姉のユナの2役はなかなかしっかり演じ分けられていたので満足。まっすぐ目を見て話すモンヒと目をそらして話すユナ。
でも、少しずつ途中で2人の性格が変わっていってしまってそれがちょっと残念なような気がします。ユナの変わり方は人との関わり方を覚えようとする本人の努力の結果だから良いとして、モンヒの活発さとか無邪気さとか途中で消え失せてませんでした?うーん。

パク家の長男役のヨン・ジョンフンは、私は初めて。
このドラマでは、最初はかなり内気な役なので、カッコよく見えなくて、この人が主役!?え?と思って見てたんですけど、だんだんなんとなく魅力が見えてきました。
しかし、彼もイタリアに行って帰って来た辺りから性格が急に強すぎる感じになって、これも違和感がありました。もちろん虐げられていた環境から離れて、自立したので強くなったってことかもしれないのですが、それにしても違う人みたいに見えてしまったような。

結局この2人は一体姉妹のどっちとうまく行くことになるんだろう?とそこが気になって最後まで見たようなもんなんですが、設定上、そうなるだろうなとは思ったけど、全然納得できないなあ。
だって、このドラマを見る限り、本当に心が通って相手の事を思い合ってたのを描写出来ていたのは、モンヒとのやり取りの部分だけな気がしているのです。だけど、ユナと別れてもモンヒとやり直せないのだったらどちらとも別れてくれた方が私は良かったなあと思ってしまいましたw

あくまでも私の思いですが!

パク・ソジュンはカッコ良かったですけど、ここのマンネ夫婦も親が決めた相手との見合い結婚で一体いつの間にそんなにラブラブになったんでしょうか?っていうのが気になって納得できないまま見てました。5年間付き合ったミナのことを好きじゃなくなることはあるとしても、ヒョンテがモンヒョンをそこまで好きになるエピソードが無かったので、入り込めずやや白けて見ておりました。

ただ、パク・ソジュンがチキンを揚げてるのがめっちゃ美味しそうに見えたので、思わずチキンを食べに行ってしまった!

なんだかんだとモンヒの祖母二人がいつの間にか仲良しになっているのは面白かったかな!嫁にキツイ言葉を言っても実は正しいことを言ってたことが多く感じました。

パク家は3人の息子の母親が全部違う訳で、もちろん揉めるのは分かるのです。
だから自分の地位を守るために愛人という立場の母たちが必死になるのは理解できるんです。そして、息子のためにやってきたことのせいで息子を危うく失う事で、とうとう自分の過ちに気づくっていうのはストーリーの定石なのかもしれませんね。狼王子でも同じようなのが出て来たし。自分が傷つくよりはるかに辛い形の因果応報。

なのでパク家の人たちの酷い言動はそこまで気にならなかったのだけど、モンヒの母親が、名門大学を出た自分の息子が妊娠させた相手が高卒だからこんな女と結婚なんて許さないと全人格を否定するような言葉を投げつけるのを見ていたら、本当に気分が悪かったです。子どもが出来たのは自分の息子のせいでもあるのに一方的過ぎるよ・・・
末娘の結婚の時に、格の違う家に嫁がせて散々ひどいことを言われて、自分の欲のせいで不幸な結婚に終わる可能性もあったのに、全く懲りてないという・・・
これが弱い者イジメの構図なんだなあと思って本当に嫌な気分になりました。
自分が敵わないと思う相手には決して言えない言葉を、親がいない娘だからとあそこまでひどいことを言えるとは・・・とドラマの中のセリフとはいえ、言霊というのはあると思うので、聞いていたくない気がしました。

まあ、そもそも友人の子どもだからと言って、経済的に余裕がないからと双子の一人のモンヒだけを引き取るぐらいだったら、双子を引き離さないで一緒の家庭に養子に出してあげた方が良かったよね?それがアメリカだったとしても。
な~んて身もフタも無いことを考えてしまったw

 

とまあ、こうして感想をまとめているとかなりモヤモヤしていたようです。
途中までは面白かった気がするんだけどなー

でもぶりっ子役しか見たことなかったイ・スギョンが意外にも嫌な女を上手に演じていてショートが素敵だったのと、イ・テソンはキツイ役が似合うけど、弱い部分も持っているというナイーブな演技がうまいな~と思って、この次男夫婦が好きでした。あとは一番可哀そうだった大賞はアラムパパという事だけは間違いないと思います!いっそモンヒとよりが戻るとかのが良かったんじゃないの!?分かんないけど!

 

金よ出てこいコンコンが見れるのは・・・


    

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す