【台湾映画】花様〜たゆたう想い〜 の感想 悲しいから美しいのか、美しいから悲しいのか・・・

 

Gyao!の無料配信をチェックしていて、誰が出ている映画なのかな?と見始めたら止まらなくなったのがこの映画です。

タイトルの花様は、漂流して島にたどり着いた美しい姉妹がいる妓楼の名前「花漾楼」から来ているようです。
まあ、登場人物が芸妓という設定だけでも、悲しい運命が待ち構えているのが分かってしまうところもあるのですが、映像が美しいと更にその雰囲気が高まるのは何故なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

小雪と小霜は姉妹、そして双子です。
その関係性を見ていると時に胸が痛くなるような感覚になります。
小雪の純粋さは、本当は汚れ役をかってくれる妹の小霜によって守られていたってことに気づくと、とても切なくなります。
お互いを大切に思っているのは確かなのに、擦れ違ってしまうような運命。

海賊役のジェリー・イェンは結構良かったなと。
彼は例えばどんな高飛車な役を演じていても心の奥の寂しさとかひねくれたところが隠せないような憂いを感じさせるところがあるので、こういう悲しい役も似合う。

そして、妹の小霜役のチェン・イーハン
勝気そうな表の顔に隠された本当の心との葛藤。
初めて見た女優さんですが、それこそ邦題の「たゆたう」という感情が表情に表れているようで、目が離せませんでした。

姉の小雪役のミシェル・チェンはちょうど今見ている台湾ドラマの笑うハナには恋来たるで出演しているのですが、そこではちょっと嫌な役なんですが、ここでは弱々しい感じで全然違います。イメージがまったく違うので、さすが役者さんだなと言う感じ!

そのお相手のジョセフ・チェンは、この映画の中ではいまいち印象が薄いかな?
台湾のイタキスとかに出てる人みたいで有名なのかもだけど、見た後に知ってそうだったんだ!って感じ。

後は妓楼の女主人がサンドラ・ン、海賊の親分がサイモン・ヤムで、いきなり香港映画的配役が出て来て懐かしい気分になりました!

ほんと、彼らの関係も含めて一体愛って何なんだろうな・・・って気持ちになりました。一生分かりそうにない・・・

 

 

そして、内容に全然関係ないですが、お茶屋の奥さんのリー・シャオランがとってお美しかったんです。

調べてたら、パク・ヘジンが出てる中国ドラマの「いつか王子様が」のお相手役じゃないですか!ほら同じ人に見えないゾ!

正直、そのドラマも見てみようと思ったことがあったんだけど、パク・ヘジンの相手役があんまりかな~と思ってやめたんですけど、どうやらいまいちなのはその(ダサい)ショートヘアの髪型のせいだったようです。
よく見たらすっごい綺麗な人だったっていう・・・
髪型って大事なんですねえ。

 

とまあ、色々な映画やドラマを見ていると縦の線、横の線みたいにどんどん繋がっていくものがあって、それは出演者とか知識とか全部なんですけど、なんだかそういうのも面白いなあと思いました。

海や、雨、花、灯篭など、情景の切り取り方も美しく、
中国の伝統楽器の音は切なく甘くて、悲しさを助長させます。

最後は色々と解釈できそうにわざとしてあるような気がしますが、
7月のお盆の季節に
小霜は亡霊となってタオパーに会いに来て、
死んでからでも二人は愛を確認できたのだと、救いはあったのだと思いたいです。
それとも生きている間に会えたんでしょうか・・・

 

花様〜たゆたう想い〜が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す