【新大久保】華僑服務社でまたまた月餅を買って来ました~!

前回初めて華僑服務社を見つけて行った時に広くて色々あって楽しかったので再度行ってまいりました!

そんなに日をあけて行った訳ではないと思うのに、結構商品の入れ替わりがあるな~という印象!全部を覚えてた訳ではないけど、例えば前回はパイナップルケーキが箱入りのしかないなと思ったけれど、今回はビニールの小さ目パッケージのが数種類ありました。こ、これはパトロール必要系のお店ですね・・・!頑張って通うわ!

 

スポンサーリンク

 

さて、そんな感じで今回買ったものはちょっと中国映画でよく登場して気になっていたサンザシという果物のお菓子です。

一番印象に残っているのは、映画のさらば、わが愛 覇王別姫で、京劇の厳しい訓練を受けている途中で脱走した少年がサンザシのお菓子を買うんだけど、結局連れ戻されてしまうんです。そしてその少年は叱られることやこれから続いていく訓練に耐えられないと自殺を選ぶのだけど、その前に必死でほおばってたのがサンザシのお菓子で・・・。

随分と以前に見た映画なのだけれど、とても好きで何度も見たせいかひとつひとつのシーンを良く覚えているんですよね。それでなんとなくいつかサンザシを食べてみたいと思っていましたがなかなか機会もなく。でもお店にいる時にふと思い出したのでとうとう手に入りました~

このパッケージの右下にあるようにサクランボみたいな形の果物で、映画ではそのままの形で甘く煮たものを串刺しにしてるような感じでした。
色々な種類があったんだけど、一番食べやすそうな感じがしたのでこれに。

原料は、サンザシと砂糖と水。シンプル!
めっちゃ甘いかなと思ったけど、少しずつかじると意外と大丈夫でした。
やや酸味があるので、いけます。美味しい。こんな味だったんだな~と食べたことないのに懐かしいような気分になりました。

また他の種類も食べてみたい!

 

そしてもちろん月餅も買いました。
前回買った月餅と同じ花好月圓のもの。名前が風雅だわ。
今回は4つ入りです。色々な種類が試せそうなので、これにしてみた!

プラスチックのケースに入ってるので、ちょっと皮の部分が剥がれてる商品などもあったかな。あんまり気にしないけど、出来るだけ剥がれてないのを選んでしまう~

4つ入りでそれぞれ違う味。五仁、青紅糸、棗泥、豆沙の4種類です。
青紅糸というのがどんな味なのか一番想像もつかないな・・・と思いつつ。

来年の5月まで賞味期限があるってすごいなあ。

一番上は伍仁味!それぞれで型が違うから何味なのか分かりやすいねえ。
上から順番にまずは前回も食べた伍仁味の月餅。

木の実ぎっしりでとても美味しい。一個売りのよりは皮が柔らかめ&ちょっと厚みが薄めかな?模様も違うなあ。

 

そして一番気になっていた青紅糸の月餅。

何やら本当に赤や緑色が見えてちょっとドキドキしながら食べたけど、あれ?美味しい。どうやら赤や緑のものはミカンの皮を染めているみたい。原料にも陳皮(青糸、紅糸)って書いてあるので、これのことみたい。
あとは木の実もいっぱい入っててなかなか行ける!

 

そして次は棗泥の月餅。名前の通り棗が入っている様子。

餡に棗を練り込んであるらしくなかなか濃厚な味わい。ちょっとネットリ感もあるけど、美味しいなあ。お茶にすごい合います。
以前、中国に行った時に買っておいしいと思った月餅はこの味だったかもしれないなあ。あんこみたいだけどなんだかちょっと味が違うと思ってもう一度買おうと何度か挑戦したけど、どれか分からなくて巡り合うことが出来なかった味のような。
これ、もう一回食べたい。すごく。

 

そして最後は紅豆沙の月餅。

 

いわゆる日本の赤餡と同じ感じかなと思うのですが、日本のあんこよりももっとほろほろとした味わいです。これも美味しいなあ・・・

 

ちょっとびくびくしながら食べた味の月餅もあったのですが、どれもとても美味しくて満足しました。お茶にもコーヒーにも合って満足感もあってとても好きです。
どうしてももう一回食べたいのは、「棗泥」かなあ。今度はこの味の色々なメーカーのに挑戦してみたいな!

 

 

 

 

   

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す