【韓国映画】コードネーム:ジャッカル の感想 言葉がもっと分かればブラックジョークの部分とかもっと楽しめるのかな??

最近、あまり時間が無くて韓国ドラマを見られていません(^-^;
なので、続きものを見始めるのに抵抗があって、でも少し時間があるな~と言う時はドラマじゃなくて映画を見ることが多いです。

とはいえ、視聴中のものは沢山あって、伝説の魔女、ハイキック、パリの恋人、火の鳥、1%の奇跡(新しい方)、ホン・ギルドン、スターの恋人などなど。
全部途中なんですよねえ・・・w
でも最後まで一気に見てしまいたいって気分になるドラマは無いので、週1回のGyao!の更新ペースくらいでちょうどいい感じです。

そんな感じの最近ですが、では映画どれを見ようかなと思って決めたのが、コードネーム:ジャッカルです。
ジェジュンが出てるしと思って適当に決めました。
今まで見たジェジュンが出ているドラマ(というかその中のジェジュンの演技が)わりと好印象なので、どうかな~?と思って。
ボスを守れしか見たことないですが、切ない片思いしてる時が彼はいいですね。




さて、この映画はどうだったかというと・・・
う~ん・・・
っていうのが正直なところ。

最終的に「ジャッカルという名前の殺し屋は誰でしょう?」っていうのが鍵なんだろうけれど、その種明かしをされた時に、あ~!っていう気分になるよりも矛盾点に気が行ってしまうようなそんなつくりなんですよね。
伏線もあると言えばあるけれど、ご都合主義やな・・・とそんな気分になります。

でもまあ、ブラックジョークやブラックユーモアとかちょっと下世話なネタとかをいっぱいしこんであったり、脇役陣はかなり豪華なので面白く無い事も無いのですけど、映画という短い時間に色んなものを詰め込み過ぎて焦点がぶれていて、もっとカットすればよかったのになと思う部分もたくさん。
ホテルのフロントの人のエピソードはそこまでいらなかったな、とか。
ブラックジョークの部分はもっと韓国語自体の言葉の綾が分かればもっと面白いんだろうな~とは思いますが!

ジェジュンは体当たりの演技なんだろうけど、主役としてはやや影が薄く、
ソン・ジヒョは魅力的な殺し屋という観点からは残念感が漂います。
なんかわちゃわちゃした映画って感じ。
で、結局この二人はお互いにどんな感情を持って終わったってことになったのか私にはよくわかりませんでした。興味も沸かなかったので、ふ~んみたいな気分w

 

あ、そうだなあ凄いなあと思ったのは、アイドルのパトロンみたいな役のキム・ソンリョンとジェジュンのキスかな。
若いアイドルと年上のパトロンって感じがにじみ出てて、ああこんな世界が本当に芸能界でありそうだな、ってなことを思いました!
と言ってもキム・ソンリョンが綺麗だから絵になりますけどね!

 

コードネーム:ジャッカルが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す