【香港映画】インファナル・アフェア の感想 香港映画を見ると次は男に生まれたいと思うのだった・・・!

 

Gyao!で映画で配信されているラインナップを見てみたら、
今なら1/11までインファナル・アフェアが無料で見られるんですよ!!!

今のように韓国ドラマを見るようになる前は、
どちらかというと映画、それも中国と香港映画を好んで見ていた私。

インファナル・アフェアって有名だから見たっけな?と思って見始めたんですが、
まだ見ていませんでした!!!
なんてこった!アンディ・ラウとトニー・レオンの双頭が主役だというのに、
見ていなかったなんて私のバカバカ!と思うような映画でした。

この香港映画の空気感というのはなんとも言えないものがあります。
男性が主役の映画はやっぱり香港映画が一番カッコイイと思う。
昔から、男たちの挽歌を初めて見た時から、この思いは変わらないのだけど、
ヒリッとしたこの画面を見たくて映画館に何度も足を運んでいたんだなあと思い出す。
そして、まあカンフー映画を見た後にはカンフーを習いたいと思うのと同じ感覚なんだろうと思うけど、こういう映画を見た後は必ず、次は男に生まれて来たい!と思うのが常なのでした。

単純なんで!!!!




 

多くを説明しないのに、きちんと分かるように作られていて、
「映画」というのパッケージの作品として素晴らしいなあと思います。
分かりやすいのに見応えがある・・・!

鏡張りのビル、それに映る空、屋上の風景
シーン一つ一つが心に残る。

そして、どの俳優さんも他の映画で何度も見たことある人たちばっかりなのに、
どうして他の映画の時の匂いを全く感じさせないんだろう。
それも映画だからこそなのかも。

トニー・レオンとアンディ・ラウの表情が素晴らしくて、
目が離せなくて、最後までどうなるのかドキドキしながら見た。

映画館で見たかったなあと、ちょっと後悔したけれど、
でもこのタイミングで見れただけでも良かった・・・!

久しぶりに見たケリー・チャンもとても美しくて懐かしい気持ちになっちゃった。
これは、インファナル・アフェア2と3も見なくちゃいけないなと思いました。

めっちゃ良かったです!
興味のある方は無料配信中に是非~!

 

はあ、カッコ良かった・・・

 
インファナル・アフェアが見れるのは・・・



このブログがどんどん韓国ドラマから範囲が広がっていっている!わわわ!

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す