【韓国ドラマ】僕らのイケメン青果店 5話までの感想 交換日記を盗み読みとか自分の欲望のためにその内容を隠すとか無理!

5/1~5/7の1週間だけGyao!で一挙配信中だし、チ・チャンウクが主演だしということで僕らのイケメン青果店を見ています。
まあ、ヒーラーを見る前だったら、チ・チャンウクには興味ゼロだったし、
タイトルの『イケメン』というのを見るだけでまあ絶対に見なかっただろうなと思います。

そして・・・
本当は今すぐに挫折したい気分でいっぱい!!!

だって、16話くらいだろうと思ったら、24話あるし、
どうしても主人公のキャラが好きになれない・・・




 

あとなんだか製パン王キム・タック臭がするのは、師匠的な存在のパルボン先生とチョン道士を同じチャン・ハンソンが演じているのと、主役の子ども時代が同じオ・ジェム君が演じてるからかな・・・?
あとストーリー的にも、成り上がり系の成長記って感じですしね。

 

基本的に、韓国の子役ちゃんは演技が上手で見応えがあるな~と思っているんですが、実はオ・ジェムくんは苦手です。
キム・タックもだし、頑張れミスターキムでもこのドラマでもどうもダメだった。
良い人を演じるには醸し出す空気がどうもそう見えない。
ただ、このドラマでは、行動が生理的に受け付けないせいもあると思いますが!

さて、どこが耐えられなかったのかというと、
主役のハン・テヤンが『交換日記を盗み読みしたこと』『ジンシムが自分から離れてしまうことが嫌でページを切り取って渡さなかったこと』です。
結果的にはそのせいでカオンが死んでしまうのですが、そういう事が起こってしまったのとは別問題として、とにかくそんなことをしてしまう人は気持ちが悪いなと思ってしまいました。
正直者と言われてるんだけど、正直者はそんなことしないのでは?

まだ盗み読みはしょうがないとしても、自分の目先の欲望のみで大事な部分を隠すなんてそんなことが出来るのは愛ではなく、ただの独占欲だと思うのです。
だって、相手を尊重するなら、好きな人の選択に委ねるのが本当の愛なんじゃないかなと思ってしまう。
孤児のジンシムが親を欲しいと思うのは自然なことで、もしかしたらその機会があるかもしれないのに自分の欲望のために妨害してしまうのはちょっとな。
ちゃんと渡して、でも行って欲しくないと伝えて、選択自体は相手に委ねてくれたら良かったのだけど。
子どもって言ったってもう中学生だし。
その上、ばあちゃんの教えが~とか言って他の人に説教したりしてたから余計に違和感ある。無理。

・・・という感じで、大人になってチ・チャンウクにバトンタッチしてからも髪型もいまいちだし、ヒーラーの時のカッコ良かった彼はどこーって感じだし、主役が好きだから頑張って見ようっていうモチベーションはゼロ。

11年もたってるのに、まだジンシムの作ったお弁当袋を使ってるのも気持ち悪いしなあ。きっともうボロボロだよ・・・
韓国ドラマは初恋信仰みたいなのが根強いなあ。

まあでも、チ・チャンウクがこのドラマでは私にとって全く魅力的に見えないということはドラマごとの役づくりに完全に成功しているとも言えるかもしれないですね!
スゴイのか残念なのか分からない!

なんとなーく、酔っ払って警察で会った人たちが一緒に青果店を開くとかいう事になるんだろうな・・・とは思いますが、彼らはイケメンと言えるような言えないような・・・
超新星の方が全くイケメンに見えないのが一番の驚きです。
オタクに成りきっててまさかアイドルの人だとは思いませんでしたー。
青い海の伝説ではカッコよく見えたSHINくんもここではあんまりカッコよく見えないのはなぜだろう?

なんてことを書いていたら24話も頑張れる気が全くしなくなってきました^^;

ただ、期間限定というくくりがあると意外と完走できることが多いので、
自分の達成欲みたいなものに賭けてみたいと思います。
しれっと挫折カテゴリーに入ってたりしてwあわわ

 

僕らのイケメン青果店が見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す