【韓国ドラマ】ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~の感想 なんだかもったいないドラマでした

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%89%e3%82%b8%e3%82%ad%e3%83%ab

 

ヒョンビンとハン・ジミンという有名な人が出てるし~と思って見てみることにしましたが、
始めのうちは、ムムム見続けられるかな・・・と思う事も多くて、
先が気になるって感じじゃなく、ぐずぐずと見ていたのですが、
やっと8話くらいから面白くなりそうな展開に。
しかし、その後事件みたいなのも意外とあっさり解決し、
今度はまたメロドラマ的なややだらだらとした印象になってしまいました。

う~ん。
演技の問題なのか、脚本の問題なのかは分からないんですが、
どっちももう少し惜しい感じかもしれないなあ。

面白くない設定ではないはずなのに、もったいない感じです。

 

スポンサーリンク

 

始めのうちは、2重人格を演じるヒョンビンへの違和感がすごくありました。
ソジンはまあ良いとして、ロビンがすごく優しくて良い人という設定なんですが、
『キラースマイル』とかいってハン・ジミンがクラッと来てすぐに好きになっちゃうんだけど、
全然キラースマイルに見えないの。むしろ胡散臭くしか見えず。

感情の無いソジンにも興味が沸かないが、人を助けることが性分だというロビンにも
これっぽっちも魅力を感じないのですよね。
だからここは演じる側の問題だけではなく、
脚本的にも魅力的な人物を作りだせてなかったんじゃないかな・・・

 

ハン・ジミンはやっぱりおとなしい感じの役がいいかもで、
こういう元気いっぱいみたいな役はちょっと無理があるような・・・
彼女も持ち味を生かしきれてなくてなんか違和感ある。
カインとアベルのオ・ヨンジを演じてた時が一番好きかな。
でも、このドラマでは、屋根部屋のプリンスと似た感じのキャラクターだったとも言える・・・
屋根部屋は好きなんだけどな~
サーカス団の団長だけど、サーカス的なこと何にもしてないし、
綱の上を歩くような綱渡りの場面とかがあればまだよかった。
それを見て好きになるとかだったら設定上も無理がないけど、
ビルに忍び込むために綱が必要なだけのご都合主義な脚本でした。

 

こうやって文章にしてみると色々不満があったらしい!笑

 

あとはソンジュンが悪い役だったんだけど、基本的に彼は黙ってたら怖い顔タイプだから、
わざともっと怖い顔をすると本気で怖い・・・
やっぱりキャラとしては怖そうだけど、実は可愛い人だったとかのギャップを狙った役の方が良い気がします。

 

でも良かったのはヒョンビンの秘書役のイ・スンジュンでしょうか。
こういう主人公を助ける役はナインとかでもだったけど、
ミセンでの営業マン役とか秘密の弁護士役とかは全く違うし、
すんなりとそれぞれの役になりきってて
見てるこっちを安心させてくれる役者さんだなと思います。
彼みたいな役者さんが一人いるだけでもドラマが落ち着きます!

 

ヒョンビン演じるソジンの従兄で代表の座を狙ってる役のハン・サンジンも、
コミカルな役がとても良かったですが・・・
ここはイケメンを持ってきて、でもコミカルみたいなのが良かったな。
なんかこう髪型とかもお笑いって感じで始めから負けが見え過ぎてて、つまらないんです。

 

あとは、ヘリはタンタラで見た時も思ったけど、
彼女はとっても可愛いんだろうけど、ヘリ以上でもヘリ以下でもなくて、
お芝居じゃなくてそのままの本人な気がしてしまいます。
彼女が出てるドラマをたくさん見た訳では無いけれど、
やっぱり若干浮いてる印象を抱いてしまうので、残念。

 

でもお相手役のイ・ウォングンはどこかで見たことある!と思ったら、
ファントムで香港のハッカーチームの一員だった子でした。
そんなにたくさん出ていた訳でもないのに印象に残ってるから、
光るものがあるのかも~ これからも楽しみな俳優さんですね!

 

あ~色々気になることは残ってるんですよね。
催眠術をかけられて罪を犯して刑務所に入れられたアン・ソングンはどうなるの?
罪は無くなるの?
とか細かいことはいっぱい・・・

 

そしてやっぱり残念だったのは、ハン・ジミン演じるハナが、
ただロビンだけを好きなだけのように描かれていたこと・・・
もちろんロビンが消える時のエピソードはそれなりにお涙頂戴で良かったけれど、
ソジンがないがしろで悲しかった・・・

愛して欲しいなんて言わないで、「愛してもいいか?」って聞くソジン・・・
それを簡単に突っぱねるハナ。お~い!!!!

2人の間で揺れる気持ちの描写がほとんどなくて、
好きなのはロビン、でも理性で主人格って分かってるからソジンの心配もするみたいなクールな感じなので、その部分のときめきがゼロ

それなのに、最終的には二人が融合した形で、ソジンとロビンの人格が残った状態になって、
そこで戸惑いもなくロビンが中にいるからソジンとラブラブとかさ~
なんて乱暴な脚本なんだろう・・・(T_T)

 

出演者とか設定自体はきっと素敵な物語を描ける要素がいっぱいあるのに、
最終的には、なんだか残念な印象が残ってしまうドラマでした。

 

映画を見たり、本を読んだり、感情を取り戻そうと一生懸命なソジンに、
あんな冷淡な対応をするハナは好きじゃないなあ。
ここで心がかなり動く様子とかを入れてくれたらきっと違ったのに!

 

 

ジキルとハイドに恋した私が見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す