【中国ドラマ】星に誓う恋 の感想 最後に急に流星学園ネタが〜!

星に誓う恋の視聴を終了しました!うーん。最高の元カレがGyao!で配信されているのと同時期にこのドラマも配信が始まりまして、あらこれもジェリー・イェンが主役なんだな~ちょっと見てみるかってな感じで見始めました。ふたつのドラマでの彼の演じてる役が全然違ったので、ほ~こんな風に冷たそうな社長役なんてのも演じれるんだな、と比較することで見続けられていた感があります。そうじゃなかったら最後まで見れなかったな。多分。

 

スポンサーリンク


 

なんか全体的に辛気臭い気がするんですよねえ。まあ子どもちゃんは全然芸達者じゃなくてまあその素人臭さが素朴で良い気もするんですけど、ジェリーはあんまり感情のない社長役で無表情で笑うようなシーンもないし、相手役のトン・リーアもけなげで頑張ってる人ってことになってるんだけど、泣いてるシーンも多くてぱあっと明るい雰囲気の花のある人では無いし、なんか全体的に暗く感じちゃう。

そして、最高の元カレの1年前に制作されたドラマのようなんだけど、このドラマは1年の違いとは思えないくらいダサい感じなんだよなあ。不思議。携帯電話とかあれすごい高いやつだと思うし、衣装とかもお金はかけてるのは感じられるのだけども。

そうそう、トントンのお部屋に奈良美智さんの絵が飾ってあったので、中国でも人気なんだなあと思いました。

あとはシャン・ジュン役のデニー・ホァンもこの役にはイマイチだったかなというのが私の感想。ウー・トンへのしつこさがあまりにもじっとりしてリアルに見え過ぎてかなり引きながら見ておりました。ウー・トンを好きになるまではプレイボーイだった・・・という設定なんだけど、全然見えないし。笑うハナに恋きたるでスタイリストのアシスタント役で出てたので台湾の役者さんみたいだけど、その時はちょっとおとぼけな感じで悪くなかったのに、このドラマみたいに「こんなに愛してるのに!!!」とかぐいぐい真剣に言ってる役だとすごく怖い印象を受けてしまう。シャン・ジュン役にはもう少し軽やかなイケメンを出して欲しかったわい。

なんだか、何をどう感じればいいか分からないドラマだったなあ。ウー・トンってそもそも良い人なのか分からない気がしてしまうし。相手に知らせずに勝手に子どもを産んだのも見方を変えれば(子どもの立場から考えると)自分勝手とも言えるし、友人の夫の会社がつぶれそうになった時にシャン・ジュンに出資してもらったのも彼の自分への好意を利用している気がするし、シャン・ジュンの好意に答えられないなら気を使って距離を置くべき相手だと思うし、ジョンモウに信じてもらえないからって突然無謀運転して事故ってケガさせるしヒドイ。おや?そうか、ウー・トンが魅力的に思えなかったのがこのドラマを楽しめなかった理由かもしれませんね!今気づいたゾ!

 

そして最後の数話で急に流星学園ネタが出てきて、なるほどこのドラマは最初からジェリー・イェンの出演ありきで作られたドラマなんだなあとなんとなく理解。それまでに流れ星の話とかしてたっけと考えちゃったもんな(出てきたかもしれないけど忘れた・・・)てな感じでどうして最後まで見れたのか自分でも分からないドラマだった。ジェリー・イェンが好きな人ならオススメですが、ドラマとしてはう~んという感じでした・・・!

ジェリーはこのドラマみたいな役がダメという訳ではないけど、もっとお茶目なところがある役が似合うなあ。私は君には絶対恋してないみたいなのが好き。

 

星に誓う恋が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す