【韓国映画】昼間から呑む の感想 酒に呑まれてトラブルに巻き込まれてダメダメでも人生って悪くないかもね!

Gyao!で無料配信されていたので、外出中に空き時間があったタイミングで見ました。『昼間から呑む』というタイトルになんとなく惹かれてたのは私もお酒が好きだからですねっ!知っている俳優さんも出ていないし、映像の感じから見ても低予算映画なのではないかと思うのですが、人間のちょっとおバカなところとか可笑しさが非常に軽妙に描かれていてとても面白かったんですよ!

 

スポンサーリンク


 

失恋したヒョクチンをお酒の席で慰める友人3人、そして傷心の時は旅が一番だとチョンソンの先輩のペンションに行こうと約束するんですが、待ち合わせ場所にちゃんと来たのはヒョクチン一人。他の3人は酔ってまだ寝てるっていう。そこから珍道中が始まって、もうなんていうかヒョクチンは色々ひどい目に合うんですが、これ意外と別れた彼女のことを忘れるには効果抜群だったんじゃないの・・・って思いました。

しかし、最初のこの約束の場所に一人しか来てないっていうのありがちだなって思って。そう、私もいい加減な約束を真面目に受け止めるタイプなので、こういうシチュエーションに陥りがちなのだなあ。なので、もう最初の部分から、あ~あるある!ってそういう人間の性分みたいなのをうまく描かれてるな~ってすぐに映画に引き込まれてしまいました。

そして、知り合いのペンションには辿り着かず、なぜか違うペンションに行ってしまって、主人はすごく不愛想だしお金も払わされるし、隣の部屋の美人に振り回される煩悩まみれのヒョクチン。その後、彼女とその連れと飲みに行くことになるんだけど、彼女にオイタしようとして彼にばれてお金を取られて寒空の下に掘り出され、ヒッチハイクしたトラックの運転手はどうやら男が好きみたいで寝てると手が伸びてくる・・・っていうなんだか散々な旅。やっと来た友人と合流して、またお酒を飲んで、そしてラストがまた絶妙な終わり方で、ヒョクチンはずっと煩悩に惑わされながら生きていくんだろうな~と思いつつ、後味は悪くない。

ヒョクチン役の役者さんもだし、売店のおばちゃんまでちょっと癖があってみんななんだかいいんです。お酒に呑まれたり、勝手に勘違いしたり、煩悩に振り回されたり、人間っておバカだな~なんて思いながら、でも映画を見て笑ってるとそんな風にダメダメでもいいのかもね、ちっぽけな人間でいいじゃないって気持ちになる。そして人生って素晴らしいことばっかりじゃなくて、些末な出来事の積み重ねだけど生きるってこんな感じで笑ってしまえば意外といいものかもねって思える感じなの。

絶妙に軽快なノリが面白い映画でした。くすっと笑ってしまう構成がうまくて、いや~面白かったなあ。

 

昼間から呑むが見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す