【韓国映画】ファム・ファタール の感想 キム・ミョンミンとシム・ジホがカッコいいのでそこは満足!

映画のファム・ファタールを見ました!
ソン・イェジンの悪女役が話題の映画みたいなんですが、
もちろん私の目当てはキム・ミョンミンさま~

今回は刑事役なんだけど、なになに悪女に翻弄されちゃうの!?
ってそこを楽しみにしていました。

まあ結論から言えば、ソン・イェジンは濃いメイクも似合ってお綺麗ではあるんだけど、悪女というにはやや弱い感じがしますね。
大きな口は叩くんだけど、肝が据わってなくてやや弱々しいので、求心力に欠けるヒロインではあります。
原題だと無防備都市とかそんな感じで、英題でもopen cityとかなのですよ。
日本語のタイトルだけいきなり『ファム・ファタール』となっちゃうんだけど、そのタイトルでイメージされる映画のつもりで見ると悪女っぷりに物足りなさが残ってしまいます。

悪女っぷりを描いたというよりは、結局は復讐ものかなって感じなのですよね。
だから、もっと他の登場人物もそれぞれフューチャーされている感じです。
あとはアクションも見どころって感じなのでしょうかね?

でもそれなりに見どころも沢山あったので、内容の散漫な部分はあったけど、私はまあ楽しめました。




 

なんといっても私の目当てはキム・ミョンミンさまですからね!
そういう意味では超良かった!

考えて見たら、今までベートーベンウィルス弁護士の資格しか見たことが無いので、彼のキスシーンは見たことなかったな~と。
このドラマではファム・ファタールに翻弄される役ですからね、ありますよね。
お堅く見えるタイプの人が演じたらどんなんなんだろうと思って見たら、ギャーってなりましたw

キス自体と言うより、惹かれてはいけないと思っているのに、誘惑されて、ダメだと自分の中で抗っている時の表情がね・・・と、とてもいいです。
ま、結局、誘惑に負ける、と。

その表情が好き過ぎてギャーって言いました!笑
もう、この映画、この伏し目がちな顔を見れただけで良かったですw

 

そして、もう一人、シム・ジホがとてもカッコ良かったです。
超強いナイフ使いなんですけども、残忍さが似合う冷たい表情が良いです!

しかし、彼のことを初めて見たわ~と思ったら、なんと私が挫折したカラー・オブ・ウーマンに出てるじゃないですか!
あ~ あの主人公の良い友達的なチャンジン役の人!
いやー全く同じ人に見えないです。全然気づきませんでした。

ドラマではカッコイイと思わなかったのに、この映画では超カッコいいです。
こういうちょっと個性的な役の方が似合うような気がします。
普通の良い人を演じるとなんだか特徴の無い人に見えてしまうのかも。

 

まあ最初の大阪のシーンでは、そんなことが起こったら、大阪人はもっとワイワイ大変やで、とか、お~い!と言いたい部分もままある映画ではありますが、キム・ミョンミンとシム・ジホを見るだけでも満足したので、私的には見て良かった映画でした!

 

ファム・ファタールが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す