【韓国ドラマ】朝鮮ガンマン の感想 文明開化の頃の歴史がちょっと分かりました!

朝鮮ガンマンを視聴終了いたしました!

まあ、最初に見る時は、タイトルにあるガンマンからもっと明るいアクションものだろうという予想をしていたのですが、実際は時代背景の関係もあってかやや重苦しい展開のドラマではありました。

でも、日本の明治維新の方が早い時期だったんだなあとか、だから開化について学ぶために学者は日本に行ったりしてたんだなあとか、今までそういう観点で見たことが無かった歴史の新しい面を知ることが出来たのでその点は面白いなあと思いました。

清の力を借りる守旧派と日本の力を借りる開化派という構図を見ると、韓国の地理的な宿命だとかも感じたりして、ひとつの時代だけを見ても国が違えば状況が違うんだなあとか思ったり。

このドラマによるとキム・オッキュンの開化への試みは結局失敗してしまうようなので、結局どんな形で開化が行われたのかも気になるところです。
またそんな時代のドラマでもないかしらー?




 

それにしても、王様や王妃をはじめとして、権力者たちも自分の立場を守るために裏切る人たちが多いドラマだったので、ちょっとすっきりしない気分ではありました。

結局は、パク・ユンガンとチェ・ウォンシンの戦いがメインなのか、パク・ユンガンとスインのロマンスがメインなのか、開化派の戦いを描きたかったのか、ちょっと散漫な印象で途中ちょっと退屈してしまいました。

そして一番心に残ってるのは、誰でも彼でも「あいつめー!」みたいに誰かを恨んで腹が立った時には「いのーむ!!!!!!!!!!!!!!」って叫ぶんですよね。
私が確認したところ、パク・ユンガンとチェ・ウォンシンと左議政の3人が結構なんかいも言ってたんですよね~ キム・ジャヨンも言ってたかも。
または「パク・ユンガ~ン!!!!!!!!!!」とか「チェ・ウォンシ~ン!!!!!!!!」みたいに名前を叫ぶバージョンもあったかも。
なんというか、どの人が言っても本当にこれくらいビックリマークがついたような同じような叫び方をするので、まあそういう演出家の指示だったんだと思うけど、もうちょっと色々パターンを変えるとかすればいいのにって、あんまりにも気になったのでそう思いましたw
他のドラマでそんなことが気になったことはありません~!笑

 

イ・ジュンギとナム・サンミのラブラインの相性はいまいちかな~
ナム・サンミは丸顔のせいか可愛いイメージ過ぎて幼く見えてしまったんですよね。
そして、泣き顔が多すぎてなんだか気の毒だったな・・・
イ・ジュンギはこのドラマを見ながら、途中でを見ちゃったせいもあるのだろうけど、あちらが好み過ぎてあれくらいシャープな方がかっこいいなと思ってしまったりも。
あ、でもイ・ジュンギは声がいいな~と思います。
画面を見ていなくても、イ・ジュンギの声だと分かるそんな少し特徴のある声がとても素敵だなと視聴中にふと思いました!

 

あと、キム・ホギョンを演じていたハン・ジュワンはちょっと切ない役柄なんだけど、少し寂し気な表情がピッタリでした。
こんな赤い衣装を着て出て来た時はビックリしたけど、お似合い!

時代劇はこういう衣装とか小道具を見るのが楽しかったりもするんですが、
このドラマは結構いいな!と思うのが多かった気します。

 

ともかく、タイトルから想像していた快活なアクションって感じでは無いけれど、全体的にはそれなりに楽しめたかな!というそんなドラマでした!

 

朝鮮ガンマンが見れるのは・・・



 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す