【韓国映画】チャンス商会~初恋を探して~ の感想 優しさがいっぱい詰まった映画でした!

この映画はあかんやつですわ。もちろん、いい意味で!ほのぼのとした老いらくの恋を想像してたら、後半で明らかになる、実は・・・という内容に涙腺を刺激されて大変なことに。いやもうパク・クニョンの表情が素晴らしくて、さすがにベテラン俳優だな、と感嘆いたしました。ドラマでは悪い社長とかややステレオタイプの役が多いので、じっくり演技を見る機会が今まであんまりなかったのだよなあ・・・

 

スポンサーリンク


 

出演者も味のある役者さんが沢山出てるので、見応えがあります。チョ・ジヌンのジャージ姿の安心感!笑 ちょっと気の抜けた演技がうまい。
あとはナ・ヨンソクPDのバラエティーでおなじみの顔も見られて楽しい。ペク・イルソブがバスの運転手さんで出て来てパク・クニョンと喧嘩を始めたりするのでニヤニヤしちゃいます。
あとは、短い出番ながらチョン・ヘインがソンチルおじいさんの若い頃を演じてます。学生服似合い過ぎ。野の花を持ってるのとかピュア過ぎて眩しい。ひー

それにしても「初恋」という言葉にうまく騙されて、どんでん返しの展開になることを全く予想つかずに見れたので、町の人々の優しい嘘に自分も触れた気持ちになって涙が出そうになってしまった・・・!

ちょっとあざとくて泣かせに来てるな・・・と思う部分もあるものの、それでもやっぱりこの映画全体を覆う優しさみたいなものがそれを越えて来る感じ。とても良い映画でした。

ああ、私も何度会ってもまた同じ人に恋したい。

 

チャンス商会~初恋を探して~が見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す