【新大久保】あの異国情緒あふれるシャオウェイヤボーでとうとう一人デビューしてきた!

異国情緒あふれるというか、ほとんどお客さんが中国人のお店で、店内で飛び交うのは中国語なので、最初は連れがいても入りにくかったシャオウェイヤボーにとうとう一人で行ってきました!すごい!! いやいや、一人で海外旅行に行けるのに何を言ってるんだって気もしますけどね・・・ また違う緊張感なんですよねえ。不思議。

前に行った時に米線を食べてから、なんだかあのスープの味が忘れられなくて、どうしても食べたかったんですよね。この日は一緒に行こうと言っていた友人が風邪で行けなくなったんだけど、一人でも我慢できずに行ってしまいました。

 

スポンサーリンク


 

一応、日本語が話せる店員さんが一人はいるので、なんとかポスターを指さしつつ注文完了!前回と同じ米線を頼みました。魚の練り物もトッピング。

ひえーあつあつでレンズが曇ってしまいました。
はふはふ言いながら食べるの本当に美味しいです。結構辛い。
この前、顔がすごい赤くなってるって言われたんですけど、ビールのせいかな、と思っていたら、アルコールを飲まなかったこの時も赤くなってしまったので、どうやら香辛料のせいだったみたいです。麻辣っていうんでしょうか?ちょっと痺れる感じのやつ。美味しいんだけど、辛い、美味しい、辛いを繰り返しながら食べて、冷めて来たらやっと辛さが落ち着きます。

黒酢を入れて食べたり、うう、美味しかったので、満足しました。

そして前まではなかったメニューも増えてた様子。
涼皮とはなんぞや。うーん。気になる。こういう時は胃袋が沢山欲しくなる。

はーこれで私の中の米線ブームが落ち着いたかな!?
次回は新しいメニューに挑戦してみたいなあと思います!

 

【新大久保】シャオウェイヤボーアゲイン!で今度は辛い鴨ネックと気になってた米線を食べた!

友人が辛い物が食べたいというので、何にしようか・・・と考えたのですが、今度こそ鴨ネックの辛いのとかどうだろうかと思い提案したところ行ってみよう!となったので、小魏鴨脖店に再度挑戦して来ました。

前回行った時に辛くないのでお願い!って必死で注文しすぎて全くパンチが無さ過ぎてちょっと物足りなかったんですよね。

 

スポンサーリンク

 

お店に入って2階で食べたいと伝えたら、今は満席と言われたんですが、1階のレジの横にあるテーブルで一人で食べていたお姉さんが日本語が出来て、そしてお店の人とも顔見知りだったみたいで、このテーブルで一緒に食べましょ!って言ってくれたのでお言葉に甘えて同席させてもらいました!

まず、今回は辛いタレをかけてもらった鴨のネックとビールを注文!
一口食べると辛いけど美味しい~と余裕で食べていたのですが、食べすすめていくとなんだかだんだん唇がビリビリするような辛さが染み渡ってきます・・・
辛い!でも美味しい!辛い!って感じ。しばらくずっと唇がビリビリしてた。
でも、前回みたいに鴨肉をセットで頼んじゃったら食べるの辛いけど、1種類くらいのこの量をゆっくりビールと食べるのはいいです。慣れて来たらどんどん美味しく感じる。癖になる感じ。

そして、有難いことに同席してくれたお姉さんが日本語が出来るので、メニューも色々相談できて良かった!
この間は、これはめっちゃ辛いんじゃないかと勝手に想像して注文できなかったんですが、ポスターにある「米線(ミーシェン)」という料理がオススメとのことでその方も食べていたので、頼んでみました。

追加でトッピングが出来るんですが、私たちは上から3番目の墨魚丸100円を追加しました。魚の練り物みたいな感じ?
他には牛肉とか羊肉とか野菜の追加も出来ます。

そして待ってたら、うおーぐつぐつで出て来た!!!!

スープはちょっとくらいはピリ辛かな?という程度でほとんど辛くないです。
追加のトッピング以外には、最初からもやし、青梗菜、干し豆腐が入っています。干し豆腐は前菜で食べたことしかなかったから新鮮!

なんといっても名前の通り米で作られた麺がモチモチしててとってもとっても美味しい!!!!スープも美味しい。
めっちゃ気に入りましたよ。なにこれ美味しい~

一緒に食べてたお姉さんは唐辛子と黒酢を入れて食べてたり、他の人は小さい取り皿にいっぱい黒酢と唐辛子を入れてタレみたいなのを作ってそれに麺をつけて食べてたりしました。その食べ方も美味しそうだな・・・と思って観察しちゃった。

鴨肉も良いけど、この米線がとっても美味しかったのでオススメです~
どうやら池袋にも2号店が出来たらしいですよ。こちらも24時間営業らしいです。すごいね!

私たちが食べてる間もひっきりなしにお客さんが来てましたが、皆さんこの麺を食べに来てるのかもな~と勝手に納得したのでした!また食べたい~

 

 

【新大久保】気になっていた小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)に行ってきた!

以前、前を通りかかって気になる!行ってみたいと思っていた小魏鴨脖店に早速行ってきましたよ~

鴨肉といっても食べたことあるのは焼肉や鍋くらいなので、一体どんな感じか想像もつかなかったんですけど、何でも食べられるメンバーが揃ったので行ってみることに!

 

スポンサーリンク

 

*ちなみに今回の写真は苦手な人は苦手かも!?なので閲覧注意です!
鴨さんの形が分かるようなお肉は見たくないって方はここで引き返してね!

 

席は1階にテーブルが1つ、2階に6個くらいかな?
まず店内に入るとガラスの向こうで鴨肉をぶった切っているエリアがあり、その奥にレジ、テーブル1つ、階段、調理場というレイアウト。

鴨肉はテイクアウトで買う人も多いみたいで、レジで注文をして立って待ってる人なども結構います。

店内で食べる人もまずレジで注文します。そして2階のテーブル番号を言われるのでそのテーブルに行って注文の商品が出て来るのを待つという感じ。

今回は4人だったし、どの部分が美味しいかもわからないので、6種類で2200円の盛り合わせのセットにしました。それと水餃子とワンタン。
辛いという噂にビビっていたので、やや無難なチョイスw

あと飲み物も頼みましたが、ビールやサワー系などもありました。
ドリンク類は完全に日本語のメニューだったので分かりやすいです。

生ビールもサワーも各380円、瓶ビールは500円です。
日本語は完全には通じなかったけど、注文するのに困るほどではありません!
でも店内には圧倒的に中国人の方が多いです。

さて、2階のテーブルで座って待っていたら、やってきました盛り合わせ!

6種類は鶏手羽先、手羽先、頭、ネック、鎖骨、足みたい。
前者2つは細かい違いは分からないけど、確かに違う形です。

手前のをひっくり返すと、確かに頭だった・・・!わお!

色々調べていたらそのままでも辛くて、塗ってもらうタレが更に辛いとの評判だったので、タレ無しを必死で主張してお願いしたんです。
でもそのままだと全然辛くなかったんですよねー
タレを塗ってもらった方が良かったかもしれないなあ~と思いました。

なんというか蟹を食べる時みたいにみんなで無言になってむしゃぶりついて食べました。中国ではこういうのをスナック的に食べると聞いたんですが、なるほど、こうやってしゃぶりながらゆっくりお酒を飲むのかなって気がしました。

特に鎖骨に苦労したかな・・・
手軽に食べやすかったのはネック。
頭は脳みそ的なのもあってなかなか濃厚でした。

う、うまーい!って食べ物ではないけど、また食べたいなという感触ありです。
今度は辛いらしいタレを塗ってもらったのを食べたいです。

そしてワンタンはパクチーが入っててすっきりしたおいしさ!
スープも美味しかった~

水餃子もモチモチで美味しい!
タレが辛目でこれがなかなか良いです。

なかなか楽しい経験だったんですが、ひよってしまって辛い物を全然頼まなかったので、ちょっと不完全燃焼かな・・・
まわりの人がみんな食べてた辛そうな麺がとても美味しそうだったので、次回はあれと今回挑戦出来なかった内臓系も挑戦してみたいです!

しかし、独特の香辛料の香りがしばらくカバンから取れなかったので、そこは注意です。私たちが食べるのに時間がかかり過ぎたせいかもしれないけどーw

そして食べ終わった後は隣にあるジョナサンでお茶したら天井が高くて良い感じだったので、新大久保も探せばまだまだ色々あるなあと思ったのでした!

 

【新大久保】気になる鴨肉専門店を見つけたよ!その名もシャオウェイヤボーだそう

新大久保で早めの夕食を終えて、呑み直したいけどお腹がいっぱいだからちょっと散策をしてみよう!という時にまたまた気になるお店を見つけました。

いつも新大久保の駅の改札の右側しか行ったことがないけど、
左側って何かあるのかな?とそっち方向に歩いていたのですが!!!!
なんだか黄色くて派手な看板が見えてきました。




小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)って一体なにやさんなのか?と近づいて確認してみたところ・・・

鴨肉専門店らしいのですが、ネックとかとか鎖骨とかとかとか書いてあって気になります!!!

覗いてみたら結構こみあってる感じ。
テイクアウトもあるので、それを待ってる人だったのでしょうか?
中華料理のようですが、外から見てもなんだかディープな雰囲気が漂っております。

そして、ちょっとネットで調べてみたら辛いみたい・・・
中国では鴨の首はスナック的な食べ方をされるそうですが、
それにしても24時間営業ってすごいな!
ついでに年中無休って書いてる!

外にカードがあったのでもらってきましたよー

新大久保よりちょっと大久保よりかな?
お店の前を通り過ぎて大久保まで行ったのですが、そっちの方面は中華料理屋さんがいっぱいあったので、おいおい挑戦していきたいなあと思うのでした!

 

 

↓これかな?こんな感じの食べ物かな~?