【韓国ドラマ】ステキな片思い 7話までの感想 今までのチョン・イルの役柄で一番好きかも!

何やら、ミニシリーズと言うそうで、1話が15分~30分の短いドラマが韓国にはあるみたい。

それがGyao!で無料配信されていて、今見れるのが、チョン・イルのステキな片思いと、ソン・ジェリムの恋のドキドキスパイクなんです。

私はどちらも結構、気に入ってるのですが、特に好きなのが、ステキな片思いの方!

ツンデレとか高飛車とか、そういうのを演じたらピカイチなチョン・イルですが、
とにかく彼に演じてもらいたい要素を全部詰め込んだような役なんですよねー!

仕事が出来る芸能会社の社長なんだけど、口も性格も悪いし、めっちゃ偉そう・・・
だけどそんな人が恋に落ちてどうしたらいいか分からなくなって右往左往。
でも素直じゃないし、初恋だし、人を振り回したことはあっても、人に振り回されるのなんて初めてだから戸惑って大変。


>>>全話視聴後の感想はコチラ!

暴走したり、仕事が手につかなくなったり、秘書に恋愛の手ほどきを受けたり、
全てが極端に描かれているので、面白いです!

別にどうっていう事ない内容なんですけど、チョン・イルがその役を徹底的にナルシストになり切って演じてるから反対にコミカルさが出るというか、そんな感じです。

自分でもこういう役が似合うのが分かっててやってるな・・・という気がする。
確信犯!

 

スポンサーリンク

 

秘書役のイ・シオンもすごくいいです。
こういうコミカルな役が似合うし、台詞をべらべら話すときのテンポが本当にいいなあ。今思えば、Wの時のハン・ヒョジュと彼のやり取りが悪かった訳ではないけど、会話の相性はいまいちだったかも。そう思ってしまうくらいチョン・イルとイ・シオンコンビのやり取りが最高です。

相手役のチン・セヨンに関してはあんまり印象がなく、可もなく不可も泣くという感じかなあ・・・ いつもそんな感想を持ってしまうのはなんでだろう。
顔を憶えられない感じの女優さんなんですよね。不思議なくらい。

 

まあ、それはともかく、チョン・イルが面白いのですべてOKという感じのドラマです。(私基準!笑)

社長役なので、高い服を着てるんだと思うんですが、なんか変なスーツの半ズボンみたいなのを着てたりするんですよね。

これは面白くするためなのかお洒落なのか・・・
そういうところも面白くてツッコミどころ満載だなと思って見ています。

チン・セヨンの演じるユ・イリョンも社長の事が気になってるみたいだから、最後はハッピーエンドかな・・・という気がしますが、そういう部分も含めて軽い気持ちで見られるドラマですね!

 

ステキな片思いが見れるのは・・・

プレミアムGyao!


【韓国ドラマ】相続者たち 8話までの感想 最初の30分くらいで挫折したものの復活した理由は・・・

「相続者たち」は有名な韓国ドラマだし、
シンイでイ・ミンホかっこい~となった私ですから、
以前に見ようと試みたことが数回あります。

しかし、どうも1話目のイジメ場面で、興ざめしてみるのが嫌になってしまうのでした。
キム・ウビンは好きではないけど、嫌いでもないので、
彼がいじめてるからという訳では無いのですが、なんだかどうしても先に進めない感じでした。

高校が舞台のドラマだと必ずイジメの場面があるので、
またこんな感じかあ・・・と思ってしまってもういいやとなってしまうのですよね・・・

そんな私だったのですが、今またGyao!で配信が始まったので、
3度目の正直とばかりに見始めて、イジメのとこは思い切って飛ばして見てたら、
今回は、お!と思うことがあったので、挫折を乗り越えて、ドラマを楽しんで見ております。

その、「お!」と思った理由がこの二人が出て来たことです。

チェ・ウォニョンと、


チェ・ジノ!

それぞれ、CNブルーのミニョクのお父さん役と、キム・ウビンのお父さん役なんです。

どっちかというと主役の高校生たちよりも、
ちょっと、いやかなり曲者と思われるお父さん役の俳優さんに心を奪われる私・・・

以前からそういえばもしかして私って・・・と思っていた疑惑がここではっきりしましたね。

私ってもしかしておじさんがすきなのでは!?

これはもう疑惑ではなくて、ちょっと癖のあるおじさん俳優さんに魅かれるということが、
今回判明いたしましたよ・・・

チェ・ウォニョンは、君を憶えてるで見てから、気になってしょうがないし、
チェ・ジノはファントムで中国人のハッカー役をやっているのを見た時から
たまらなく気になります。

好みに偏りがある気がしますね・・・ハハハ

 

とはいえ、ともかくそうこうして続きを見ていたら、だんだん面白くなって来ました。
大金持ちの財閥がどうしてわざわざそんな貧乏な子を好きになるの~!!!って
そう思う部分もあるんですが、結局のところ人って見たことないタイプに興味が沸くし、
実際にあそこまでの大金持ちだと、一般人と触れ合う事もないんだろうなあ。
そこで、物珍しさや欠乏感のある部分に共鳴してしまうのかなと納得もしたり。

お金があろうと無かろうと、結局のところ人は自分に無いものを数えずにはいられなくて、
自分が持っているものを数えて満足することは出来ないんだなあって
このドラマを見ていたら思ったのでした。

例えば、チャ・ウンサンは貧乏だとしても、
自分の事を大切に思ってくれるお母さんと一緒に暮らせることを
幸せなことだとは思っていないし、捨てようとまでしたし。

キム・タンも、そうかな。自分は庶子ではあっても、お母さんが生きているし、
小うるさいけど、お母さんはキム・タンのことを大切に思ってるし。
それなのに、お兄さんからの自分への愛情をも求めてしまう。

持ってるものに対してフォーカスして生きないと、
いつまでも無いものばかりを追い求めてしまって満足することは出来ないんだろうな、
という学びを得ましたw
せっかくお金が余るほどあってもそうなんだもんな、と。
みんな悩みたくて悩んでるみたいに見えちゃう・・・このドラマ・・・



・・・おや、そういうことを言いたいドラマでは無いはず^^;

収穫は、クリスタルの演技が全く期待が無かったにも関わらずかなりいい感じだなと思ったり、
(ただ、素な感じなのかもしれないけどw 他で演技を見たことが無いので・・・)
ヒョンシクもお調子者の演技が他のドラマと違ってとってもいいし、
みんな芸達者だなあってことでしょうか。
そして、8話の最後に、キム・タンがチャ・ウンサンに、ヨンドからの電話に出るな!と言って、
会話をするのを防ぐためにキスをしたのは、ヒエ~と思いましたよ・・・!
ときめいたとかとは違うけど、わあおと思いました。
なんかこう現実離れしたドラマという意味では良いと思います。

さて、この先どうなるのかな~
どうなるのか分かるような全然予想がつかないような・・・
登場人物がたくさんいるので、そういう意味では色々な部分で楽しめそうなので、
ゆっくり見て行きたいと思います!

相続者たちが見れるのは・・・



 

【香港映画】インファナル・アフェア の感想 香港映画を見ると次は男に生まれたいと思うのだった・・・!

 

Gyao!で映画で配信されているラインナップを見てみたら、
今なら1/11までインファナル・アフェアが無料で見られるんですよ!!!

今のように韓国ドラマを見るようになる前は、
どちらかというと映画、それも中国と香港映画を好んで見ていた私。

インファナル・アフェアって有名だから見たっけな?と思って見始めたんですが、
まだ見ていませんでした!!!
なんてこった!アンディ・ラウとトニー・レオンの双頭が主役だというのに、
見ていなかったなんて私のバカバカ!と思うような映画でした。

この香港映画の空気感というのはなんとも言えないものがあります。
男性が主役の映画はやっぱり香港映画が一番カッコイイと思う。
昔から、男たちの挽歌を初めて見た時から、この思いは変わらないのだけど、
ヒリッとしたこの画面を見たくて映画館に何度も足を運んでいたんだなあと思い出す。
そして、まあカンフー映画を見た後にはカンフーを習いたいと思うのと同じ感覚なんだろうと思うけど、こういう映画を見た後は必ず、次は男に生まれて来たい!と思うのが常なのでした。

単純なんで!!!!




 

多くを説明しないのに、きちんと分かるように作られていて、
「映画」というのパッケージの作品として素晴らしいなあと思います。
分かりやすいのに見応えがある・・・!

鏡張りのビル、それに映る空、屋上の風景
シーン一つ一つが心に残る。

そして、どの俳優さんも他の映画で何度も見たことある人たちばっかりなのに、
どうして他の映画の時の匂いを全く感じさせないんだろう。
それも映画だからこそなのかも。

トニー・レオンとアンディ・ラウの表情が素晴らしくて、
目が離せなくて、最後までどうなるのかドキドキしながら見た。

映画館で見たかったなあと、ちょっと後悔したけれど、
でもこのタイミングで見れただけでも良かった・・・!

久しぶりに見たケリー・チャンもとても美しくて懐かしい気持ちになっちゃった。
これは、インファナル・アフェア2と3も見なくちゃいけないなと思いました。

めっちゃ良かったです!
興味のある方は無料配信中に是非~!

 

はあ、カッコ良かった・・・

 
インファナル・アフェアが見れるのは・・・



このブログがどんどん韓国ドラマから範囲が広がっていっている!わわわ!

【韓国映画】ダンシング・クイーン の感想 ファン・ジョンミンとオム・ジョンファがストレートな内容の映画に深みを与える!

queen

Gyao!で韓国ドラマが無料で配信されているのはよく利用していたのですが、
最近、実は映画もたくさん配信されいるのを知ってから、よくチェックしています。

本当は、映画館で映画だけに集中して見る感覚が好きだけど、でもやっぱり面白いのだとお家で見ていても集中できますね!

今回は、ダンシングクイーンを見ました。
魔女の恋愛では化粧が濃い~と驚いたオム・ジョンファですが、この映画では、もうそのままぴったりの役柄!
昔はスカウトされたこともあるダンスのうまいマドンナ的存在だったけど、
結婚して、弁護士を目指す旦那と娘の世話をしながら、エアロビを教えてる主婦!

旦那さんはファン・ジョンミンなんですが、もうこの組み合わせだと演技に関して何の心配も無いって感じ。

いろいろあって、旦那さんはソウル市長を、妻は夢だったダンス歌手を目指すことになるんだけど、お話の筋書きはとてもシンプル。
だけど、なんだか役者さんたちがとても役柄にピッタリで、そして展開も早いので、飽きずに最後まで一気に見れます。

ファン・ジョンミンは、言葉を発している時より、
表情が少しずつ移り変わっていくさまがむしろ雄弁に語る部分があるので、
長回しの撮影が多い映画の方が良いんだろうな・・・
衝撃的な部分がある訳ではないのに、最後の演説部分は息をのんで見つめてしまう。
カッコイイとかそういうのとはとても遠いところにいる役者さんだと思うのに、
一気に空気を持って行ってしまう存在感がありますね。

そして、オム・ジョンファも存在感では全く負けていないし、
主婦役がそのまま本当みたいな感じで演じててすごいかったんです。
でも歌ってダンスをするシーンも見応えバッチリで、
ボリュームのある体型が似合うグループで無理がない!
そして、そういうステージに立つ見せ場みたいなものもしっかり撮影しているので、
すっきりとした満足感があります!

脇役陣もとても良いです~
あ、魔女の恋愛でも仲良し役だったラ・ミランが出てたな。
確かにオム・ジョンファと彼女は親和性が高いなあ!
どっちも個性的なんだけど、負けてないのがいいのかな。




現実はそんなものじゃないのかもしれないし、
じゃあ実際に専業主婦だとただ諦めている存在なの?とか色々意見はあるのかもしれない。

でも、専業主婦といっても色んな状態があって、その役割で満足している場合は問題ないけど、(だって家事って本当にたいへんな仕事内容だと思うもん!)
それだけでは満足できてなくて本当はやりたいことがあるのなら、専業主婦だから出来ないと自分の置かれてる状況のせいにせずにやった方がいいってことかな。

男性だけとか、女性だけどかじゃなくて、我慢して不満をためて相手のせいにするんじゃなく、
お互いを尊重して、やりたいことを応援しあえるのが理想なのかな・・・

それが出来るようになるためには、まず先入観とか固定概念を捨てることが必要になるのかなあ。
この映画の二人が気づいたみたいに。

 

やっぱり、映画はドラマとはまた違う良さがあるなって思いました!

 

 
ダンシング・クィーンが見れるのは・・・

 
ダンシング・クィーン [DVD]

【韓国ドラマ】夜警日誌 3話まで!普通の時代劇かと思ったら鬼神とか竜神とか出てきて超面白いんですけど!

yakei-2

今週の月曜日からGyao!で配信が始まった夜警日誌!
チョン・イルも出てるし、ユンホも出てるし、ドラマのタイトルは知ってたんです。
でも、時代物はよっぽどじゃないと手を出さないので、なんとなくスルーしてました。
だって、面白いのもあるけど、お堅い感じのものも多いじゃないですか・・・?
そしてこれも正統派な時代劇だと思っていたんですけども。

全然違った!!!! 

チェ・ウォニョンが王様役なので、ん?これ癖のある役なんじゃないの?
それとも普通の王様役???と思ってたら・・・
そりゃ、ただの王様だったら、彼を配役しないわな・・・と。

鬼神に憑りつかれちゃうんだけど、今まで優しく微笑んでいた王様が、
急に残虐になっちゃうんですけど、うわ~震えるわ~!!!!

あ、その前に巫女さんと情を交わしてたけど、その二人の視線も違う意味で震えた・・・
もうなんかこう見てはいけないもの見たような気になりました。(良い意味で)

なんだか、チェ・ウォニョンが冷たい顔やそんな顔すると、ブルブルするんだけど、
それが超好きみたいです。私・・・
これがギャップ萌えってやつかな・・・?(ちょっと違う気がする・・・^^;)

ともかく、サイコーです。
君を憶えてるの時の犯罪者役もサイコーに好きでしたが、これもサイコーです。
そうか、私はこういう演技をする人が好きなんだなあと今日わかりました~

とはいえ、3話まで見たところ、まだチョン・イルもユンホも出てこない・・・
私が予想するに、子どもの世代の話に移ってから彼らが出て来る気がするから、
もうチェ・ウォニョンは最初しかいないんじゃないかな・・・

うわ~ん!残念!




そして、さきほど、『鬼神に憑りつかれる』と書きましたが、そんな内容のお話なんですよね。
竜神とか出て来るし、妖怪探知機みたいなのとか出てきて、
妖気が近づくと目盛りがビーンって振れるんですけど!!!斬新だわ~!!!

そもそも夜警というのが、そういう化け物とか妖怪とか鬼神から偉い人を守るための部隊みたいで、これから一体どんな展開になるのか全く予想もつかないので楽しみ。

そう、私はこういう現実離れしたのが好きなんですよ!

 

時代劇でも、現代劇と顔ぶれがあんまり変わらなくて、
知ってる顔をたくさん見たんですが、TWO WEEKSでイ・ジュンギの娘役を演じてたとっても可愛いイ・チェミちゃんが出てた!

声とか動きもなんだか可愛くてとっても大好き!

yakei-1

きっとこのドラマの中で、彼女が大きくなって違う役者さんが主要人物として活躍する内容に違いないと予想中。

そして、チェ・ウォニョンが演じてた恵王の息子のイ・リンが大きくなったら、チョン・イルになるんじゃないかな~!
彼は時代劇がとっても似合うので、それも楽しみ。

まあ、奇想天外な内容の話なのは間違いなくて、なんだそれって内容の可能性もありますが、
全く予想のつかない展開が許される設定なので、違う意味で期待してます。

う~ん。

ドラマってやっぱり見てみないと分からないですね。
自分が色んなことを少しの情報で勝手に判断しているのを感じるなあ・・・

 

 

夜警日誌が見れるのは・・・



メイキング・オブ 夜警日誌 〜だからもっと好きになる!〜が見れるのは・・・