【韓国映画】私のオオカミ少年 の感想 ソン・ジュンギ演じる狼少年のつぶらな瞳にやられる・・・!

以前、youtubeで予告動画を見たことがあって、私の見てみたい映画リストに入れていたこの映画!
機会があったら見ようと思っていたらGyao!でただいま配信中です。
それを見つけてすぐさま見ましたよー!

ソン・ジュンギは苦手という訳では無いけれど、ピーンとアンテナにかかるほどでも無くて、でも人気あるよねーってくらいの存在です。
とはいえ、成均館スキャンダルで見た時にもどこか光るところがあるよなあとは思っているんですが、心をわしづかみにはされていないって感じかな・・・
なにせあの時は断然!コロ派でしたのでw



 

でも、この予告編をちょっと見た時にこんなつぶらな瞳で見つめられたらたまらないだろうな・・・と思ってたら、映画本編見たらもっと大変でした。

ヤ・バ・イですー!

何せオオカミ少年ですから、言葉が話せないという設定な訳です。
だから、瞳や表情で感情を表さないといけない役なんです。
そしたらまあ、なんていうかその表情をカメラが詳細に追いますし、
その無垢な表情にそりゃやられますよね・・・

そして私はどうしても、妖怪だとか人外のものなど異形のものに惹かれるので、このオオカミ少年の設定は大好物!
疎外される存在というものに心惹かれてしまうのはなぜだろう。

しかし、彼の存在はあまりにも無垢で設定もファンタジーの要素がたっぷりなんだけど、意外とヒロインは現実的なので、最後はおっとそんな感じ・・・!?と思ってしまう人もいるのかも?
私ももっとファンタジーな感じで終わって欲しかったかもしれないな。

あと、お!と思ったのが、ユ・ヨンソクです。
チンピラみたいな役で出てるんですけど、これがかなり似合ってます。
私は今のまでのところ彼は医者とかの真面目な役しか見たこと無かったんですが、なかなか良かったです。
めっちゃ嫌な奴に見えて、怖かったですもん!役者さんってスゴイね!

 

まあ、あんまり深く考えずに、少年のようなソン・ジュンギを純粋に楽しめる映画です。
美しい自然の中で子ども達が遊ぶ姿が美しいです。

 

私のオオカミ少年が見れるのは・・・


【韓国映画】私は王である! の感想 ありがちなストーリーだけど楽しく見れる映画!

チュ・ジフン主演の「私は王である!」を楽しく見ました!
王様になりたくなくて宮殿を逃げだした王様が、同じ顔をした奴婢と入れ替わってうんぬん・・・
というありがちと言えばありがちな内容なのですが、最後まで楽しく見れました。

配役もそうだし、お笑い要素をふんだんにちりばめてあるので、軽い気持ちで見れます。
Gyao!で無料配信だったので、ちょっと試しに見てみたらややコミカルな感じだったので、あえて見てみようと思ったのです。
それは、最近までチュ・ジフンの出ている魔王を見ていたので、まるっきり違う役を彼が演じるドラマや映画を楽しめるのかどうかを試してみたいと思ったのです。



 

魔王でのチュ・ジフンの演技は素晴らしかった!と思ったのだけど、ただそれが彼に向いている役だからだったのか、それとも他のドラマでの演技も良いのか知りたかったのです。

そういう意味では、全く違う姿を見せてくれたので、満足です。
更にチュ・ジフンの出演するドラマや映画を見てみたいなと興味を持ちました。
演技がうまいかどうかは、以前に見たドラマの役柄を引きずらずに今見ているドラマの役柄を楽しめるか・・・というのが私としては重点を置いているところなのですが、それはクリア!

今回の忠寧と奴婢にしか見えなかったので、しっかり楽しめたかな!
ちなみに同じ顔で入れ替わる世子と奴婢のドクチルの一人二役だったんだけど、例えば背中の曲がり方、歩き方から表情まで違う人に見えたので、体を使って演じ分けててこりゃ凄いなと思いました。

でも、まあそんな色々考えなくてもコメディータッチで分かりやすい内容なので面白いです。思わずアハハって笑ってしまった場面もありました。
世子の護衛武士役のイム・ウォンヒはドクターキムサブで事務長役だったお笑いの人だったと思うし、世子のお相手の皇太子妃がイ・ミドだったりして、笑わせるぞーって気合が十分に感じられます。

最後の終わり方もすっきりなので、あー面白かったーって感じで良いです。

お付きがどんなに疲れていても自分のことを背負わせてた世子が、最後には反対に怪我をしているお付きの人を背負ってあげるようになったり、可愛い子には旅をさせよじゃないけど、色々なものを自分の目で見て、自分で考えるようになることが必要なんだろうなと思いました。王様でも、普通の人でもそれは同じですね。

しかし、チュ・ジフンは朝鮮時代のお召し物が似合いますね!
この映画では奴婢姿の場面も多いですけども、それもまた良し!

 

このドラマが見れるのは・・・



 

【台湾映画】海角七号 君想う、国境の南 の感想 人々の思いが詰まったとても素敵な映画

最近見た台湾ドラマが思いのほか良かったのが続いているので、その勢いで台湾映画まで見てしまいました!

「海角七号 君想う、国境の南」というタイトルは聞いたことがあったし、確か台湾でヒットしたと聞いたような記憶もあったので見てみましたよ~

そう今Gyao!で無料配信されているので興味のある方は今のうちに~!




 

60年前の手紙が軸となって、台湾人と日本人の昔と今の恋の物語が紡がれて行きますが、じわりじわりと胸に沁みる、そんな感じの映画でした。

台湾であった日本統治時代、そして戦後に別れるしかなかった二人。
一人日本に帰る青年が書いた台湾に残してきた恋人に宛てた手紙。
どうしても戦争の頃のことを考えると、日本人としては心が痛くて、今の自分がその歴史を変えることが出来る訳ではないけれど苦しい気持ちがどこかにあります。
その時代のことも描いているけれど、この映画は全般的に人に向ける視点がとても優しくて、言ってみれば罪を憎んで人を憎まずという感じを受けました。

少し距離を置いて淡々と描いている気がするので、
その辺りは見る側にゆだねられているところがあるような気がします。

ベースは恋愛ものなんですが、現在の台湾の若者の地方離れとか、少数民族への差別とかそういう問題も取り入れていたりもします。
夢破れたり、傷ついた人たちがたくさん出て来るけれど、描き方がとても優しくて、それぞれの個性がきちんと描かれていてとても素敵だったんです。

 

そういえば出演者に、長澤まさみちゃんが出てたドラマのショコラの出演者が何人か!
元組長役の馬如龍と、その手下役の應蔚民!
そして監督の北村豊春もちょっとだけ出てた~

あと主役で出てた日本人の田中千恵はメイクアップアーティストのトニータナカの娘さんなんだって!
ワールドワイドに頑張ってるんだな~
酔っ払った時の不安を吐露するところの演技が心に残りました・・・!

 

見た後にまたじわりじわりと色んなことを考えてしまう、
そんな余韻が残る感じが素敵な映画です。
派手な事件を描いている映画ではないのだけど、それぞれの登場人物が生き生きしていて心に残る映画になりそうです!

 

海角七号 君想う、国境の南が見れるのは・・・


 

【シンガポール・中国・香港映画】画皮 あやかしの恋 の感想 中国の美しい妖魔が出て来る~

 

映画のタイトルだけは知っていた「画皮」ですが、いったい何の事やら?と意味が分からないので興味も沸かずにスルーしていました。

でもサブタイトルが「あやかしの恋」だから、妖怪ものなのかな?とはなんとなく想像。

Gyao!で無料配信していたので、どんな感触かさわりを見てみようと思ったら!
なんとドニ―・イエンが出ているではないですか!
なになに~アクション要素もあるの!?ということで最後まで見てしまいました!




 

それにしても中国系映画に出て来る妖魔とか幽霊の女性はどうしてあんなに美しいんでしょうね~?
この映画を見た後に友人と飲みに行った時にみんなで語った結果、あの透けてる生地がヒラヒラしているお召し物のせいもあるんではないかと!
なんていうかババーンとお肌をさらけ出しているよりもその方がセクシーに見えるのではと!

もちろんそれだけじゃなくて実際に演じている女優さんが美しいのですが、独特のエロティシズムがあるような気がするのですよねえ。

それはさておき、ファンタジー的でもあり、恋愛要素もあり、アクション要素もありのややごっちゃ煮感のある内容ではありますが、実はストーリーはとってもシンプルなので、楽に楽しめてしまいます。

妖魔役のジョウ・シュンも、ペイロン役のヴィッキー・チャオも美しいし、
ドニ―・イエンのアクションはやっぱりとても綺麗だし、
初めて見たチェン・クンのオリエンタルなイケメンさにはびっくりだし、
(インド人と中国人のハーフなんですって!納得!)
実は音楽は日本人の藤原いくろうさんが手掛けていたりして、面白いな~と思いました。

そうそう、画皮って妖怪が人間に化ける時にかぶる皮のことを指すみたい!
英題だとペインテッド・スキンだって。なるほどねー
そして劇中でその皮をべろーんとはがすシーンがありまして、それがちょっとグロテスクで震えました・・・!ヒー

 

かなり人気だったみたいで映画も続編が製作されたり、ドラマも製作されたみたいなので、ちょっと興味あり!です。

 

 

 
画皮 あやかしの恋が見れるのは・・・

【香港・中国映画】新少林寺 の感想 エンディングの歌の歌詞が沁みる・・・ 

特別カンフー映画が好きという訳では無かったので、少林寺は見たことがありません。なので、もちろん「少林寺」という名前は聞いたことがあるけれど、それに関係する映画などは見たことがなく、この新少林寺が初めてでした。

Gyao!の無料配信で映画をチェックしていたらあったので、どんな感じかな~と見てみたら、アンディ・ラウにニコラス・ツェーになんとジャッキー・チェンまで!
有名な俳優さんが出ていて驚きました。
昔やってた少林寺ってそんなのだっけ!?と何の知識もないのでびっくりしたのですが、どんなものだろうと思って見てたらすっかり最後まで見てました。




 

もちろん少林拳の使い手が出て来るので、その修行風景などは美しいのですが、それ以上に人間の欲望について考えさせられる映画でした。

何かを手に入れると、今度はそれを失う不安に苛まれる
何かを手に入れても、もっともっとと欲望は強まり満足することはない
そしてすべてを失ったときに、何かを自分のものにすることなど出来ないのだと気づく

昔も今も人間は変わらず、その欲望に悩まされ続けているんだなあ。
昔からの教えや格言でも言われ続けているのに、それを本当に理解することの難しさを感じます。

最後のエンディングの歌は、アンディ・ラウが歌っているのですが、
エンドロールを見たら作詞もアンディ・ラウになっていたような気がします。
映画で言いたかったことがすべて詰まったような歌で、しみじみと聞き入ってしまいました。

アンディ・ラウが演じた浄覚は、最後は仏さまの手のひらで悟りを得たのでしょうか・・・
アンディ・ラウはどんな役を演じてもクオリティーを保つなあとその点は感心します。どうしてもちょっとアンディ・ラウって感じは出てしまうけど、この役は軍人から出家するまでの心の動きが良かったです。

ウー・ジンが演じた浄能もとても美しかった。
心も動きも美しい僧侶でした。

他の僧侶たちもとても美しかったです。
ストイックな美しさってあるんだなあ・・・
男の友情みたいなものにも心が揺さぶられてしまいます!

 

そして、ニコラス・ツェーも久々に見ましたが、相変わらず美しい・・・!

美しさは残忍さを際立たせますね。
残酷であればあるほど美しく見えてしまう・・・
そしてすべてを手に入れようとしてすべてを失う男を魅力的に演じていました。

 

しかし、カンフーのアクションはすごいだろうなとは思っていましたが、西洋の戦力による寺の破壊まであって、中国の悲しみを見たような気がしたのです。
侵略されて奪われる。
1対1の闘いから、銃や爆弾での戦闘に変わっていく時代を見て、闘いの意味まで変わってしまうという感覚を覚えたのでした。

時代が進んで、色々なものが開発されて文明が発達することは素晴らしいことで、それによって良くなっていくのだと思い込んでいたのですが、さて本当にそうなのかな?とこの映画を見て、そして最近の世の中を見て思うのです。

 

でも、祈り、というものはいつなんどきでも誰のものでも美しいものだと改めて思ったのでした。だから大丈夫なのかな、と。

 

 

新少林寺が見れるのは・・・