韓国ドラマを見ながらやっていること!ピンホールメガネで視力回復トレーニングと靴下あみあみ

ドラマを見ている時に手が空くので、見ながら色々とやっているのですが、
例えば、洗濯物をたたむとか、郵便物を開封するとか。

でも少し前に読んだ驚異の視力回復法という本で
視力回復にピンホールメガネがいいと書いてあったのを読んだので、
これはドラマを見ながらかけたらいいんじゃないか・・・と思いついた訳なんです。

で、これを買った!


>>>遠近兼用ピンホールメガネ(視力回復眼鏡)

 

かけてると笑われます・・・が、どうやらもう見慣れたようで何も言われなくなった(・∀・)

私は普段は裸眼で過ごしていますが、
でも近眼で0.1無いくらいなので、映画館で映画を見る時などはメガネは必須です。
お家でテレビを見る時もやっぱりメガネが必要。

でも、これをかけると字幕などもはっきり見えて、ビックリです。
とはいえ、視界は狭くなるので、歩く時にかけたままだと危険です。

なので、ドラマを見る時だけかけているのですが、
だいたいはこれをかけていれば見えるんですが、
時代劇など暗い画面が続くとちょっと見づらいかな・・・

実際に、視力がちょっと回復したかな~と思ったのは、こんな時!
電車で椅子に座っている時に、扉の上にある行き先表示の案内が
メガネをかけていないのに、あれ?結構はっきり見えるなあと感じたのです。

画期的に見えるようになったとは言えない気がしますが、
でも少し効果はあるような気がします!
個人差はあると思うんですけども・・・

なかなか気に入っているので続けたいと思います!



 

そして、画面を見ながら暇なので冬は主に編み物をしています。

だいたい靴下を編んでいますが、今年はマフラーも作りました~
模様を入れるとかは出来ないので、ただまっすぐ編むもの専門です。

母が一時期編み物に凝っていた時があって、毛糸をいっぱい買ったものの、
飽きてそのままになっていた毛糸を使ってせっせと編んでます。
(親子で飽きっぽいですからね・・・)

友人にあげると結構喜んでもらえるので、
どんどん旅だって行くので嬉しいんです。

 

毛糸の糸の太さも何も考えずにただ1つ持っている輪針で編んでますw

これの11号ですね。
もっとちゃんと習った方がいいのかな~とも思いつつ、
ちょっといい加減くらいが私には合っているようです。

 

でも、夏はさすがに編み物をする気にならないのですよね~
皆さんはドラマを見ながら何をやってらっしゃるんでしょう。

気になります~!