【韓国映画】渇き の感想 パク・チャヌク監督の独特の世界観が堪能できる心がザワザワする映画

この「渇き」は、パク・チャヌク監督の人間ではない存在の三部作のひとつだそうです。ちなみにあと二つは「サイボーグでも大丈夫」「イノセント・ガーデン」だそう。私が見たことのあるパク・チャヌク監督の作品は「オールドボーイ」のみなんですが、当時映画館で見て、あまりの衝撃に帰り道を茫然としながら自転車に乗って帰ったのを憶えています。暴力表現とかへの衝撃でなくて、復讐に至る理由になった愛の切なさの奔流みたいなものに飲み込まれてしまったんですよね・・・ 今でもはっきりと覚えてるので相当衝撃を受けたと思われます。

 

スポンサーリンク


 

そう考えるとやっぱりパク・チャヌク監督の作品は映画館で見た方が断然いいな!と思いました。この渇きは家で見ても集中して見ましたけれど、やっぱり堪能するには映画館だな・・・と改めて思いました。

独特の美意識とわざと場違いなシーンを差し込むようなところ、そして固定カメラじゃなくて手持ちカメラで画面ごと揺れるような撮影方法をしているシーンがあったりと、なんだか人の心を不安にさせて、観客の固定概念とか常識みたいなものを壊しガードを外した状態にして映画の世界に入り込ませるみたいな、そんな感じがします。だからやっぱりそれを全身で楽しむためには映画館で他の音や色をシャットアウトして見るのが良いんでしょうね~。

この映画もすごく良かった~とはっきりそう言える気持ちの良い感想ではなくて、心がとにかくザワザワする感じ。だから良かったとか素晴らしいとかじゃなくて印象に残る映画という感想がふさわしいのかな・・・と思うのでした。

まあ、色々なシーンが心に残ってるんですが、蛍光灯が煌々と光る部屋の中、身動きの出来ないキム・ヘスクの目だけがぐりぐりと動いている様子とか、夫を殺したもののその罪の意識からかソン・ガンホとキム・オクビンが見る水浸しの夫の幻想とか、ほらやっぱり思い出してもザワザワする・・・ 間違いなく心に何か楔を打ち込まれる感じがあるなあ。

ソン・ガンホは特別カッコいいという訳ではないと思うのに、その映画の世界に観客をいざなう力が本当にある俳優さんだなあと見る度に思います。どの作品のどの役でも確かにソン・ガンホなのだけど、ソン・ガンホではなく役の中の人だなと。キム・オクビンもバンパイアになってからの弾けっぷりが常軌を逸してて最高でした。

 

バンパイアが出て来るから、タイトルの「渇き」が意味するのは血が飲めなくて喉が渇いているという意味なのかと思ってたけれど、愛に飢えた心の渇きを描いていたような気がしました。見終わったあとにまたじわじわと来る感じです。

 

 

渇きが見れるのは・・・


【韓国映画】亀、走る の感想 ゆるいおじさん達がいい味出してます~

韓国映画には、こういう田舎のゆるい雰囲気を醸し出す映画で結構いいのがあるな~という印象があります。この「亀、走る」もそのひとつ。

 

スポンサーリンク


 

しかし、出て来る警察もヤクザも武術の先生もみんなゆるい。しかし、そんな人たちが一生懸命になって食らいついていくのがとてもコミカルに描かれていて、面白くもちょっとグッときちゃったりもします。

冴えない刑事のキム・ユンソク演じるピルソンが、一発逆転を狙って妻の貯金を無断で闘牛大会で賭けたらなんと大当たり。しかし大喜びもつかの間で脱走犯のチョン・ギョンホ演じるソン・ギテに奪われてしまい・・・。お金と父としての威厳を取り戻すためにソン・ギテを追いかけるというストーリー。

いや~キム・ユンソクの中年おじさんっぷりが見事でいい味出してるんですよねえ。こういうのは一朝一夕で出せるモノじゃないなあ。一応、警察なんだけど、体もたるんでるし闘っても弱いし、チンピラヤクザとつるんでるのが田舎感あるし、そのチンピラたちもお間抜けだし、のどかな風景と相まって余計に気が抜けちゃう。

でもそんな田舎ののろまな亀たちが犯人を捕まえるために必死で走るっていうのがタイトルの意味なのかな!

英語のタイトルがturtles runもしくはrunning turtleみたいだったので、ここで勝手に深読みした私は、英語のturtleって亀もだけどすっぽんも含むから喰らいついて離さないって意味で韓国タイトルはすっぽんの方なの!?と思ってわざわざ映画を最初からもう一度見て確認したら、「亀」の方で良かったです。韓国語も日本語と同じで亀とすっぽんは違う単語なので、のろまな亀たちを表してるタイトルと受け止めて良いようです。でも調べてすっきりした。

でもそんなことを考えてしまうくらい、最後の戦いでピルソンはギテに殴られてもやられても何度も立ち上がって向かっていくのですよ・・・ で、うさん臭い武術の先生に教えてもらった急所を狙う方法がやっと役に立ってなんとか倒すことができるのでした!

ちょっと不満があるとすれば、チョン・ギョンホが伝説になるほどすんごい強い凶悪犯には全く見えなかったことかなあ。もっとしっかりしたアクションシーンが欲しかったという訳では無いですけど、もっと極端に面白いくらい強く見えるようにした方が良かったのでは無いでしょうか?最後の1対1の戦いもイマイチ互角感があって、つまらない。ピルソンが最初にもっとボコボコにされて、でも何かをきっかけに起死回生の急所を狙う一発!みたいなメリハリのあるアクションだったら良かったなーとそれだけ。

めっちゃ気の強いピルソンの奥さんの存在もピリっと効いてたし、そうやって尻に敷かれてても愛してるよのメッセージが描かれてたり、最後に子どもに見せられたお父さんの威厳とか、結構心のツボを押さえたストーリーで、なかなか面白かったです!

 

亀、走るが見れるのは・・・

【韓国映画】マイPSパートナー の感想 チソンとキム・アジュンの声が魅力的な映画

ドラマはそんなことを考えずに見ていますが、映画は時間が限られていることもあって、起承転結のそれぞれが明確に分かるので、これが起承転結の起の部分だなとか思いながら見てしまいます。

 

スポンサーリンク


 

このマイPSパートナーは、始まりにあたる起の部分の二人の出会いが、ちょっと過激。キム・アジュン演じるユンジョンのチソン演じるヒョンスンへの間違い電話から始まる二人の関係。ユンジョンは彼氏にかけていると思ってその間違い電話の相手を誘惑してしまうんだから、その間違い電話の相手がチソンみたいにかっこいい相手で良かったよね・・・!と思わずにいられません!笑 本当の変態にかかってたらどうするんだ~!!!!

まあそこは映画ですから、そんなこんなでその間違い電話がきっかけで色々と心の内をさらけ出して話せる相手となり、実際に合うことになり、恋をするんですが、それぞれに元カノや今カレがいて・・・という内容。

そんなこんなで、チソンが出てるから~という軽い気持ちで見始めたら、タイトルのPSがいわゆる後書きという意味のPOST SCRIPTではなくて、PHONE SEXの意味だったと気づくのでした。

この映画の中でのチソンは、作曲家を目指す青年。普通な感じが素敵。そして、電話が小道具に使われているためか、改めてチソンの声が素敵なことに気づきます。ちょっとセクシーなシーンもありますが、それよりも「声」に注目してしまった!
ギターを弾いている姿もなかなかいい感じ。

しかし、音楽好きとしては、ギターを壊すシーンはお芝居の中のことだと思っても胸が苦しくなるのですよ・・・ 私にはギターの悲鳴が聞こえた(T_T)

キム・アジュンも恋や結婚に悩む年頃の女性を等身大で演じてる感じ。下着姿も出て来るけど、綺麗でキュート。足が長くて細い!!!
彼女の声もとても良くて、最後の起承転結の結にあたるラジオのシーンの歌はとても良かったなあ。電話で出会った二人は、最後も電話で通じ合うのです。

しかし、映画やドラマの中では1年とか数年たった後もお互いに思い続けてるという内容が当たり前のように描かれるけど、現実ではなかなかそうもいかないよな・・・なんてことを思ってしまうのでした。

 

韓国ドラマではだいたい出会いの部分が自転車でぶつかって罵りあって喧嘩別れして印象最悪なのに再会して恋に落ちるってパターンみたいなのが多いですけども、この映画はその出会いの部分にエッチな出会いを設定してあるのが、珍しくて面白いです。そういう部分が注目されてしまいそうだけど、主役の二人のやり取りは普通の恋人たちの心情が等身大で表現されてて共感できそう。

そういえばチソンの元カノ役でシン・ソユルが出て来るんですが、彼女がなぜか大胆な露出に挑戦しています。あんまりそこ必要性を感じないんだけど・・・と思いつつイメチェンしたいんかな、と斜めな感想をいだいたのであった。

 

マイPSパートナーが見れるのは・・・

【韓国映画】ただ君だけ の感想 主役二人がとても良い!そしてカッコいいソ・ジソプが堪能できる~

良い。とてもカッコ良いソ・ジソプが見れる映画です。
目の見えない女、元ボクサー男、とそんな孤独な二人が出会ったら、男が命落として角膜を女にあげることになるとかなんじゃないの!!?という予想は良い意味で裏切られたので、ホッとしました。

 

スポンサーリンク


 

ハン・ヒョジュは今まで「良い」とは思ったことはあるのですが、「すごく良い」とは思ったことが無いんです。でもこの映画の彼女は薄いお化粧で、飾らない感じが素敵でした。目の見えないのも必死で生きているところもとても伝わってきたというか、そんな感じの演技でした。

ソ・ジソプを「あじょし」と呼ぶちょっと舌足らずな声が良かった。甘いけど、媚びは含まれてないのです。そして目が見えないことで卑屈にはならずに気丈に振る舞う姿はチョルミンでなくても心動かされてしまうかも。

「初めて声を聞いた時にいい人だと分かった」とジョンファがチョルミンに言うセリフが好き。人間の中身なんて隠せるものではなくて、きっとそんな風に表に表れてしまうもの。目が見えないからこそ、更に研ぎ澄まされた聴覚でそれをちゃんと感じ取るジョンファ。

ジョンファを愛し始めてからは圧倒的に純粋なまっすぐさで彼女を愛し守ろうとするチョルミン。ドラマをたくさん見て、いっぱいいい俳優さんがいるなあと思ってはいるんですけど、私にとってソ・ジソプってやっぱりちょっと特別かも。本当のご本人がどんな人が知りたいとかは無いんですけど、ドラマとか映画の中のソ・ジソプの表情って他の誰とも違って、本当に目が離せません。この映画でも、ジョンファを見る目、ちょっとした心の揺れなど、その表情のひとつひとつが魅力的です!!!!(力入った・・・)

賭博格闘技の試合の場面などもあり、結構暴力的なところもあるんで、苦手な方は要注意ですが、そこはまあ、生きるか死ぬかの迫力まではないかな・・・ 試合はやや予定調和感がありますが、でもなかなか激しいです。しかし、彼は体の使い方がうまいのだと思う。怪我をした時の体の動かし方などもかなりリアルで、完全に全身で演技をしていると思う!そんなところにも目を奪われます。

盲導犬にとチョルミンがあげたゴールデンレトリーバーが最後にはちょっとしたキーになったりもして、うまくまとめられてます。風景や犬などのそういう癒しの部分と、激しい闘いの部分と対比も描かれていたり、実は二人の関係には因縁があったりして切ないんだけど、でも二人の愛が暖かくてほっとしたり。

脇役陣もよく見る顔がたくさんのベテランで、安心感があります。主役の二人の演技も良いので、見て損はないかな!と思いました~

 

ただ君だけが見れるのは・・・




 

【韓国映画】彼女を信じないでください の感想 嘘に巻き込まれていく二人が絶妙なのです!

この『彼女を信じないでください』は、カン・ドンウォンが出てるから見てみよう~くらいの軽い気持ちで見たらすごく良かった映画でした。
大きな事件が起きるわけでも無いのだけど、何気ない日常の中の人々や家族の姿がとても美しく描き出されています。

 

スポンサーリンク

 

ストーリーは、詐欺罪で捕まったキム・ハヌル演じるヨンジュが釈放になって姉の結婚式に向かう電車の中でカン・ドンウォン演じるヒチョル向かいに座ることになるんです。ヒチョルが大事な指輪を居眠りしているヨンジュの足の下に落とし、拾おうとして痴漢に間違われるというところから始まります。指輪は一応ヒチョルの手元に戻るものの、今度は彼のポケットからスリに指輪をすられたのに気づいたヨンジュが下車してスリから取り戻すものの、電車は発車してしまい、カバンが置き去りに。カバンを取り戻しにヒチョルの住むヨンガンに向かうのですが、仮釈放中のヨンジュは指輪を盗んだと思われたら困るので自分が彼の婚約者だとついた嘘がどんどん大きくなってしまい、彼女は家族全員からヨンジュの婚約相手と誤解されることに・・・と言った感じ。

本物の恋人に釜山にプロポーズに行ったのに呼び戻され、真実を言っているのに家族に信じてもらえなくてにっちもさっちもいかなくなるヒチョル。
カン・ドンウォンはどんな役を演じてもその役柄の人に見えるなあ。
田舎の素朴な青年にしか見えませんでした。困り果てる姿がおもしろおかしいです。

そしてビックリしたのはキム・ハヌルでした。彼女が演じたヨンジュは詐欺をして捕まっているくらいですから嘘つきの達人なんですが、その演技がすごく上手。
考えてみたら、私がキム・ハヌルの演技を見たのは紳士の品格でのみ。あのドラマでは私には演技がうまいのやらどうなのか分からなかったのですが、この映画では凄いと思いました。派手な喜怒哀楽があるストーリーではないだけに余計にそう思いました。嘘をついていてもどこかちょっとキュートで優しい。いつの間にか彼女の気持ちに寄り添ってしまう感じ。

2004年の映画なので、ちょっと古い感じの映像や、ヨンガンの美しい風景や大家族の姿も郷愁を誘います。最後のハッピーエンドも美しくまとめられていて、見て良かったなあと思える映画でした。良かったなあという気持ちがじわ~と染み渡る感じです!

 

彼女を信じないでくださいが見れるのは・・・