【韓国映画】映画は映画だ の感想 ソ・ジソプの眼差しを思い切り堪能出来る映画なのです。

最近は、韓国ドラマに関しては沢山ドラマを見ていく過程で全体的になんとなくどんなドラマがあるかがちょっと分かるようになってきたところなんですが、韓国映画に関してはあまり見ていないので、知るきっかけとなるとっかかりがありません。もちろん好きな俳優さんが出てるのは見たいな~という気持ちはあるのですが、今のところそこまで手が回ってない^^;

なので、限られた本数から選ぶのが分かりやすいので、Gyao!で無料配信している映画で気になるのが無いかな~とたまにパトロールするのですが、そうしたらソ・ジソプが出ている「映画は映画だ」があるではありませんか!

これは見るしかありません~

 

スポンサーリンク

 

ソ・ジソプは、どんな貧乏でもお金持ちでもチンピラでも社長でもどれも素晴らしく演じてくれる俳優さん(だと私は思っている!)ですが、この映画ではその中でもはまり役と言えるヤクザを演じています。
黒いスーツと髭と鋭い眼光にゾクゾクします。ひー
いるだけでその存在感がすごい。

映画俳優役のカン・ジファンとひょんなことから映画に出ることになるヤクザ役のソ・ジソプのダブル主役という体で、最後の喧嘩のシーンも2人の姿に圧倒されるのだけれど、やっぱり役柄的にも完全に悲劇を背負っているガンペの方に肩入れしてしまう。最後のソ・ジソプ演じるガンペの眼差しはあまりにも印象的で夢に出て来そうでした。

映画は映画だ、そしてこれが俺の現実の世界だと突きつけられるような、自分自身に突き付けているような、なんとも言えない気分になるラストでした。

 

衣装のスーツも黒、会長と打つ碁の石もあくまでも黒なガンペに対し、スタは白をまといますが、光が無いと闇が無い訳で対称的な2人は全く違うようでいて、どこかそこまで完全に違うとも言い切れないような部分がそのせいで余計に際立つような気もします。

映画の中で映画を撮影、とかわざと色を対象的にするとかが少し皮肉っぽく感じて、そこは面白いな、と思ったり。

 

ただ、ちょっとだけ気になったのは、主役の男性二人のシーンに関しては、喧嘩や関わりにかなりこだわり気を使って撮影をしていると思ったのですが、女性と彼らのシーンが細やかでなくちょっと雑というか美しく見えないというかそんな気がしてしまったんですよね。あくまでもなんとなくなんですけども。

そして調べていたら、監督のチャン・フンは以前に見た義兄弟の監督でもあったみたいなんですよね。その映画もカン・ドンウォンとソン・ガンホの男性2人が主役なので、あーなるほどと思ったのが、男同士の友情や関係性などそういうのを描くのに重きを置いている監督なのかもしれないな・・・と思ったのです。だからどうしても男性同志のシーンに力が入って、それ以外はそこまで・・・って感じなのかもとなんとなく。
私なども男たちの挽歌の影響を受けているからなのか、そういう男同士の絆ものには弱いので、なるほど納得、気持ちは分かるんですけどね。とはいえ、美は細部に宿ると私は思ってたりするのでもったいない気持ちが少し。

 

最高!という訳ではないけれど、見応えがある部分もあって嫌いじゃないです。
ヤクザの兄弟分と映画ごっこをしようぜと殴り合いのフリをしている時のガンペの無邪気な表情のシーンとか、思い返してみると後から少しずつ胸が切なくなるような余韻が残る映画のような気がして来るのでした。

 

 

映画は映画だが見れるのは・・・



 

【韓国映画】コードネーム:ジャッカル の感想 言葉がもっと分かればブラックジョークの部分とかもっと楽しめるのかな??

最近、あまり時間が無くて韓国ドラマを見られていません(^-^;
なので、続きものを見始めるのに抵抗があって、でも少し時間があるな~と言う時はドラマじゃなくて映画を見ることが多いです。

とはいえ、視聴中のものは沢山あって、伝説の魔女、ハイキック、パリの恋人、火の鳥、1%の奇跡(新しい方)、ホン・ギルドン、スターの恋人などなど。
全部途中なんですよねえ・・・w
でも最後まで一気に見てしまいたいって気分になるドラマは無いので、週1回のGyao!の更新ペースくらいでちょうどいい感じです。

そんな感じの最近ですが、では映画どれを見ようかなと思って決めたのが、コードネーム:ジャッカルです。
ジェジュンが出てるしと思って適当に決めました。
今まで見たジェジュンが出ているドラマ(というかその中のジェジュンの演技が)わりと好印象なので、どうかな~?と思って。
ボスを守れしか見たことないですが、切ない片思いしてる時が彼はいいですね。




さて、この映画はどうだったかというと・・・
う~ん・・・
っていうのが正直なところ。

最終的に「ジャッカルという名前の殺し屋は誰でしょう?」っていうのが鍵なんだろうけれど、その種明かしをされた時に、あ~!っていう気分になるよりも矛盾点に気が行ってしまうようなそんなつくりなんですよね。
伏線もあると言えばあるけれど、ご都合主義やな・・・とそんな気分になります。

でもまあ、ブラックジョークやブラックユーモアとかちょっと下世話なネタとかをいっぱいしこんであったり、脇役陣はかなり豪華なので面白く無い事も無いのですけど、映画という短い時間に色んなものを詰め込み過ぎて焦点がぶれていて、もっとカットすればよかったのになと思う部分もたくさん。
ホテルのフロントの人のエピソードはそこまでいらなかったな、とか。
ブラックジョークの部分はもっと韓国語自体の言葉の綾が分かればもっと面白いんだろうな~とは思いますが!

ジェジュンは体当たりの演技なんだろうけど、主役としてはやや影が薄く、
ソン・ジヒョは魅力的な殺し屋という観点からは残念感が漂います。
なんかわちゃわちゃした映画って感じ。
で、結局この二人はお互いにどんな感情を持って終わったってことになったのか私にはよくわかりませんでした。興味も沸かなかったので、ふ~んみたいな気分w

 

あ、そうだなあ凄いなあと思ったのは、アイドルのパトロンみたいな役のキム・ソンリョンとジェジュンのキスかな。
若いアイドルと年上のパトロンって感じがにじみ出てて、ああこんな世界が本当に芸能界でありそうだな、ってなことを思いました!
と言ってもキム・ソンリョンが綺麗だから絵になりますけどね!

 

コードネーム:ジャッカルが見れるのは・・・



【韓国映画】男子取扱説明書 の感想 面白いけど根底に流れる思考にはモヤっとする

男子取扱説明書を見ましたー!

何も考えずに見ればとても楽しめる映画だと思います。
イ・シヨンもオ・ジョンセもどちらかというと好きな俳優さんだし、
パク・ヨンギュも怪しい博士役でうさん臭さがいい味出してるし、
テンポも悪くないので、ワハハと笑っていられると思います。




でも、面白いんだけどな・・・なんかな・・・というモヤっとした気持ちが残るのも事実です。

モテたいとか結婚したいという女の子が主役でそういう男子取扱説明書を手に入れてそれを実践して、男性をゲットなら素直に見れたのかもしれないんです。

でもこのドラマは仕事の現場という男性社会での女性への差別も一緒くたになっているので、その社会でうまくやるには男性に媚を売らないといけない・・・ということを前提に描かれているような気がして、恋愛部分だけを取り上げた男子取扱説明書なら楽しめたかもしれないけど、仕事など社会での女性への圧力を完全に笑い飛ばせるほどの描き方はされていないので、おや?という気持ちになります。

あまりにも当たり前として描かれている部分に社会の暗部を見るようなそんな気持ちになってしまう映画でした。
お洒落や綺麗にするのは素敵なことだけど、男性のためにっていうよりも自分が気分よくいるためにしたいですね。

最後にイ・シヨンがドレス姿で出て来て綺麗になって彼氏も出来てハッピー、素晴らしいって描かれているところが余計に逆説的になんだかヤバイっていう気持ちになりました。

ま、私がひねくれているだけなんですけどねー^^;
ワハハ

 

男子取扱説明書が見れるのは・・・

【韓国映画】リターン の感想 犯人が最後まで分からないサスペンス!

キム・ミョンミンが出ているファム・ファタールをこの間見たのですが、どうやら彼が出演している映画がもう一つGyao!で配信されているのを見つけたので、またまた見てみました。キム・ミョンミンは映画に向いてる役者さんと思うし!

タイトルは『リターン』ということで内容についての予備知識は全く無しで見たのですが、ジャンルとしてはサスベンススリラーって感じです。

どんでん返しにつぐどんでん返しです。
始めに断片をたくさん見せられているのですが、最後にやっと繋がります。
でも最後に犯人が分かっても悲しい結末であることには変わりなくてちょっと切ないです。




 

出て来る人、出て来る人が少しずつ怪しいので、誰がサンウか分からないんですよね。
そして、根本的に常人の考え方では復讐の意味が分からない部分もあるので、その辺りがまた背筋が冷えて怖いです。
理解できない部分がある人には恐怖を覚えてしまうものなんだなあ、と思ったり。

キム・ミョンミン演じるジェウの妻に対する愛情深さが素敵なので、だからこそ妻を亡くした理由が分かった時の悲しみはあまりにも深く、心に刻まれます。
彼の悲しむ様は見ているのが辛いくらい。

考えてみれば、キム・ミョンミンの演技も良いのはもちろんですが、他の役者さんもそれぞれの役にぴったりで違和感が全くありません。
だからかな?最初はバラバラのピースで見せられていた内容が繋がっていく時に、どんどん引き込まれて、後半はかなり見入ってしまいました。

 

『リターン』というタイトルの意味は、催眠術で封じ込められた子どもの頃のPTSDが原因で残忍になったサンウという人格が、あるきっかけで戻って来たことなのかな?
サンウという人格の帰還。

ちりばめられたパーツがきちんとはまっていく練られた内容の映画でした!
でも、切ないなあという後味が残ってしまうのでした・・・

 

リターンが見れるのは・・・

【韓国映画】ファム・ファタール の感想 キム・ミョンミンとシム・ジホがカッコいいのでそこは満足!

映画のファム・ファタールを見ました!
ソン・イェジンの悪女役が話題の映画みたいなんですが、
もちろん私の目当てはキム・ミョンミンさま~

今回は刑事役なんだけど、なになに悪女に翻弄されちゃうの!?
ってそこを楽しみにしていました。

まあ結論から言えば、ソン・イェジンは濃いメイクも似合ってお綺麗ではあるんだけど、悪女というにはやや弱い感じがしますね。
大きな口は叩くんだけど、肝が据わってなくてやや弱々しいので、求心力に欠けるヒロインではあります。
原題だと無防備都市とかそんな感じで、英題でもopen cityとかなのですよ。
日本語のタイトルだけいきなり『ファム・ファタール』となっちゃうんだけど、そのタイトルでイメージされる映画のつもりで見ると悪女っぷりに物足りなさが残ってしまいます。

悪女っぷりを描いたというよりは、結局は復讐ものかなって感じなのですよね。
だから、もっと他の登場人物もそれぞれフューチャーされている感じです。
あとはアクションも見どころって感じなのでしょうかね?

でもそれなりに見どころも沢山あったので、内容の散漫な部分はあったけど、私はまあ楽しめました。




 

なんといっても私の目当てはキム・ミョンミンさまですからね!
そういう意味では超良かった!

考えて見たら、今までベートーベンウィルス弁護士の資格しか見たことが無いので、彼のキスシーンは見たことなかったな~と。
このドラマではファム・ファタールに翻弄される役ですからね、ありますよね。
お堅く見えるタイプの人が演じたらどんなんなんだろうと思って見たら、ギャーってなりましたw

キス自体と言うより、惹かれてはいけないと思っているのに、誘惑されて、ダメだと自分の中で抗っている時の表情がね・・・と、とてもいいです。
ま、結局、誘惑に負ける、と。

その表情が好き過ぎてギャーって言いました!笑
もう、この映画、この伏し目がちな顔を見れただけで良かったですw

 

そして、もう一人、シム・ジホがとてもカッコ良かったです。
超強いナイフ使いなんですけども、残忍さが似合う冷たい表情が良いです!

しかし、彼のことを初めて見たわ~と思ったら、なんと私が挫折したカラー・オブ・ウーマンに出てるじゃないですか!
あ~ あの主人公の良い友達的なチャンジン役の人!
いやー全く同じ人に見えないです。全然気づきませんでした。

ドラマではカッコイイと思わなかったのに、この映画では超カッコいいです。
こういうちょっと個性的な役の方が似合うような気がします。
普通の良い人を演じるとなんだか特徴の無い人に見えてしまうのかも。

 

まあ最初の大阪のシーンでは、そんなことが起こったら、大阪人はもっとワイワイ大変やで、とか、お~い!と言いたい部分もままある映画ではありますが、キム・ミョンミンとシム・ジホを見るだけでも満足したので、私的には見て良かった映画でした!

 

ファム・ファタールが見れるのは・・・