【韓国ドラマ】スパイ~愛を守るもの~ の感想 右を向いても左を向いてもスパイだらけ・・・

Gyao!で週に1話ずつ配信されていたスパイを見終わりました!
考えて見たらスパイが出て来てドキドキする展開のはずなのに先を急いで見ようという気にはならなかったな・・・う~ん

それにしても、登場人物はほとんどスパイって感じの右を向いても左を向いてもスパイ、石を投げたらスパイに当たる状態だったんで、なんだか反対に緊張感が無かったかもな~。スパイだらけ過ぎて現実味が無くて。

でも、韓国ドラマで描かれていることが現実ではないことだと思ってたら、ナッツリターン事件とかで本当のことだったりもするから、もしかしたら現実でも其処ら中にスパイがいるのもかもしれない・・・という妄想が止まりません!ワハハ



 

ジェジュンは意外とどんな役を演じても違和感が無いな~という印象です。
もしかして演技がうまいのかもな~とそんなことを思いました。
コ・ソンヒとの相性も良い感じだなと思いました。

お母さん役のペ・ジョンオクはいまいち俊敏な感じが無くて、引退したにしてもスパイ感は無かったかな。
ユ・オソンはここでも人情味のある悪役って感じでしたね。
ただの冷酷な悪人じゃなくてシンイの時みたいに感情のある人の役が多いし似合いますね。嫌いじゃない~

 

全体としては、面白くないことも無いけど、すごく面白い訳でもないって感じ。
最後に正官庄の高麗人参の宣伝があからさまで面白くて笑ってしまったw

それにしても、敵側は1発でも撃たれたらだいたい死ぬのに、味方側はかなり撃たれてもだいたい助かるし、みんなやたらと裏切るしなんだかなあって思いました!

最後にまたソヌはスパイに戻っちゃいそうだけど、あれだけ家族が危機に瀕したのに懲りずにまたっていうのがちょっとビックリかな。
それなのに邦題の愛を守るものっていうサブタイトルはちょっと・・・と思いますよお!笑

 

 

 

 

このドラマが見れるのは・・・