【韓国ドラマ】その冬、風が吹く の感想2 最後の場面はハッピーエンドなのかそれとも?

一度見たときは、確かにハッピーエンドだと感じた『その冬、風が吹く』のラストシーンですが、
実はちょっと違和感もあったので、ラストシーンをもう一度見直してみることにしたのです。

本当はあれは夢とかファンタジーだったのかも?

サクラ並木の中の横を歩くオ・ヨンのそばを自転車で通り過ぎたのは、
オ・スに見えたのだけど、画面全体がソフトフォーカスがかかっていて、
現実なのか幻なのか区別がつかない・・・

fuyukaze-2

そして、ジンソンとヒソンが、オ・スのところにまたお花を持って行かなくっちゃと話している。
何がいいかな?
ラムズイヤーかな・・・?

ここで、思う。
お花を手向けるってことは、オ・スはあの時にジンソンに刺されて、
やっぱり死んじゃったんだろうって。

でも二人の表情からはオ・スがどうなったのかははっきりとは分からない。
あとは、もし死んじゃってたらジンソンは殺人で捕まっているのかなとも思ったり。
そうではなくて、日常の平和な一コマに見える。

fuyukaze-3

毎日通っているカフェに到着するオ・ヨン
ベランダの席に案内されると、ハーブティーを出してくれたのは、オ・スなのか?

話をする二人
オ・ヨンが座る席のテーブルに置いてある花籠にはラムズイヤーも入っている

fuyukaze-4

視覚障害者は初めてですか?
いえ、以前とても愛した女性が視覚障害者でした・・・

fuyukaze-5

そして実は、顔を隠していたけれど、半年前からここにいたというオ・ス
オ・ヨンはどうやら少し視力を回復している?

fuyukaze

ぼんやりとした視界から、だんだんとクリアになるオ・スの表情

fuyukaze-6

彼女は見えなくても、全身で愛を伝えてくれました・・・と

fuyukaze-1

そして、美しい桜の木の下での二人のキスシーンで終わる物語・・・

 




確かに一度見たときは、二人とも生きていてああ良かったと思ったのです。
それが、きっと悲恋で終わるに違いないと思い込みながら見ていた私にとって、
救いになるハッピーエンドだったから、そう思いたかったんだと思う。

でも、なんとなくふと、本当にそうだったのかな・・・って思い出したのでした。

多分どちらにも取れるようにわざと曖昧に作っているけれど、
実はもうオ・スはあの刺された時に死んでいたのかなって私は思って来ました。
そして、この日はオ・ヨンも亡くなったんじゃないかしら・・・と。

どう考えても成功するような脳の手術では無かったような気がして、
今まで死んではいなかったけど、この日にとうとう死んでしまって、
だからあんな風に見えるようになっていて、
それで二人はやっと会えて、そしてキスをしたのかしらなんて。

あまりにも美しい桜並木がこの世とは思えなくて、
そんな終わりだったのかもしれないと思ったのです。

二人とももうこの世にいないのなら、それももしかしたらハッピーエンドであるかもしれない。
それとも本当は二人とも生きているのかもしれない。
オ・スだけがこの世の人ではなく、オ・ヨンにだけ見えているのかもしれない。
これはきっと見る人の心の中にあるものの投影としてラストシーンの意味を受け取るような、
そんな終わりを見せてくれたドラマなのでしょうか・・・?

チョ・インソンとソン・ヘギョのふたりの耳当たりの良い声が、
更に現実感を失わせるとても美しいラストシーンでした。

 
その冬、風が吹くが見れるのは・・・



【韓国ドラマ】その冬、風が吹く の感想 映像がとても美しくてステキ

sonofuyu

まずは、タイトルの「その冬、風が吹く」が印象的!
もうタイトルだけで、ぐっと引き寄せる力があるなあって感じ。
ドラマを見てなくても覚えそうです。
そして、私も見たことは無かったけど、タイトルは知ってたのですよね。

このタイトルの感じが、何かに似てると思ったら、
大丈夫、愛だ」なんですが、そしたら同じ脚本家さんでした。
この方は台詞だけでなく、すみずみまで気を使ってドラマを作りあげてる気がしましたね・・・

ちなみに、私が、このドラマのタイトルを知っていたのに、
なんとなく見る気にならなかったのは、悲恋ものでお涙頂戴ものに違いないと思い込んでいたので、哀しいのイヤーーっと思ってたのと、
チョ・インソンが上の画像を見る限りではカッコよく見えないので、
(ほら顔も長いし、おひげも気になるし)
私が見たいドラマというざるの目をするっと落ちてひっかりもしなかったのです。

でも、大丈夫、愛だで、チョ・インソンは動くとカッコよく見えるゾ!ってのと、
演技はなかなか好きだな~と思ったので、急に興味が沸いてきたのでした。




そして、このドラマでも、揺れる瞳の演技が凄いんですよね・・・
じっと見つめる強い光を持つ目と、揺れる瞳をしっかり使い分けていて、
もうそれだけで、こっちまで感情移入してしまう感じ。

例えば、パクシネちゃんとかも揺れる瞳が印象的な女優さんだけど、
彼女は絶えまなく揺れているタイプなので、あまり好きではありません。
女性としてのあの瞳はとても魅力的だと思うけど、演技としてはいまいちだな・・・と思ってます。
隣のイケメンの引きこもり役とかの時はいいんですけど・・・ね!

だから、チョ・インソンはちゃんと使い分けているから、ぐっと引き込まれる!
なんだか、瞳の奥にある悲しみとか一筋縄でいかない感じが魅力的なのかな・・・
カッコイイとかじゃないんですけど、気になる俳優さんの上位に上がってきた!

そして考えてみたら、ソン・ヘギョが出てるドラマを見るのは初めてでした。
白い~お肌つるつる~ 目が見えない役もとても似合ってましたね。
唇の形が独特で魅力的だなあって思ったのと、
塗ってた口紅の色が珊瑚色?みたいなので、とても素敵だったんだな~
でもあの色はお肌が白くないと似合わないので、真似して買ったりしません!!!w

 

しかし、最後は絶対に悲劇なんだと思い込んでいたのですが・・・違った!
最後の最後まで一体どうなっちゃうのかと思ってましたが、
寝覚めの良い感じ(笑)の終わり方で良かったなあって思いました。

タイトルに入ってる「冬」の光景がとても効果的に使われていて、とても綺麗だったです。
凍った木が風で揺れて乾いた音がするシーンとか、
ソン・ヘギョのお家のシーンも綺麗だったなあ・・・
あ、あの家はフルハウスでも撮影に使われてたお家ですよね?ドラマでよく出てきますね。

チョ・インソンのスタイルの良さも風景の一つとしてキレイだったし!

しかし、ほんとーにほんとーにあんな雪の中での撮影は大変だっただろうなあと思いますが、
その甲斐があって、本当に美しい・・・!

だからこそ、冬の次の春の桜が咲き乱れる最後が効果的でした。
胸がいっぱいになるね!

 


 

ムチョル役のキム・テウが印象的で凄い良かったなあ。
あと、秘書役のペ・ジョンオクも。
「愛しているんだけど、失明させる」というところで、
設定はかなり違うけど、風の丘を越えて/西便制を思い出しました。
これはパンソリという伝統的な歌をうたうために恨の感情が足りないと、
お父さんが娘を失明させて、自分を恨むことで芸の道を極めさせようとするんです。
多分、初めて見た韓国映画がこれで、すごい衝撃を受けたのを覚えています。

色々な愛があるんですよね。愛じゃなくて執着とかかもしれないけど。
ともかく、主役はもちろん、脇役もみんなが単純な人間としてではなくて、
ちゃんとそれぞれの感情がある人間として書かれていて、丁寧だなあと。

 

ちょっと気になった部分は、キム・ボムのジンソンの義理堅さを丁寧に描いてた割りには、
最後の裏切りの時の心の揺れの部分は描写が甘くて、残念だったのと、
応答せよ!1997のウンジは好きだったけど、いつもキャラが同じ感じように思えてしまうので、
演技なのか素なのか分からず、全体的にちょっと浮いてた気がして残念だったかな・・・

 

でも、とても良いドラマで、いい感じでその世界感に浸らせてくれます。
もう一回くらい細かいところまで見たい気がするくらい良かったです。

 

さて、ここまで来たら、次はバリでの出来事を見るべきでしょうか・・・
ジソプ、インソンの苦手意識が全くなくなったむしろ好きになった今こそかな・・・
しかし、ファッション王に似てると聞くと途端に見たくなくなるのでした。
どうしようかな~

 

その冬、風が吹くが見れるのは・・・