【台湾映画】海角七号 君想う、国境の南 の感想 人々の思いが詰まったとても素敵な映画

最近見た台湾ドラマが思いのほか良かったのが続いているので、その勢いで台湾映画まで見てしまいました!

「海角七号 君想う、国境の南」というタイトルは聞いたことがあったし、確か台湾でヒットしたと聞いたような記憶もあったので見てみましたよ~

そう今Gyao!で無料配信されているので興味のある方は今のうちに~!




 

60年前の手紙が軸となって、台湾人と日本人の昔と今の恋の物語が紡がれて行きますが、じわりじわりと胸に沁みる、そんな感じの映画でした。

台湾であった日本統治時代、そして戦後に別れるしかなかった二人。
一人日本に帰る青年が書いた台湾に残してきた恋人に宛てた手紙。
どうしても戦争の頃のことを考えると、日本人としては心が痛くて、今の自分がその歴史を変えることが出来る訳ではないけれど苦しい気持ちがどこかにあります。
その時代のことも描いているけれど、この映画は全般的に人に向ける視点がとても優しくて、言ってみれば罪を憎んで人を憎まずという感じを受けました。

少し距離を置いて淡々と描いている気がするので、
その辺りは見る側にゆだねられているところがあるような気がします。

ベースは恋愛ものなんですが、現在の台湾の若者の地方離れとか、少数民族への差別とかそういう問題も取り入れていたりもします。
夢破れたり、傷ついた人たちがたくさん出て来るけれど、描き方がとても優しくて、それぞれの個性がきちんと描かれていてとても素敵だったんです。

 

そういえば出演者に、長澤まさみちゃんが出てたドラマのショコラの出演者が何人か!
元組長役の馬如龍と、その手下役の應蔚民!
そして監督の北村豊春もちょっとだけ出てた~

あと主役で出てた日本人の田中千恵はメイクアップアーティストのトニータナカの娘さんなんだって!
ワールドワイドに頑張ってるんだな~
酔っ払った時の不安を吐露するところの演技が心に残りました・・・!

 

見た後にまたじわりじわりと色んなことを考えてしまう、
そんな余韻が残る感じが素敵な映画です。
派手な事件を描いている映画ではないのだけど、それぞれの登場人物が生き生きしていて心に残る映画になりそうです!

 

海角七号 君想う、国境の南が見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す