【韓国ドラマ】 また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜 の感想 君がくれる本当の声で名前を呼んで欲しい

一時期、10本分以上も感想を溜めこんでいたんですが、やっとあと2本というところまで来ましたよ!ああ、嬉しい!

さて、また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜を見終わったんですが、ちょっとこれまたサブタイトルの「未来」と書いて「ジカン」と読ませる感じに非常に抵抗があるんですけど、これってダサくない!?ちょっとひと昔前の歌謡曲風に思うんですけど、何故こうなるんだろう・・・ 謎。ドラマの内容がとても良かったから余計にそういうのを残念に思ってしまいます。

 

スポンサーリンク


 

このドラマを見始めてみると、なんだか既視感があって、その理由を考えてみると、ストーリーは全く違うものの恋愛じゃなくて結婚とどこか似ている感じがしたんですよね。その理由はホ・ジョンミンが同じようなちょっと騒がしい役で出ているというのと、「カアカア」みたいな効果音。それで調べてみたらやっぱり同じ演出家のドラマでした。演出はソン・ヒョンウクで同じ、 脚本はパク・ヘヨンなので前作とは違う方ですね。

そしてこのドラマを見て更にソン・ヒョンウクが演出の作品が好きだなと思いました。彼の人間に向ける視線はどこかとても優しくて暖かいと思う。そしてドラマと思えないくらい細部までちゃんとこだわっているのが分かる。あと、彼の演出してるドラマを見るとそれまでなんとも思っていなかった俳優さんを好きになっていることが多くて。俳優さんのいいところを引き出す力があるんだろうか?なんて思うのでした。

そう、私はこのドラマは好きな女優さんのソ・ヒョンジンが出てるし見たいなと思いながら、でもエリックが主役だからちょっとな・・・と思ってなかなか見始められなかったのです。エリックは火の鳥ラブ・ミッションしか見たことないですが、どっちのドラマでもあんまり良い印象が無かったんです。でも、このドラマを見てすっかり好きになりました。あんな細やかな感情を表現できる人だったなんて、と。

 

そうそう、途中で恋愛じゃなくて結婚がらみのドラマとすぐに分かるシーンも出てきました。ヨン・ウジンがゲスト出演!それも名前がちょっともじってコン・ギテ!

なんだか妙にニヤニヤしてたな。楽しそう。

他にも色々ゲストっぽい出演者はいたんだけど、その中でソ・ジュニョンが目に留まりました。

ちょっと痩せた?こういう風なスタイリングにすると内気な男の子みたいになってて、彼も本当にドラマによって雰囲気が全く違うなあと思ったのです。

 

あと、ヘヨンの服に書かれてるロゴがその時の彼女の気持ちに逆説的に連動してて面白いのです。

落ち込んで泣きそうな気持で立ち尽くす地下鉄のホーム。
その時に着ていた服には、「MAKE ME Smile or Cry」

めっちゃ不機嫌でチキンをやけ食いしてる時に着てる服には「You’re fine」ですよ。
全然Fineじゃないのにね。ちょっと皮肉っぽくて気が効いてる!
他にももっと色々こだわりがある部分で見落としてるところもありそうだな。こういうドラマは何度も見たくなる~

あと、当たり前の事のようにやってほしいと思ってる部分ではあるんだけれど好ましく思ったのは、キム・ナエ演じるドギョンの母の若い頃をイ・ユリが演じていて、その際に口調までちゃんとキム・ナエに寄せていてまるで同じ人に見えたこと。そうそうこういうとこ気を使って演出して演じてくれると違和感を感じないで見れるんだよな・・・と思ったのです。愛するウンドンがそうだったらどんなに見やすかっただろうか、と思いますもん。

そしてとても良かったエリックの演技。映画の音響監督という「音」が特別なものである役というのが、ストーリー自体に効いてるな、と思っていました。
また同じ「オ・ヘヨン」という音を持つ名前の人が恋人になるのは、普通の人でもなかなか元カノの思い出を払拭するのは難しいけれど、彼の場合はその「オ・ヘヨン」という音が耳に入る度に他の人よりも色んなことや色んな思いが付随する量が多いに違いないと思ったのです。だから、ドギョンが「ヘヨン」とソ・ヒョンジンを呼べるようになった時は私までドキドキしてしまった・・・!

ソ・ヒョンジンのヘヨンの全身全霊で表現する愛が、愛情に飢えてるドギョンに受け入れられた時、ああと声が漏れそうな気持ちに。どこか重いとさえ言えそうなヘヨンの愛、でも愛することをためらわない彼女の姿はどこか愛おしくて羨ましい。

チョン・ヘビンの声もとても良くて、ああこんないい声の女優さんだったんだな、と思いました。彼女が愛したドギョンの心臓の音は彼と別れて記憶が薄れても彼女の中から完全に消えてしまうことはきっとないのだろう。

イェ・ジウォンとキム・ジソクの二人もとても良かったな。強烈なんだけど、どこか可愛げがあって憎めない。演出家の方、絶対お酒好きでしょ?って思ってるんだけど、どうだろう?酔っ払いの描き方が優しい気がするんだなあ。

そして実は好きなクォン・ミンも出てて嬉しい!シンイのドチですよー
悪い役よりこういうちょっと抜けた感じのキャラを演じてるのが好きです。

 

こうしてストーリーを思い出して感想を書いていてもとても素敵なドラマだったな、としみじみ思います。このドラマは予知夢が見える(あれってアカシックレコード的な話?)というしかけ、だからこそ後悔せずに愛したいという気持ち、そういう設定も含めてとても暖かい人生賛歌なのだと思います。とってもオススメのドラマです!

 


また!? オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜が見れるのは・・・




  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す