【韓国映画】ある会社員 の感想 「会社員」と「仕事」の意味について考えさせられる・・・

「ある会社員」を見て、非常にアイロニカルな内容の映画だと思いました。と言ってもそんなことを考えないでソ・ジソプのアクションシーンや表情だけでも十分楽しめる映画です。しかし、U-NEXTで前から配信されてて見ようと思ってたんだけど、字幕と吹替のどっちも配信されてて、でも切り替え方が分からなかったんですけど、やっと分かって(ちなみにPCでは右上の歯車マークから変更できます)ちゃんと字幕で見ることが出来たのでした!嬉し!私は断然、字幕派です。吹替だと細かいニュアンスが分からないのがつまらないし、何より声がイメージに合わないことも多いですしね・・・

 

スポンサーリンク


 

ある会社で働いているチ・ヒョンド。表向きは普通の会社に見えるが、実は殺人を請け負っている会社で、彼はプロの殺し屋。「与えられる仕事だから」とただ淡々と人殺しを続けていたチ・ヒョンドが、フンの母親のミヨンに出会うことで感情を取り戻し、仕事に疑問を覚え始め、普通の幸せな生活を夢見るのだが・・・という感じの内容です。

韓国において『正社員で働く』ということはすごく大きな意味を持つのかな、と感じます。日本でもそうだとは思うんだけど、「バイト」と「会社員」の隔たりが非常に大きいのだなとドラマや映画での描かれ方を見て思います。仕事の内容は同じだったりするのに世間からの視線という意味で。

だからこそ会社員として「仕事」だと上から指示を受けたら、その内容が何であれ感情を殺してそれをこなす。この映画では「殺人」という一目で非合法だと分かる仕事だけれど、実は普通に上司に指示を受けている仕事が悪事に絶対に繋がらないと言い切れるのだろうか?まさに今、日本でもそれが起こっているのではないだろうか、なんて思ったりして。

「仕事」だからと思考停止で何でもやることの恐ろしさのようなものを感じたのです。例えば企業が得た利益である国の戦争を支援していることだってある。知らず知らずのうちにそれに加担している可能性だってある訳で。それだって遠まわしに殺人に加担していることになるのかもしれない。そこまでいかなくても、もっと小さな悪事でもそんなことがありそう。自分の仕事が何に繋がるのか考えずにやるというのはどこか恐ろしい。

チ・ヒョンドの仕事ほど極端ではないけれど、何も考えずにそんな仕事に加担してしまうと後戻りはとても難しい。映画でも最後の社内での銃撃戦のアクションはすごいけれど、どこかとてもとても悲しかった。

それにしても、ソ・ジソプの動きは美しい。筋肉が体の動きの美しさにつながる訳ではないということを、逃亡者PLAN Bで嫌というほど思い知った今はなおさらそう思う。彼の身のこなし、動き、表情すべてに目が釘付けになってしまう。映画を見ながらこんなことを思った。いつか会えることがあって(そんなことは無いけど勝手に妄想)どこが好きか聞かれたら絶対に「体の動き」って伝えるんだって。なんだそれって言われそうだー!笑

 

抑えた表情の間に少しずつ表れる笑顔に心が痛かった・・・ 幸せな結末なんて最初から想像していなかったけど、思った以上に切なかったです。アルバイト役のキム・ドンジュンも雰囲気があって意外と良かったし、上司のクァク・ドウォンも安定のうまさで見応えありでしたー!

 

ある会社員が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す