【韓国映画】あなたの初恋探します の感想 何かを手放さないと新しいものは手に入れることはできないんだ

これまたGyao!で無料配信していたので見ました。コン・ユとイム・スジョンが主演の「あなたの初恋探します」。そうですねえ、コン・ユのファンの方には良いのじゃないでしょうか?見てる最中、見終わった直後は、う~~~ん・・・とかなりイマイチな印象でピンと来なかったのですが、しばらくたってから色々となるほどそういうことだったのかな、と腑に落ちるところがあり、まあ悪く無かったかなと今はそんな感じの印象に変わりました。

 

スポンサーリンク


 

それにしても韓国ドラマや映画では「初恋」というものが非常に神聖なものとして扱われている気がします。日本では高校生が主役のドラマぐらいだったら初恋モチーフもないことはないけど、いい大人になってからあんなにも初恋にこだわってる作品がそこまでたくさんある気はしないなあ。単に自分自身が初恋に全く思い入れがないからそう思うところもあるかもしれないけども。

しかし、鶏が先か、卵が先かなんてことも考えてしまう。こんなにも「初恋」というものをテーマに置いた作品が多いと、それを見ることによって初恋が大切なものだと刷り込まれる気がするし、それとも韓国の方には初めから共通認識として初恋は特別なものという感覚があるのが当たり前なのでしょうか?どちらにせよなんらかの格別な思い入れがないと初恋を探す会社なんて成り立たないよなあ・・・

まあ、とはいえこの映画は初恋至上主義ではなく、ラストで主人公は今を選んだので私としては良かったです。彼女はキレイだったなんかの話の運びはあまり好きじゃなかったんです。初恋を成就させることをロマンチックだと思うかどうかに寄るのかもしれません。

結局、この映画で私が理解したことは、人って手は2本しかないし、限られた分量のものしか掴めないんだな、ということ。何かを手に入れるためには何かを手放さないといけないのだな。だけどジウはあえて最後までやり切らないことで、すべての可能性を握ったまま手放そうとしなかったんですよね。恋もしかり、歌もしかり。だから新しいものを手に入れることが出来なかったし、もしかしたら手に入れることを怖がってわざと握りしめていたのかもしれない。でも、劇中で恋も歌も最後までやってみてやっと手放すことが出来たのだな。そしてやっと新しいものを手に入れることが出来たってことなんだと思う。

この映画で分かりにくかったのは、ジウのインドでの初恋の相手までなぜかコン・ユが一人二役で演じていること。でもあとでいろいろ考えてみたらもしかしてこういうことだったのかな、と思ったのです。最初の方ではインドの回想シーンが流れてもあくまでも初恋の相手の顔は出てこない、つまりジウにとって顔の記憶はやや薄れてたのかな、と。でもあとあとのインドの回想シーンではハン・ギジュン(コン・ユ)が初恋の相手を演じている映像が出てきて、視聴者としてはなんで?と混乱する訳です。でもこれってジウがいつの間にかだんだんとハン・ギジュンに惹かれて来ていることを表してるのかな、と思ったのです。過去のエピソードをハン・ギジュンが再現ドラマとして演じてるのをジウが見てるみたいな。そんなジウ視点の思い出を視聴者も見せられてたのかな。いつの間にか初恋の人とハン・ギジュンの優先順位が変わっていたことを表していたのかもしれないと思ったのでした。さあどうでしょう?単にコン・ユの出番を増やすためだったかもしれん。分からない。

なるほどそういうことかと考えたらなんとなく悪くない映画だったかな、と思えたのでした。でもまあそんなつべこべ考えなくても、コン・ユのファンの人には見どころが満載な映画のような気がします。今のところ私はまだ彼の魅力が分かる作品に出会えてないのですが、一体何をみたら気づくことが出来るんだろうか・・・!?

 

 

あなたの初恋探しますが見れるのは・・・


【新大久保】BOSS Chicken 外はカリカリ中はジューシーなチキンがとても美味しかった!

さて、久々の新大久保訪問。最近とっても暑いんでチメクしたいね~と向かったのはBOSS Chicken!まだまだ行ったことのないチキン屋さんがいっぱいあるんですよね。しかし、お店が2階だと何度も前を通ったことあるのにお店の存在を知らないってこともあるんだなあ。ここもそう。フレッシュひらまつという果物屋さんの2階にあります。道路を挟んだ向かいはソウル市場だし場所はわかりやすいですね。

 

スポンサーリンク


 

そして隣のビルの2階もGoobne chickenだし、やっぱり新大久保はチキン屋がいっぱいありますねえ!

メニューはシンプルで、まさにチキン屋さんって感じです。チキンの味付けはいろいろあるので、どれも試してみたくなりますねえ!

生ビールは480円。パイナップル焼酎はちょっと気になりますなあ。

さて!ビールが来ましたよ~ このお店はアサヒスーパードライですね。チキンにはプレミアムモルツの繊細っぽい風味よりはスーパードライとか一番搾りが合う気がするので、私は嬉しい。そしてピーナッツもついて来ました!

席はそんなに多く無くて4人テーブルが5つくらいかな?ややこじんまりしたお店が居心地が良いです。そして、窓際の席に座るとソウル市場の前を歩いている人達を観察出来て楽しい。日曜だったけど最近はちょっと混雑も落ち着いた気がする。

オーダーしたフライドチキンハーフ@1300円がやってきました。
大根の甘酢漬けとキャベツももちろんありますよ~

外側の衣がとってもカリっとしてて美味しい!これ結構好きなタイプです。

チキンを割るとじゅわーと肉汁がジューシーな感じだしとっても美味しかったです!今まで新大久保で食べたチキンの中ではかなりの上位に入るかも!?とても気に入ったので、次回は違う味も食べて見なきゃかな。ヤンニョムチキンにしようっと!

 

 


【韓国ドラマ】清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます the drama の感想 鬼のようにカットされてるけど面白かったです! 

『清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます』をGyao!で配信していたので見ちゃいました!これまた私は全然知らないドラマだったんですが、いわゆるシットコムで気軽に見れる感じでした。だいたいシットコムでは俳優さんがドラマ内でも自分の芸名そのままで演じることが多いというのが分かってきました。まあこれって例えば新人の俳優さんなんかはこういうドラマに出演すると話数も長いし、芸名も覚えてもらえるのでこれをきっかけに人気がでることもあるんだろうなあ。反対にベテランの俳優さんは自分の今まで演じてきたキャラを壊すきっかけになるのかもしれない!

 

スポンサーリンク


 

しかし、どうやら本当は170話だか200話だかあるドラマなのに、日本に入荷されてるバージョンはなんと18話+番外編1話というビックリの短縮版なのですよ。え、よくそこまでカットできたな、と驚き!おそらく、存在自体をほとんどカットされてる登場人物もいるので、それにまつわるエピソードはなくても違和感ないんですが、やっぱり主要人物のエピソードのカット具合も半端ないので、特に後半は訳が分からなくなってしまいますね~。まあなんとなくわかる感じには作られてるんで面白いんですけどね。

チョンダムドンで貸本屋をやることになった貧乏な家族が主役なんですが、そこに下宿人も加わってドタバタと話が進んでいくのですが、これまた登場人物は派手ではないものの悪人がいなくてなんだかホロっとさせられることもたくさん。チョンダムドンは日本でいうと表参道とか青山とかかな・・・ それとも銀座?ともかくお金持ちの町なのに貧乏人が住んでいるものだから、見栄を張ってどんどん嘘が積み重なっていく姿は面白いけど、ちょっと悲しくもあり。

お母さんのキム・ヘジャは優しくない女たちでも少しおかしみのある役だったので、このドラマでもじわっと面白い感じがとても似合ってました!独特の面白さと良い話のエピソードのバランスが良かった。しかし、お金持ちのご婦人たちに嘘がどうやってばれたのかはすごく見たい場面だったんだけど、そこバッサリなくて残念だったなあ。あとあの貸本屋の持ち主のおじいさんとのこともよくわからなかった。

この強面3人組のエピソードにもかなり時間が割かれてた気がしますね。お下品ネタはだいたいこの人たち。不潔自慢はリアル過ぎて笑っちゃう。強面を買われて映画に出てたのは面白かったな~ ウヒョンとシェフのロマンスはもうちょっと見たかった!あと印象に残ったセリフは過去に戻りたいって言ってた時に、「あ、でもダメだ。兵役があるから戻れない。」ってところ。全員同意してたから、やっぱり兵役ってすごく大変なんだな・・・とそんなことを思ったのでした。

そしてオ・ジウンとヒョヌのカップルはめっちゃ可愛かった~!オ・ジウンと言えばチョヨン~幽霊が見える刑事~でも好印象で結構好きだったんだけど、このドラマでもとっても可愛かった!ヒョヌはどうやらパスタに出ていた様子。あの時はイケメンシェフの一人くらいの印象しかなかったけど、今回はスラっとしてかっこよくてギター抱えてる姿とか最高やん!?ってなってました。髪型もすごく似合ってる。短いよりこの時の方が良い!!

あんまりベタベタした二人は好きじゃないので、この二人の距離感ぐらいが好き。しかし、彼らの距離が近づいていくエピソードはすっぽり抜けててこれまた残念。二人がつきあってることが家族にばれた時とか、ヒョヌが実はお金持ちのボンボンとばれた時とか、ジウンがククス屋を開くことになったいきさつとか見たいところいっぱいありましたね・・・

あと、こういうドラマではお約束の豪華ゲストなんかもちらほら。

漫画を借りて延滞してるお客にユノ。これはかなりのこじつけの出番だったな。面白いけど。

ユン・ドゥジュンはそのままアイドル役で出演。でも強面3人組には全然アイドルと気づいてもらえないの。モップかけまでさせられて、コントだね。

 

それぞれの俳優さんの持ち味が出てて、とっても素敵なドラマでした。どうしても惜しむらくは激しすぎるカットの多さですよねえ。回想シーンを見て察するという能力を非常に要する展開なんでさすがによくわからんところもありますもんね。もちろんしょうもないエピソードもいっぱいあるんだろうけど、それでももう少し見れたらもっと楽しめたかな~

 

このドラマが見れるのは・・・




【大久保】有點甜(アリトルスウィート)にまた行ってきたよ~ ここはモチモチパラダイス!

前回行ったときにとっても気にいってしまった有點甜(アリトルスウィート)にまたまた行ってきました!最近とっても暑いので冷たいものが食べたかったんですよねえ。

 

スポンサーリンク


 

前回訪問時は芋園特製1号と2号をオーダーして、その続きの3号から行こうかなとも思ったのですが、晩御飯の時間も近かったので私は軽めにしようと芋園3号のMサイズ@500円にいたしました。

芋園3号のトッピングは芋園、タピオカ、さつまいも、蓮の実です。芋園にはかき氷が入っていないのかな?と思っていたら、下に隠れてましたね~ ということは豆花や仙草1号~5号にも入ってるのかな?気になるのでまた次回の宿題だな!

さつまいもは蒸したみたいなホクホクのお芋でかき氷と一緒に食べるっていうのはなんだか初めての感触。あと蓮の実がすっごくおいしかった!食感はゆり根みたいな感じで、味は栗っぽい感じでホクっとしてた。これは美味しい。

 

さて、ツレが選んだのは芋園特製5号です。

芋園特製5号のトッピングは芋園、白玉、豆花、タピオカ、パールタピオカ、緑豆です。タピオカ=珍珠、パールタピオカ=西米で、違う種類みたいですね。大きさが違うなあ。

芋園もモチモチ、タピオカもモチモチ、白玉もモチモチで、モチモチが好きな人には本当にパラダイスっていう感じのカフェだなあって思いました。まわりのお客さんはタピオカミルクティーを飲んでる人が多かったかな。最近流行ってるもんね!

しかし店内はガンガンに冷房が効いておりまして、最初はいいんだけど、だんだん寒くなる(^^; まあかき氷を食べてるから余計にそう感じてしまうのかもしれない・・・ 私のように冷房に弱いタイプの方は上に羽織るものがあるとお話が長くなっても安心かも~

 

 


【韓国ドラマ】嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~ の感想 人生は選択の連続なのだと改めて実感したのだった

嫉妬の化身を視聴終了しました!コン・ヒョジンが出演しているラブコメは好きなことが多いので見よう見ようと思っていたのですが、お相手となるのがチョ・ジョンソクとコ・ギョンピョだと私基準ではちょっとイケメン度合いが足りないかな~(失礼!)なんて思ってしまい後回しになっておりました(チョ・ジョンソクはキングの時から好きではあるんですけどねっ)。でもそんなこと言ってないで早く見ればよかったです。めっちゃ面白かったし、夢中になって見ちゃいました!

 

スポンサーリンク


 

コン・ヒョジンはめっちゃ美人という感じじゃないんだけど、自分の見せ方を知っている人だなあと思う。着てるお洋服やアクセがとても素敵なんですよねえ。スタイリッシュ!

このワンピを着ている時の左右長さの違うピアスがとても好みだったので、欲しくなっちゃいました。彼女は何でも着こなせるというよりは、自分に似合わないものは徹底的に排除しているのだと思うのです。それと同じで、出演するドラマに関してもしっかり吟味していると思う。そういう取捨選択が出来るからどの出演作も彼女の魅力がしっかり出せるような気がしています。

チョ・ジョンソク演じるイ・ファシンがあんなにマッチョで男らしさを誇っているタイプなのに乳がんになってしまうことで「男性」性のアイデンティティー崩壊で悩む姿はなんだかすごく考えさせられるものがありました。ここでは乳がんが原因でそれが起こっていますが、その状況以外でも現実的にいたるところで起こっていることのような気がするんですよね。それは逆に女性もしかり。

そんな感じで、ジャンル分けするならラブコメに入れられるドラマだと思うんですが、例えば、男性も乳がんになる可能性があること、やテレビ局の就職状況など、ちょっと問題提起も取り入れてあって脚本がとてもよく出来ているなあと思ったのです。ピョ・ナリに3年間片思いされていてもイ・ファシンは全く彼女に興味がなかったのに、乳がんになって部屋が同じになって彼女を知ることによって変わっていく態度が自然で面白かったですし。そして、彼らの心が病室の向き合ったスリッパの角度でほのめかされたり、トイレの表示が信号みたいに赤になったり青になったりすることで表現されていたりもする。役者さんの演技だけじゃない演出までも楽しめるドラマなんですよねー

このドラマのテーマは嫉妬であるのと同時に裏テーマは「選択」なのかな、と思ったんです。ピョ・ナリがイ・ファシンとコ・ジョンウォンのどちらを選択するのか、キム・ラクがケ・ソンスクとパン・ジャヨンのどちらを選択するのか、イ・パルガンが実母と育ての母のどちらを選択するのかと、恋人としてピョ・チヨルとオ・テグのどちらを選択するのか、そんな風に何度も描写される選択の場面を見ていると本当に人生って選択の連続だよな・・・なんてことを思いました。

私は基本的には三角関係のドラマはあんまり楽しめないし、優柔不断な登場人物は苦手なことが多いんだけど、ここに出てくるピョ・ナリがどっちか決められないからこのままずっと3人で一緒じゃダメ?と聞くのとか、お試しで3人で暮らしてみましょうっていう感覚はなんだか共感できたな。まあ彼女は計算ずくでどちらの心も引き留めておいてやる!って思ってるんではなくて、純粋に決められないで迷っているという状態でそれを口に率直に出してるので嫌味がないのかな。

そして結局はイ・ファシンもピョ・ナリも嫉妬をするかどうかが結論を出すきっかけになったという。嫉妬をするということは誰かを独占したいと思うことなんだと思うけど、それが愛ってことなのかな?それも正しいんだとは思うんだけど、個人的にはは嫉妬なんてしないで相手のすべてを受け入れられるようなもっと大きな愛が存在するといいのになあと思ったりもするのでした。

 

脇役陣も豪華且つキャラ設定もしっかりしているのが良いし、ドラマだけど隅々まで気を配られている演出が効いてるし、非常に見ごたえがあったな~と思います。といっても軽妙で面白くもあって、すごく楽しんで見れたドラマでした!オススメ!

 

 

嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~が見れるのは・・・