【新大久保】33떡볶(トクボク)でミニキンパを買って戸山公園でお花見してきました~

昨年も戸山公園にお花見に行ったんですが、今年も行ってきました!

前回は明治通りより西側の大久保地区に行ったのですが、今年は東側の箱根山地区に行ってきました。箱根山の山頂スポットはあまり広くないのでさすがにこみ合っていましたが、その他の場所はそこまででもなくてゆったり出来ました!

戸山公園の箱根山地区への行き方は新大久保の駅から大久保通りを西側にずっと歩いて明治通りも通り越えてスーパー三徳を越えたところから入れます。東新宿の駅からだとすぐですね!

ソメイヨシノが沢山植えられています。

空の青と桜色のコントラストが美しい!!!

 

スポンサーリンク


 

さて、今回のお花見のおともは33떡볶(トクボク)で買ったキンパとNASCOのバーベキューチキンです!

バーベキューチキンはビールに合うと思うのに、イスラム教なので店内はノーアルコールなので、こういう機会に絶対買うと決めてました。やっと望みが叶いました!間違いなくビールに合いますよ最高!テイクアウトで購入するとアルミホイルに巻いてくれるので匂いも漏れないので便利でした。

あと本当はソウル市場のお惣菜も買ってみたかったけど、店内は満員電車かと思うほどの人ごみ!レジまでたどり着けそうにないので、さっさと退散しました・・・

なので、去年買って美味しかったハッピーフードのキンパをまた買おうと思ったらどうやらお店が変わっていたみたいで、33떡볶(トクボク)というお店になっていました。

キンパは商品が細巻だけになっていたようだけれど、その他のトッポキ、オデン、チキン、チヂミなどは同じようにありました。だからお店が変わったのではなくて、店名が変わっただけかもしれない・・・ その点は不明です。まあ前よりちょっとおシャレになった感じ?

タピオカドリンクも売ってる様子。3種類セットなんて言うのもあるので、一人でも楽しめる!

買ったのは辛いキンパ。650円くらいだったかな?
他にもツナとか

結構辛いけど、それがまたいいですね。とても美味しかった~

 

その他にも水仙や・・・

姫椿も綺麗に咲いていましたよ!

ベンチもあるので、最近の新大久保の激こみに疲れたら公園でゆったりするのもオススメです!

 

おまけ
箱根山の山頂からの桜!360度咲いていて綺麗でした~
映像は人が入ってしまうので360度全部は無理でしたが、雰囲気だけ・・・

 

 


【韓国ドラマ】 第3病院 の感想 逃げたレジデントは結局なりすまし医者だったのか気になる・・・

第3病院~恋のカルテ~の視聴を終了しました。しかし、最近韓国ドラマの邦題のつけ方やDVDのアートデザインなどのマーケティング手法にちょっとなあと思うことが多いのですが、これもサブタイトルの「恋のカルテ」とは・・・?と思ってしまう。もちろんラブラインありますけどなんだかあんまりそんなウキウキした気分で見れなかったので違和感があるなあ。病気で苦しんでいるシーンを見る配分が多いですから。スヨンは闘病のシーンが結構上手でしたし、子どもちゃんの患者を見るのも辛い気分でした。病院が舞台だから仕方ないんですけどね。

 

スポンサーリンク


 

でも、伝統医学と西洋医学をテーマに扱っているのは面白かった!陰陽五行説とか韓医学にすごく興味あります。しかし、それぞれの医学は基本の考え方が違うのでどうしても対立の構図になってしまいますよね。本当はそれぞれを認め合って適所で良い部分を利用し合えたらいいだけなのだろうけど、なかなかそうもいかない。その方法よりこの方法が良いと言われたら自分が学んだ学問が否定されたような気持ちになってしまいがち。難しい。韓国に本当にこのドラマのような共診の病院はあるのでしょうか?

それにしても会議での対立のシーンを見ていると「誰かの意見を間違っていると頭ごなしに否定する」ということは、返して言うと、「自分の意見も誰かに間違っていると頭ごなしに否定される」という可能性を発生させるという事なのかもしれないと思ったのでした。その行動をする自分の存在が世の中にそれを生み出してしまうというか。そういうのって不毛だなあ。みんなが同じ意見になる必要はないけど、違う意見があることを許容する必要はあるのかなと思った。そうしたら初めて自分の意見も受け入れられる余地が出来るんだろうな、と。

 

さて、ところでこのドラマはあれは一体どうなったの?と思う部分が多いんですけど、一番気になっているのは、医者の息子の動脈にカテーテル突き刺して大出血させた神経外科レジデントは一体なんだったのかってことですよ。どうやら双子らしいけど、どっちか片方が医者になりすましてるの?と匂わせつつ逃げたままエピソードの回収が無かったのがめっちゃ気になりますよ・・・ U-NEXTで配信されてるのがカット版で私が見てないだけなんでしょうか・・・?
あとは、医者の息子が病気治ったのは良かったけど、AC-7を使ったのだったら、あんなに韓医学に反発していた医者がどう変わったかを描くとこなのかなと思うんですけど触れられてもいないのは話数の関係?むむむ

ラブラインでは、チン・ヘインがスンヒョン→ドゥヒョンに心変わりした気持ちの動きがあんまり分かりませんでした。スンヒョンに言われたから?自分を大切にしてくれる人だから?うーん。とはいえ、私の中でキム・スンウはミス・リプリーで若い部下を好きになったものの利用されてただけだったというホテルの支配人の役の印象が強いので、また今回もちょっとそんな感じなの!?気の毒~と思ってたらどうやらハッピーエンドでその点は報われて良かったです。

 

しかし、医者という職業は「死」と直結する場面が多い分、究極の選択が多くて本当に心の負担の大きい職業だなと思う。天命は変えられないんだろうけど、もっと何か出来たかもしれない、違う方法が良かったのかもしれない、という問いに明確な正解がないもの。なんてことをドラマを見て思ったりしました。

もうあと一歩踏み込みが足りない気もしつつ、ドラマで扱われている題材は面白かったな~と思います!

 

第3病院が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】名もなき英雄<ヒーロー> の感想 スパイものだけど仲良しこよし感がある。ヒリッとしない。

名もなき英雄<ヒーロー>の視聴を終了いたしました!韓国ドラマはスパイものも結構多いですよね。しかし町を守るためとはいえ、途中で刃物使ってチンピラに平気で怪我を負わせたりしだした時はどういう方向性で行くのかと思ったけど、なんだか町のみんなで力を合わせて解決!みたいな平和な終わり方をしたのでちょっと肩透かしをくらった感もありますかね~

 

スポンサーリンク


 

実は黒幕は○○だった!みたいな大どんでん返しを期待しながら見ましたが、中央情報局、その下請け会社、警察、スタディーグループ、ニュースターインベストなど色々な組織を出してきた割にはなんだか悪い人誰かっていうのが順当過ぎたな~

ちなみに私がこうなんじゃないの~と予想していた内容は、シユンの後輩のジヌは本当に殺されたわけではなくてシユンやソアンの目を欺くためにした芝居で、黒幕はジヌもしくはジヌと繋がりのある人なんじゃないの!?って感じ。だって、シユンとソアンが両想いだけど、どうやらジヌはソアンのことが好きというのを匂わせてたから、その嫉妬の気持ちがあの事件の背景にあるのかなと深読みしてしまったのでした。でもあれは、あの時にジヌがした行動はソアンを助けたかったからっていうだけだったんだな・・・ 全く予想が当たってない!笑える!

パク・シフはムッキムキで強そうで凄かったけど、そうねえちょっとスパイっぽ過ぎるんじゃない!?って気がする。私が小さい頃に読んだミセス・ポリファックス・シリーズのおばちゃまはスパイっていう本がありまして、その影響かもしれないけど、スパイに見えないような意外性のある人がなる方が効果的だと思うのよねー パク・シフは眼光鋭すぎて見るからにただ物じゃない感じがしちゃう。いや似合うんですけどね。しかしギャップが足りない。

イ・スヒョクもあんな服装をしていたら、普通のあんちゃんに見えるもんだなあと思いました。なにせ夜を歩く士のバンパイアがそれっぽ過ぎたので全然違うもんだな~と。あと走る姿がとても綺麗だったな。走るの早い!

そして、ちょっと違和感があったのがユリちゃんかな・・・ 特に最初の方の数話でチャンギュを影だと決めつけて「そうなんでしょ」って詰め寄ってる時は、ああこんな風に自分が正しいと思って人の話を全く聞かずに決めつける人っているよね・・・とちょっぴり本気で嫌な気持ちになってしまいました。まあ役の上での台詞であり、演技なのだけど、同じことを言ってももう少しソフトな印象を与える人が演じた方が良かったのでは?と思ってしまった。脚本家になりたいという夢を持ってるけどまだうまくいかなくて不安を抱えてるようには全く見えない。自信満々で堂々とし過ぎに見えるんだなあ。被告人の弁護士役は悪く無かったと思うので、そういうはっきりとした物言いが必要な職業とかむしろ悪い女役が似合うと思うんだけどな。まあ私の個人的な意見ですが・・・

ユン・サンミン役のユン・テヨンは良かったですよね。悪い人になりきれない感じの悪い人。夜警日誌の夜警隊長だ~ お久しぶりに見た~と思いました。あの時もいい味出してたな!結構好きです。

アン・ソクファンもなんだかお久しぶりに見た気がするけど、うさん臭さが全開の役で面白かった!嫌いじゃないわ~

 

てな感じでなんだかんだ言ってますが、途中までは先が気になってあっという間に見たし、ベテランの脇役陣がいっぱい出てるし、それなりに面白いドラマだったかなと思います!でもちょっと物足りなさもあるよって感じですかね。

 

名もなき英雄<ヒーロー>が見れるのは・・・


 

【新大久保】春川鶏カルビ そろそろ暖かくなったので外でも大丈夫!

冬の間は寒そうでちょっと行きづらかったイケメン通りの屋台風のお店、春川鶏カルビに久々に行ってきました!ビーラーですから、寒いと飲めませんのでね・・・

 

スポンサーリンク


 

このお店はメニューの一皿のサイズが小さ目なので、そこまでガッツリ食べたい訳じゃないけど、お酒を飲んで韓国の料理もつまみたいなんて時に重宝します。

まずはビール!ここはアサヒスーパードライだったんだな~ スーパードライを久々に飲んだなあ
この日はツレはコーン茶を飲んでたんですが、そんなメニューもあったんだな~と初めて知りました!笑 いっつも飲み物メニューを見ずにビール一択なので^^;

以前来た時からずいぶん日がたってる気がするので、メニューも再度写メって来ましたよ~

オデンが前は1本150円だった気がするけど、2本で400円になってるかな?
アルコール系ドリンクが赤字で350円って書いてるのは多分カウンター席での料金かな~と思います。店内だと500円かな?

キンパがこんなに色々種類があったかな?増えたかも。
プルコギキンパは無かったような・・・

さて、オーダーしたのは、まずハニーマスタードチキンとエゴマギョウザ!

チキンはこれでもかってくらいハニーマスタードがかかっていた~ ちょっとしごいて取り除いて食べたよ!笑

エゴマギョウザはチキンを使った具が優しい味でやっぱり美味しいなあ。ビールにとても合います!

そしてやっぱり食べたくなるオデン!
うーん。とっても美味しい。

そして最後にキンパを注文。
色々種類があっても野菜が多い方が好きだからどうしても普通のを選んでしまいます。

キンパは日本の海苔巻きよりしっかり味がついてるから、お酒と一緒にでも食べやすい。ここのキンパは持ち帰りで注文して、外で出来るのを待ってる人なんかも多いです。

この日も美味しい美味しいと言いながらもぐもぐ食べました。
しかし、「何をオーダーした?」ってお店の人に聞かれて、あれとあれとあれってほとんど自己申告だったんだけど!お~い!もちろんちゃんとお伝えしましたけどもしっかり~~

 


【台湾ドラマ】マーフィーの愛の法則 の感想 柴犬のポロは可愛いかったのだけれども・・・!

マーフィーの愛の法則の視聴終了しました~ のんびりした空気感がとっても台湾ドラマっぽい作品だなあと思いました。まあ内容としては好きになったり別れたりしてる主役たちを見ているともうお好きにして下さいよ・・・みたいな気持ちに途中でだんだんなってしまいました・・・ それって私が恋してドキドキする心を忘れてるだけかも!?ヤバイ!あとそれとは別で「マーフィーの法則」をテーマにしてる部分はちょっとこじつけ感があるかな。そういうのあるある!とはあんまり思わせてはくれない。

 

スポンサーリンク


 

ドラマで出て来るマーフィーの法則を公式ページから引用するとこんな感じ。

マーフィーの法則01 :“ある物事に2つの可能性がある場合
望まないことのほうが現実となりやすい”(第1話より)
マーフィーの法則02 :“傘を持ってる時は晴れ 持ってない時は大雨が降る”(第1話より)
マーフィーの法則03 :“すべての解決法には新しい問題が伴う” (第3話より)
マーフィーの法則04 :“仕事をやり直す時間はいつもある” (第3話より)
マーフィーの法則05 :“避けたい人ほどよく会う” (第4話より)
マーフィーの法則06 :“順調に見えても必ずどこかにミスがある” (第5話より)
マーフィーの法則07 :“肝心な時に必要な物がない” (第8話より)
マーフィーの法則08 :“ヒールを履くと 溝に遭遇する” (第11話より)
マーフィーの法則09 :“会いたい時に限って その人と連絡が取れない” (第20話より)
マーフィーの法則10 :“物事は見かけほど簡単ではない” (第24話より)
マーフィーの法則11 :“愛し合っていても 別れるのに十分な理由は必ずある”(第24話より)

引用:http://f4.tv/murphy/murphy.html

そういえば華麗なる玉子様でも半端社員の心得がこんな感じでドラマの途中で出て来たから台湾ではこういう脚本が流行ってるのかも。

私の理解ではマーフィーの法則といえば、「思ったことは実現する」という感覚でいたので、悪い風に考える癖があるとそれが現実になる確率が高いってことなのかな~と。つまりグァン・シャオトンがネガティブ思考だからそれが現実になって行くというストーリーなのかな?多分。

好きだけどもう無理だから別れるってなった時の彼女の心情があんまり分からなくて、共感が難しかった。もちろん、「頑張って企画したパーティーの券をジアウェイが全部買い占めた、それも良かれと思って」という出来事は相手を尊重しているようで仕事に対する思いなどを全く理解していないので、致命的な別れの理由だよなと思うし、私は絶対に無理。すっきりバイバイしかない気がしてしまって(私がはっきりしてるだけだけど)なんだかそれまでのモヤモヤとかその後のモヤモヤがあんまりすっと心に入ってこない感じでよく分からんな~と思ってました。

それよりずっと分からないのは、恋愛経験豊富とか恋愛がうまくいったという経験もないのになぜグァン・シャオトンはDr.LOVEなんてのになったんだろう?勉強したから?意味不明な自信のような気が・・・

まあ、その辺は置いておいて、グァン・シャオトン役のリー・ジャーインはほっぺがぷっくりしてとっても可愛いかった。女の子~って感じ。

ジアウェイの愛犬のポロも可愛かったので、ワンコの動きを追ってしまう事も多々あった~

あと、ジアウェイの部屋がインダストリアルゴシックみたいなインテリアで気になってました。コンクリートの打ちっぱなしの無機質な空間に十字架が沢山飾ってあったり、洗面台にマリア様や太い蝋燭があったり。こういうのが流行ってるのかな?

ジアウェイ役のタン・ユージャはかっこはつけてるけど、イケメンなのかよく分からない感じ。王子様の条件で出てた時はちょっとミステリアスな雰囲気が良いなあと思ったので、普通の役じゃなくて悪い人の役とかやってみて欲しいなあなんて思う。

その他の脇役の会社の同僚の面白仲間はいいとして、恋のライバル的な人たちの立ち位置が非常に微妙であった。特にレストランオーナーのズーイェン。とりあえずシャオトンを見守っている・・・って感じだけど、いなくても良かったのでは・・・?恋するお一人様でも同じような役で出てるジョリン・ジェンが演じてるけど、彼は私にはそういう風に見守る包容力があるタイプに見えないなあ。もっとじっとりした役の方が似合うんじゃないのかしら・・・と勝手に思う。

 

なんだかんだ言いながら最後まで見れたのは、ジーユーが怪我したときの全身包帯グルグル巻きとか、これからキスシーンというようなラブな雰囲気の時に音楽が流れだすタイミング早っ!とか、馬じゃなくて自転車でやるポロの競技とか、なんか突然サーフィンやってるけど!?とか、なんかそういう面白ポイントが色々あって突っ込みながら見てたから意外と楽しんでたのかもしれません~

でもちょっと台湾ドラマはしばらくお休みしようかな・・・と思わされるドラマでした。中国語圏のドラマは大陸ドラマの方が最近は面白いと思うのが多いですしねっ!

 

 

マーフィーの愛の法則が見れるのは・・・


マーフィーの愛の法則 DVD-BOX1