【新大久保】DOMO CAFE ただいまLAIMOとコラボ中!愛ちゃんも来たんだって!

ゴハンを食べてお腹いっぱい・・・ということで美味しい珈琲を飲みたいと向かったのはDOMO CAFE

新大久保にもカフェは色々あるものの、「コーヒー」って考えると思わずここに足が向いてしまうんですよね~

色々変化もありまして、階段を下りたところの壁にペイントが増えてた!

台湾生まれのキャラクターのマレーバクLAIMOとコラボしているらしいです。私はそのキャラ全然知らなかったんですが、調べてみたらホームページとかもあって結構有名なのかも?壁のペイントは今年いっぱいみたいですよー 福原愛ちゃんも来たみたいでFBであげてた~

あとはコラボでオリジナルメニューのタピオカラテがあるそう。
コーヒーのメニューしか見てないので、この時は気づかなかったけど次回は飲んでみようかな~

 

スポンサーリンク


 

そして今回飲んだのはFika Fika Cafeの方の豆の中からSumatra Mandheling Lake Tawar@550円です。

甘草のような風味、バターの口当たり、スペシャルアロマに似てる香りだそうです。とってもいい香りでまろやかでした!

ここの珈琲は全体的にすっきり綺麗な味。やっぱりハンドドリップだからかな~
どれを飲んでも満足!

あとはクッキー的な軽いスイーツがメニューに増えていて、なかなか良いな~と思ったのですが、その部分のメニューを撮り忘れてしまったので、また次回の宿題にします!

 

 

【新大久保】肉&麺 ひさびさに行ったらメニューが変わってた!

定期的に食べたくなるもの・・・それは肉&麺のチャンポン!
絶妙な辛さとうまみで癖になる味なのです。

てな感じでよく行っている肉&麺ですが、どうやら訪問が久々だったようでメニューが新しくなっていました!

今まで無かったジャジャ麺と酢豚のセットが出来てたんですよ!酢豚はタンスユクっていう韓国風の酢豚で食べてみたかったからちょうど良かった!

それにしても、点が変なとこにあるもんで、「A.setジャー」って何のことだ・・・と頭が???になっていたんですがつまりこういう事のようです。

Aセット ジャジャ麺+酢豚
Bセット チャンポン麺+酢豚
Cセット ジャジャ麺2皿+酢豚
Dセット ジャジャ麺+チャンポン麺+酢豚
Eセット チャンポン麺2皿+酢豚

それで酢豚のサイズがややミニサイズって感じ。ちなみに今回注文したのはBセットなので、その画像を参考にしてもらうといいかも。AとBセットは多分そのサイズだと思うんだけど、C~Eセットの酢豚はもしかしたらもう少し多めの量かもしれませんね!

その他の単品のメニューはそこまで変わってなかったかな・・・
でも白ちゃんぽんってのも前からあったのかな?辛くないのかな?

ちなみにいつもビールしか飲まないので、ドリンクメニューが変わったのか、変わってないのか分かりません!笑

 

スポンサーリンク


 

さて注文したBセットがやってきましたよー!

ちゃんぽんはいつも通りの美味しさ!しかし、野菜高騰のためなのか、いつもより野菜は少な目。しかしその代わりなのか貝が!めっちゃ!多い!むしろお得気分~

そして念願だった韓国風酢豚!カレーのルーを入れるみたいな容器にタレが入ってるのがなんだか面白い。

これを思い切りよくかけたらこんな感じ。おいしそう~
初めて食べたけど、タレが結構酸っぱいんですね。でも揚げた豚肉にこの酸味のあるタレが良く合っていて、お肉がすっきり食べられますね。

そして、松坂ポークが売りのお店なだけにお肉がなかなか美味しかった!
なんといっても店名が肉&麺ですからね。うまーい。

そしてトッポキも注文しました。これがなかなか今まで食べたことが無い味だったかも。もしかしてダシが魚介系のだしを使っていたような感じ。変な甘さのないしっかり辛くてでも旨みもあってというなかなか美味しいトッポキでした!

今回食べられなかったジャジャ麺も食べに来ないとな・・・という謎の使命感を抱いて帰ったのでした!あー美味しかった!

 

 

【韓国ドラマ】愛するウンドン の感想 記憶をなくした女と忘れることが出来ない男の物語なんですが・・・

愛するウンドンを視聴終了しました。純愛ものというのは見る前からやや避けてしまう癖があるんですが、最初の方で好きな役者さんが出ているのを発見して見続けることにしました。

それは誰かというと怪しいパートナーで印象的な悪役を演じていたドンハ!しかし!20代だけだったので、登場シーンはすぐに終わってしまいました^^;
でも大人になってからのキム・ヨンヒも結構好きだったので、このラインはあんまり印象が変わらなくて良かったかな。キム・ヨンヒは初めて見た~と思ったんだけど、ずる賢いバツイチの恋でエラのお兄さん役で見てる様子・・・。記憶にないなあ~

 

スポンサーリンク


 

あと、キム・ヒョンジュンも最近よく見る!花郎でも脇役だけど良い役でしたよね。Vくんのお兄さん役。

イケメンバンドでのストロベリーフィールズのベースの役の時は意地悪な男の子にしか見えなかったのに、なんだか最近は憂いを秘めた表情をする大人の男って感じになったなあと。
しかし、上司のキム・ユリ演じるチョ室長の秘書兼セフレみたいな感じなんだけども、チョ室長が彼に「私のことを愛してしまったのね でも無駄よ」みたいな台詞を言うシーンがあって、思わず失笑。いや、秘書がチョ室長を愛してしまったという設定はいいけど、そのセリフ必要かな・・・ なんだか陳腐に見えたからいらないと思う・・・

なんて個別の役者さんの事ばっかり書いていますが、ドラマ全体としては、私には「純愛」という主役の二人への視点よりも「命をもてあそんでる感」が気になって心地よく思えないドラマでした。

途中からライルが実はパク・ヒョンスの息子なんじゃないかと気づいた辺りから、無いわ・・・と思ってしまいました。「愛」を理由に好きな相手だけならまだしも子どもの運命まで勝手に変える権利なんて誰にも無いのにね。そして、ジェホが息子のライルを実の子ではないのにとても可愛がって育てたという点についても、それってヒョンスやウンドンに対して最大の仕返しであり、復讐な気がしてしまう。だって、ライルに自分の事を父だとあんなに好きにさせて、本当の父親のことを嫌いにさせるって実はひどく残酷な仕打ちだなと。ドラマの中では、実の子じゃないのにライルを可愛がって育ててくれてありがとうみたいなノリだけど、とてもじゃないけどそうは思えませんでした。私が捻くれてるんでしょうか!?そうかもしれない!

そして、ジェホの自殺未遂もだし、そもそも自分が体が不自由となる原因になった事故も自分のものにならないなら二人で死のうとして暴走して起こった感じだし。あれは愛なんかでも執着なんかでもなくて、すべて自分の思い通りにしたいという強欲や支配欲だと思う。という感じでジェホについて視点が向いてしまってヒョンスとウンドンにあんまり意識が行かなかったんですよね・・・あーあ。

あ、ジェホを演じたキム・テフンの演技はさすがで良かったんだけど、人物像としてジェホだけに二人の愛の邪魔みたいな役割を担わせたのはちょっとつまらないような気がしちゃったんですよね。

そうそう、いつもきつめの役を演じてるキム・ユンソがヒョンスの妹で出てたんだけど、こういう優しい役の方もいいですね。医者とかの知的な職業の役とか似合う。

キム・サランは綺麗だったし、チュ・ジンモは濃いな~と思ったものの、二人の組み合わせはまあいいんじゃないかと。そして子供の頃の二人の役は違和感が無くて良かったのですけど、20代の二人はかなり違和感がありました。ペク・ソンヒョンとチュ・ジンモは顔が長いという外見上の相違で仕方ないかな~と言う感じで、ユン・ソヒは外見はまあいいとして、話し方の相違ですね・・・ キム・サランがかなり語尾がはっきりとした話し方なのに対し、ユン・ソヒの舌ったらずの甘えた話し方なのが私にどうしても二人を重ねて見れなくさせました。

 

純愛ものということで浸って見れたら良かったんだけど、全くだったので、こういうのは私には向いてないのかもしれないなあ。記憶喪失ってそんなに頻繁に起こるものなのでしょうか?症例としてどれくらいの確率であるのか知りたいな、とか思ってしまったー!

でも、私は人間の「忘れる」という機能は、神様からのギフトだと思っているので、ヒョンスはずっとその恩恵を受けることが出来ずにいて、でもウンドンは記憶喪失という病気になって記憶を失ってすべて忘れてしまっているという対比が切なくはありますね。

あと、最初の二人の出会いの時、ウンドンがヒョンスをかばってくれたこと、それがヒョンスの心を打ったというのはすごく分かる。自分よりすごく年下の子が差し出してくれた思いやりが宝物みたいにヒョンスの心の中に残ったんだろうな。なのであのエピソードは好きです。

 

愛するウンドンが見れるのは・・・



  

【新大久保】チェリーボンボン 3度目の正直でやっとチョコレートが買えました!

やっとやっと買えましたよ!チェリーボンボンのチョコレートが!
なかなかタイミングが合わず開いてる時に伺うことが出来なかったのですが、この日は曜日も時間もちょうど良くてとうとうゲットすることが出来ました。

はーお店に電気がついているのが見えたときは嬉しかったなあ~

 

スポンサーリンク


 

ちなみに開店時間はショップカードの通り、月水金土の10時~18時です。
夏季休暇などもあるので要注意です。

そして場所はこちら。東新宿の駅が一番近いですが、新大久保からも歩けるかな~という感じ。

さて、お店に入るととっても上品な奥様が対応して下さいました。
そしてなんとチョコレートの試食まですすめて下さいました!う、嬉しい!

ショーケースの写真も撮っていいかお聞きしたらOKをいただきましたので撮影。
主力商品はシガールチョコレートとアマンドショコラ。どちらもホワイトもあります。

あとはオランジェとチェリーボンボンがあります。

私が購入したのはシガールチョコレートです。こんな可愛いビニール袋にも入れてくれたのでそのままプレゼントにも出来そう。
サイズはいくつかありましたが、このサイズは1000円。バレンタインデーのチョコにも良さそう。手作りチョコだし誰ともかぶらないのっていいですよね!気が効いてる!

賞味期限も3月末までとなっていたので、購入から2か月弱はOKという感じですね!

包み紙を開けるとリボンもかかっていて素敵です。リボンを解く時にワクワクしちゃいました。

じゃーん!開封するとシガールがいっぱい!3段になっているので結構たっぷり入っています。

思ったよりビターな感じでとても美味しいです。コーヒーのお供にとってもいい感じ!気に入った~

店内に発送の準備をしたパッケージもあったので、お願いすれば発送もしてくれるのかも?一味違うバレンタインチョコをお探しの方にもとってもオススメのチョコレートです!あ、でももちろん自分用にもピッタリですよ(*´▽`*)

次回はチェリーボンボンを食べよーっと!

 

【赤坂】瑞山(ソサン)物産 赤坂でも韓国食材屋さんを見つけたー!

兄夫食堂に行った時に見つけたのですが、赤坂にも韓国食材のお店があるんですねー!あの通りは韓国料理屋さんも多い感じ。

 

スポンサーリンク


 

時間が無かったので、ちょっと前を通りかかっただけなんですけど、店頭にあるラーメンだけでなく、キムチなどの生鮮食品系もあるみたい。

ちょっと気になるので、また次回赤坂に行った際にはチェックしたいと思います!