【韓国ドラマ】独断と偏見による2017年に見た韓ドラ勝手にベストテン!

さて、需要があるのかどうかわかりませんが、2017年の総括として韓ドラ勝手にベストテンを発表したいと思います!あくまでも私の独断と偏見です。そして私が2017年に視聴したものからなので、新旧まじりあっておりますのであしからず。

こういう風に何かを選ぶのってちょっと苦手なんで、あくまでも良かった上位10ドラマって感じで、順位まではつけられないかな~^^; いや~しかし、好みが丸出しの結果となって恥ずかしい気持ちにもなっております・・・

 

スポンサーリンク


 

失踪ノワールM

順位がつけられないと言いながらも断然の1位はこのドラマです。OCNの犯罪捜査物はどれも好きですが、これは特に心に残っています。
メインキャスト3人の演技、コンビネーション、ストーリーともに素晴らしかったです。続編を待ち望んでいるドラマ。主題歌も印象的です。

 

傲慢と偏見

チェ・ミンスの圧倒的な存在感にやられました。一体何が本当で何が正しいのか、自分の中にある考えとかそういうものが揺るがされるようなそんな感覚。どうやらそういうドラマが好きなのかもなあ・・・
チュ・ジニョクもカッコいいんですけど、それよりもストーリーとチェ・ミンスの演技にすっかり心を奪われたドラマでした。

 

麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜

最初のお風呂の場面ではイケメンいっぱい出て来るだけのドラマなのかな・・・と不安を覚えたのですが、これがなかなか面白かったです。もちろん皆さんが見目麗しいのも見どころですが、それぞれの皇子の演技がなかなか良くて見応えあったなと思います。映像も美しい!

 

ゆれながら咲く花

学園ドラマは嫌いじゃないけど、良いともあんまり思わないんですけども、このドラマは先生、生徒の揺れる心がとても細やかに表現されていてとても良かった。安易に恋愛に流れずに人間関係をしっかり描いていたな、と。イ・ジョンソクとキム・ウビン、チェ・ダニエルとチャン・ナラ、彼らの演技もとても良かった!

 

力の強い女 ト・ボンスン

このドラマのヒョンシクは最高です。めちゃ魅力的です。パク・ボヨンとの相性も良くて、見ててとても楽しかった!ロマンチック、サスペンス、コメディーな要素がいい具合に入ってて一気に見れちゃう楽しいドラマでした。

 

恋愛じゃなくて結婚

偽装恋愛ものは色々あるけれど、このドラマは主役二人の心の動きがしっかり描かれていてかなりはまって見ました。なによりもハン・グルが演じるジャンミがとってもキュート!そしてヨン・ウジンも良くて私の中で印象が随分アップしました!脇役陣もベテラン揃いでそれもドラマの質が上がっていたような気がします。

 

THE K2 〜キミだけを守りたい〜

これはもうジェハとユジンの間の愛もしくは愛みたいなものに痺れながら見ていました。アンナとジェハの恋愛には興味なし。今思えば無垢で純粋な人物を演じるのって本当に難しい事なのかもしれないと思うのです。悪役を演じるのよりももっと。生きていれば辛さ、悲しさなどは経験していくものだし、誰かを嫌うような気持は持っているので、それを想像して増幅すれば悪い人を演じることは出来るのかもしれないと思ったり。それよりも今までの感情を全部捨てて自分をからっぽにすることの方が何倍も難しいのではないかと思ったのです。ほら、モノも買うより捨てることの方が難しいじゃないですか!?だからかな、アンナを演じるユナの演技がちょっと物足りなかったのかもしれないな、と今になって思ったりします。でもそれを差し引いても見応えのあるドラマでした!

 

浪漫ドクターキム・サブ

いやーこれも見応えありましたね・・・!ハン・ソッキュの存在感もだけど、その他の登場人物全員の性格や行動などがしっかり描かれていて、感情移入して見ていました。なかなか現実にはキム・サブみたいな人はいないのかもしれないけど、もしかしたらどこかにいるかも・・・みたいな気持ちにさせてくれるドラマでした。

 

ヒーラー~最高の恋人~

これもちょっとはまって見ましたよね~ チ・チャンウクにはこれっぽちも興味が無かったのですが、ひえーかっこいーってなりました。ロマンチックな部分も良いけど、ストーリー的にも最後はそれぞれが前を向いて歩いてくというところが好きでした!

 

伝説の魔女〜愛を届けるベーカリー

このドラマも個性的な登場人物が見てて楽しいドラマでした。悪い人もちょっとコミカルで笑えるというか・・・。ヨンオクおばさんのジェントルマン~の歌は忘れられません。スインの元旦那のドヒョンは気の毒だったけど、その他は楽しく見られる元気が出るドラマですね!

 

 

その他にも、ポンダンポンダン〜王様の恋〜とか、ステキな片思いとか、思いっきりハイキックも良かったかな~ あと韓国映画では、彼女を信じないでくださいが好き。

それから、中国系のドラマでは、断然1位は太子妃ラプソディーです!他にも狼王子-Prince Of Wolfあの星空、あの海。も良かった!

 

いやー今年も本当に沢山のドラマを見ました。楽しい時間を過ごせて良かったな!
また来年もいっぱい良いドラマに出逢えますように!

 

【韓国映画】ただ君だけ の感想 主役二人がとても良い!そしてカッコいいソ・ジソプが堪能できる~

良い。とてもカッコ良いソ・ジソプが見れる映画です。
目の見えない女、元ボクサー男、とそんな孤独な二人が出会ったら、男が命落として角膜を女にあげることになるとかなんじゃないの!!?という予想は良い意味で裏切られたので、ホッとしました。

 

スポンサーリンク


 

ハン・ヒョジュは今まで「良い」とは思ったことはあるのですが、「すごく良い」とは思ったことが無いんです。でもこの映画の彼女は薄いお化粧で、飾らない感じが素敵でした。目の見えないのも必死で生きているところもとても伝わってきたというか、そんな感じの演技でした。

ソ・ジソプを「あじょし」と呼ぶちょっと舌足らずな声が良かった。甘いけど、媚びは含まれてないのです。そして目が見えないことで卑屈にはならずに気丈に振る舞う姿はチョルミンでなくても心動かされてしまうかも。

「初めて声を聞いた時にいい人だと分かった」とジョンファがチョルミンに言うセリフが好き。人間の中身なんて隠せるものではなくて、きっとそんな風に表に表れてしまうもの。目が見えないからこそ、更に研ぎ澄まされた聴覚でそれをちゃんと感じ取るジョンファ。

ジョンファを愛し始めてからは圧倒的に純粋なまっすぐさで彼女を愛し守ろうとするチョルミン。ドラマをたくさん見て、いっぱいいい俳優さんがいるなあと思ってはいるんですけど、私にとってソ・ジソプってやっぱりちょっと特別かも。本当のご本人がどんな人が知りたいとかは無いんですけど、ドラマとか映画の中のソ・ジソプの表情って他の誰とも違って、本当に目が離せません。この映画でも、ジョンファを見る目、ちょっとした心の揺れなど、その表情のひとつひとつが魅力的です!!!!(力入った・・・)

賭博格闘技の試合の場面などもあり、結構暴力的なところもあるんで、苦手な方は要注意ですが、そこはまあ、生きるか死ぬかの迫力まではないかな・・・ 試合はやや予定調和感がありますが、でもなかなか激しいです。しかし、彼は体の使い方がうまいのだと思う。怪我をした時の体の動かし方などもかなりリアルで、完全に全身で演技をしていると思う!そんなところにも目を奪われます。

盲導犬にとチョルミンがあげたゴールデンレトリーバーが最後にはちょっとしたキーになったりもして、うまくまとめられてます。風景や犬などのそういう癒しの部分と、激しい闘いの部分と対比も描かれていたり、実は二人の関係には因縁があったりして切ないんだけど、でも二人の愛が暖かくてほっとしたり。

脇役陣もよく見る顔がたくさんのベテランで、安心感があります。主役の二人の演技も良いので、見て損はないかな!と思いました~

 

ただ君だけが見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】思いっきりハイキック の感想 個性的な登場人物がみんな素敵でした!

思いっきりハイキックの視聴終了しましたー!1話が30分程度とはいえ167話は長いですよね~ 頑張りました!笑

Gyao!で月~金の週5更新だったのが功を奏して最後まで見れた気がします。飽きっぽい私には1週間に5話という多すぎず少なすぎずのノルマが課せられた感じが隙間時間でなんとか追いつこうと視聴をこなせて良かったです。一気に見るのは辛いけど、ちゃんと面白くて最後まで見たいと思える内容でした。あ、でも多分2話分くらい見逃しちゃったんですけど、まあそれくらいは見逃しても話にはついて行けるので大丈夫!笑

 

スポンサーリンク

 

とにかく沢山の登場人物が出て来るんですけど、みんなこれでもかっていうくらい個性的なんで誰が誰か分からないってことも無く、それぞれについてのエピソードもあり本当にうまく構成されているなあという感じ。1話の中にだいたい2つのエピソードが仕込まれてるので、片方がシリアスだと片方がコメディーのりだったりとその点のバランスも良いので、うまいな~と。

私は特にユノとソ・ミンジョン先生のキャラが大好きだったので、ラストでギャーってなりました。ユノの片思いの切なそうな顔が大好物だったので、実際に二人がくっついて欲しいと思ってた訳じゃなかったんですけど、ドラマの中で好きだった二人が最後に一番のスポットライトを浴びてた感じで嬉しかったというか、そんな感じ。

ユノの高校生らしく無邪気だけど、大人っぽさもちょっとあるみたいな年頃をチョン・イルがうまく演じてて、この時からやっぱり目を惹きますね。もらった役も良かったとは思うけど、ぱあっと明るくなる表情とぐっと切ない表情のメリハリが上手で思わずこっちまで嬉しくなったり悲しくなったりしてしまう。あー

そして、ソ・ミンジョン先生もとってもどじっこだけど、とっても可愛くて大好きでした。ぶりっ子と天然どじっ子の境目って結構微妙なものだと思っていて、その点彼女はあざとさが無くて、女性からも高校生の男子にも好かれる感じがちゃんと出ていて、これまたとてもうまいなあと思っていました。ほんとちょっとの差だと思うんですけど、わざとらしいとすぐに分かる。

あと好きだったのは、パク・ヘミ!旦那のジュナと突然踊り出したり、オッケ―!を連呼したり、酔うと大変なことになったり。振り切れた人が多い中でも一番振り切れてたような?でも、堂々としてて素敵だったりと、好きだったな~

でもこのパク・ヘミとナ・ムニとジュナ辺りは他のドラマで見ても、ハイキックでの役柄が強烈過ぎて、そのイメージを払拭できないという後遺症が残ってます・・・ いつか薄れるんでしょうか・・・?いや、無理かもしれない^^;

そして、こっそり面白くて好きだったのは、教頭先生かな!お約束みたいに逆のことを言うのに、イ家に行った時は、その空気を読めない家族たちが間に受けて息子が褒められたと思ってありがとうございますと礼を言ってて、それに混乱する教頭先生が面白かった!

キム・ボムはこの時はとても若くて可愛い!最近はゴツい役をやっているのを見慣れているけど、確かにこんなドラマに出ていたら、そのイメージを変えるのは大変だっただろうなあ。でも今も色々な役を受けて頑張っているなあと思いました。ミノとの仲良しっぷりはめんどくさいなあと思って私は見てたけども。ハハ!

ハラボジはすぐに暴力を振るうのでその点はあんまり好きじゃなかったけど、結局はみんながハラボジを立ててあげてるって感じで、まあ暖かい家族だなーと。

登場人物が多すぎてそしてエピソードが多すぎてなんだかまとまらない・・・
思い起こしてみれば、本当に色んな要素があって、平和な家族なのに、スパイの話が盛り込んであったり、三角関係や片思い、失業のことなど、本当色々ありましたねえ。一体どうなるのかと思いながら、最後まで楽しく見ることが出来て良かったな~!

 

その後のユノとミンジョン、シンジとミニョンとかどうなるのかな・・・
みんな幸せでありますようにーってそんなことを思います。

 

思いっきりハイキックが見れるのは・・・

【鶴橋】SAMI COSMETICは韓国コスメが安いみたい!店内はお客さんでいっぱいでした!

鶴橋の商店街から少し離れたところにある生野コリアンタウンもこの間初めて行ってきました。その入り口からほど近いところにあるのがSAMI COSMETICです。

黄色い看板が目立つので分かりやすいです。行ったのは平日だったのですが、店内は結構こみあっていてビックリ。色々な年代のお客さんがいましたよ!

私は新大久保のIt’s skinで見つけられなかったLIFE COLOR contouringが無いかな~と思って行ったのですが、残念ながらそれはありませんでした。
アイカラーパレットはあって、それは新大久保よりかなり安かったかな~

そんな訳でマットなリップも欲しかったので、CLIOのMad MATTEを購入しました!

試供品のおまけもくれました。化粧水かな?

好みの色のリップが買えて満足!
#7のBARE IT ALLというカラーです。

公式のネットショップだと2080円だったけど、SAMIでは1900円だったと思います。
少しお得ですね!

それから、SAMIではTポイントが貯まりますので、Tポイントカードをお持ちの方は忘れずに!

 

スポンサーリンク


 

そして余談ですが、お店で見つけられなかったIt’s skinのLIFE COLOR contouringは結局通販で購入しましたよー

海外直送とかで1週間くらい日数がかかります。
なんだかでっかい箱で届いた・・・^^;

外箱

パレット本体

パレットの中身

赤みのカバーとか、コンシーラーとか、シェーディングとかがひとつのパレットにまとまっているのでとても便利です!オススメ!

 

 

 

【韓国ドラマ】追跡者(チェイサー)の感想 権力の実態とは一体なんなんだろう?

なんというのでしょうか。これは見応えがあったともいえますが、なかなかにビターというか苦々しさが残るエンディングでありました。
そして一体「権力」とは何なんだろうか?と思わず考え込んでしまったのでした。そういう意味では非常に意義のある問題提起をしてくれているドラマと言えるのかもしれません。

 

スポンサーリンク


 

いやーしかしここまで演技派な俳優さんで固められていると圧巻ではあります。
が、言い換えるとイケメンが潔すぎるくらい出て来ません(失礼!)
「あえて」なんだろうとは思うんですけど、でもPKジュンはアイドルなんだからもう少しイケメンでも良かったのでは?イ・ヨンウが悪いって訳ではないのですが、女子中学生にキャーキャー言われるにはもう少しフレッシュさとか、物が分かっていない若者感がある配役だった方が、ペク・スジョンを何度も車で轢くなんてことが出来るような怖さを感じたのではないかなと思ったりも。イ・ヨンウは悪そうな感じが出過ぎてて私的にはイマイチでした。

それでもやっぱりソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、パク・クニョン辺りのやり取りは迫力があって思わず見入ってしまいました。ソン・ヒョンジュにとっては娘の名誉を晴らしたいとか、事故の真実を知りたいという目的が明確でしたが、キム・サンジュンやパク・クニョンは状況に応じて敵か味方なのかが、瞬時に変わっていく様が非常にスリリングでした。緊迫感があって暑苦しさまで感じてしまうほど・・・!お腹いっぱい!

ちなみに私はキム・サンジュンが結構好きなんですが、あそこまで眉間の皺を寄せて芝居がかった感じなのに、なんかちょっと色気を感じるんですけども、それって私だけ!? キム・ソンリョン演じるジスが愛してもらえないのにカン・ドンユンを愛してしまう気持ちがちょっと分かるような気がして良い配役だと勝手に満足していたのでした。

そして、めっちゃ演技派な男優たちの中で、シン・ヘラ役のチャン・シニョンがすごく頑張っていて負けてない!という印象でした。ちょっとした表情の変化など、女心と冷徹なところがうまく混ざりあっていてとても良いな・・・と何度か思いました。あと、大谷亮平も韓国人役で出ていて、なかなか悪役が似合っていて、全く違和感なし!まあ、あまり台詞が無い役ではあったけれど、演出などは韓国語なのだろうから、きっと苦労したんだろうなと思って、すごいなあと思いました。ロマンスが必要3に出てたパク・ヒョジュはこんな刑事役とか似合いますね。めっちゃ走ってたけど、かなり早くてきっと運動神経が良さそう・・・とか思った!笑

 

しかし、ラストは何とも言えない空しさが漂い、苦い味が喉の奥に残る気がします。自分が誰かに何かをされた、酷い境遇だった、から今度は自分が権力を持ちたいという目標を持つことの意味の無さというのが描かれていたのでしょうか?
権力があれば、自分の都合の良いように回りを動かせるというのであれば、一体「権力」とはどのようなものなのでしょうか?総理大臣とか社長とか地位の高い人になって、得た権力で自分のためにその力を使いたいと思うということは、反対に自分が地位が低いとしたらそういう人に自由に思い通りにされても仕方ないと思うことのような気もしてしまう。

けれど、権力を持っていても、最後にはまわりには誰もいなくなってしまったソ会長のように、その力の使い方を間違えると本当は何も手に入らないのだなと思ったのです・・・

ペク・ホンソクも罪を償うと実刑を受けたけれど、娘からのパパは無罪!の幻想のようなシーンは私はちょっと納得がいかない気がしてしまったのです。PKジュンが悪い事をしたからと言って事故とはいえ、殺していい訳では無かったのではないだろうか、と。娘を失った悲しみを知っている人にしては、誰かの息子を失わせたことに対しての台詞が軽すぎたような気がしてしまう。

 

とまあ、いろいろグルグルと考えてしまうようなドラマなのでした。
いまいちうまく感想にまとめられないー^^;

 

追跡者(チェイサー)が見れるのは・・・