【新大久保】気になる鴨肉専門店を見つけたよ!その名もシャオウェイヤボーだそう

新大久保で早めの夕食を終えて、呑み直したいけどお腹がいっぱいだからちょっと散策をしてみよう!という時にまたまた気になるお店を見つけました。

いつも新大久保の駅の改札の右側しか行ったことがないけど、
左側って何かあるのかな?とそっち方向に歩いていたのですが!!!!
なんだか黄色くて派手な看板が見えてきました。




小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)って一体なにやさんなのか?と近づいて確認してみたところ・・・

鴨肉専門店らしいのですが、ネックとかとか鎖骨とかとかとか書いてあって気になります!!!

覗いてみたら結構こみあってる感じ。
テイクアウトもあるので、それを待ってる人だったのでしょうか?
中華料理のようですが、外から見てもなんだかディープな雰囲気が漂っております。

そして、ちょっとネットで調べてみたら辛いみたい・・・
中国では鴨の首はスナック的な食べ方をされるそうですが、
それにしても24時間営業ってすごいな!
ついでに年中無休って書いてる!

外にカードがあったのでもらってきましたよー

新大久保よりちょっと大久保よりかな?
お店の前を通り過ぎて大久保まで行ったのですが、そっちの方面は中華料理屋さんがいっぱいあったので、おいおい挑戦していきたいなあと思うのでした!

 

 

↓これかな?こんな感じの食べ物かな~?

【台湾映画】海角七号 君想う、国境の南 の感想 人々の思いが詰まったとても素敵な映画

最近見た台湾ドラマが思いのほか良かったのが続いているので、その勢いで台湾映画まで見てしまいました!

「海角七号 君想う、国境の南」というタイトルは聞いたことがあったし、確か台湾でヒットしたと聞いたような記憶もあったので見てみましたよ~

そう今Gyao!で無料配信されているので興味のある方は今のうちに~!




 

60年前の手紙が軸となって、台湾人と日本人の昔と今の恋の物語が紡がれて行きますが、じわりじわりと胸に沁みる、そんな感じの映画でした。

台湾であった日本統治時代、そして戦後に別れるしかなかった二人。
一人日本に帰る青年が書いた台湾に残してきた恋人に宛てた手紙。
どうしても戦争の頃のことを考えると、日本人としては心が痛くて、今の自分がその歴史を変えることが出来る訳ではないけれど苦しい気持ちがどこかにあります。
その時代のことも描いているけれど、この映画は全般的に人に向ける視点がとても優しくて、言ってみれば罪を憎んで人を憎まずという感じを受けました。

少し距離を置いて淡々と描いている気がするので、
その辺りは見る側にゆだねられているところがあるような気がします。

ベースは恋愛ものなんですが、現在の台湾の若者の地方離れとか、少数民族への差別とかそういう問題も取り入れていたりもします。
夢破れたり、傷ついた人たちがたくさん出て来るけれど、描き方がとても優しくて、それぞれの個性がきちんと描かれていてとても素敵だったんです。

 

そういえば出演者に、長澤まさみちゃんが出てたドラマのショコラの出演者が何人か!
元組長役の馬如龍と、その手下役の應蔚民!
そして監督の北村豊春もちょっとだけ出てた~

あと主役で出てた日本人の田中千恵はメイクアップアーティストのトニータナカの娘さんなんだって!
ワールドワイドに頑張ってるんだな~
酔っ払った時の不安を吐露するところの演技が心に残りました・・・!

 

見た後にまたじわりじわりと色んなことを考えてしまう、
そんな余韻が残る感じが素敵な映画です。
派手な事件を描いている映画ではないのだけど、それぞれの登場人物が生き生きしていて心に残る映画になりそうです!

 

海角七号 君想う、国境の南が見れるのは・・・


 

【新大久保】肉&麺 4度目の訪問では豚丸ごとカルビ焼きを食べたよ!

やっほー!
久々に肉&麺に行ってまいりました!!!

行こうとしてたんだけど、満席であえなく撃沈なんてことが2度ほどあったので、久しぶりの訪問になってしまいました~

自分でももう何度行ったか分からないので数えてみると・・・

⇒1回目
⇒2回目
⇒3回目

3回行ったようなので、今回は4度目の訪問でした!!!!




 

気になるメニューはいっぱいあるんですけども、辛いものが食べたかったので、まずはビールとチャンポン麺を注文!

ビールのジョッキがプレミアムモルツのになっていた気がする。

たっぷり野菜と魚介と辛くて美味しいスープ。
そして美味しい麺!ああ、幸せだなあ。

 

今回はメインには豚丸ごとカルビ焼きを注文しましたよー!
オーブンで焼くので40分くらいかかりますって言われたんだけど、
せっかく外食をする時こそそういう手間暇かかるものを食べたいですからもちろんOKですよね!!!!

ビールを飲んで待ってます!

は~写真を見てるだけでも思い出してまた食べたくなる~!
あっちからもこっちからも激写しました!笑

ジューシーでとても美味しかったです。大満足!

それにしても必ずニンニクと唐辛子がのっかっているのは韓国料理屋さんって感じがしますね!
もう学習して辛いって分かってるのでちゃんとちょっとずつ食べますから!

 

すっかり満足したので、ちょっと散歩して場所を移して呑み直しすることにしたのでした!美味しかったです。ご馳走さまでした~




【台湾ドラマ】王子様の条件~Queen Loves Diamonds~ の感想 ファッションも恋愛も人情もストーリーも楽しめるステキなドラマ!

実は最近はあまり先が気になる韓国ドラマが無くてかなり視聴速度が落ちていました。
なので感想を書きたいけど、書くのが無い状態^^;

で、ちょっと久々に台湾ドラマなんて見てみようかな~と思って手を出した王子様の条件が何これめっちゃ面白い!ってことで結構なスピードで見てしまいましたよ~

こういうの久々で楽しかった!

台湾ドラマって、今まで私が見た経験上でだけなんだけど、すごく面白いか、なんだこれは・・・とかなりの衝撃を受けてまた台湾ドラマを見るのをためらうようになってしまうくらいかの両極端なんですよね。
だからこのドラマもどうだろうか・・・とかなり半信半疑で見始めたものの、大満足することになりました!

ちなみに私が今まで見た中で大好きなのは、アニキに恋してと君には絶対恋してないとハートに命中100%あたり。こ、これはちょっとというのは、アリスへの奇跡と恋のキセキですね。
なので、これでちょっと私の傾向がわかるかも?笑




台湾の拝金女王や、英語のマテリアルガールというタイトルの方が内容は分かりやすいと思うんだけど、日本のタイトルの王子様の条件になっちゃうと主役が女性じゃなくて主役が男女みたいな感じになる気がしますね。
これはもしかして、F4のヴァネス・ウーが出ていることを考えてわざわざそうしてるのかな・・・とか思ったり。台湾ではリン・ホンは有名だろうけど、日本だとヴァネス・ウーの方が有名だろうしなあとか考えてました。

いやでも、このドラマはもう断然リン・ホンが主役です!!!!
どんな服でも着こなして、本当に美しいです。

なにせ『セックス・アンド・ザ・シティ』で衣装を担当したパトリシア・フィールドが衣装監督をしてて、これでもか!っていうほどオシャレな服が出て来るんですよ。

でも本当にどんな服も着こなしていて、見ていてほれぼれするほど!
さすが一流のモデルさんです。

肩が出てる服を着てる美しくない人を見るのが嫌いなのだけど、
彼女はもっと着て下さいって感じです!

こんな人に来てもらえるならそりゃ服も喜ぶだろうと思う!!!
ブランドものとか興味がないけど、美しく装っている美しい人を見るのは好きだな~と実感。
これくらいブランドものを着こなせる人が演じたからお金が第一っていうチュマンという役だったけど下品にならずにキュートだったんだと思う。

このウェディングドレスもちょっとチャイナっぽくて素敵でした。
走るシーンがあるから後ろについてる飾りがシャラシャラと音が鳴ってそんなことまで計算されているんだなと感心しました。

 

そしてヴァネス・ウーは初めて見たんですが、ヒールを履いたらリン・ホンの方が大きいから背が低いのかなと思ったら、リン・ホンが179センチもあるからだったみたい。180センチもあるのにねー!ビックリだー

最初はカッコよさが分からなかったんだけど、だんだんかっこよく見えて来るというドラママジック!
そういうのもドラマが面白かったからこそですよね。

でも、どうしてもソフトバンクホークスのぽんちゃん(本多選手)に見える・・・

に、似てるう!

ともかく二人がラブラブしてるのは本当に好きでたまらない二人って感じで良かったです。
まあ最後はうまくいくんだろうと思って見てはいたけれど、最終話まで本当にどうなってしまうのか分からなくてドキドキしたなあ。
好き合ってる二人なのに、傷つけあったり、擦れ違ったりを見て一緒に一喜一憂しちゃった。

 

あと脇役陣もすごくすごく良かったです。
こういうほのぼのした人情ものって台湾ドラマの得意分野だな~って思う。

朝南市場の皆さんは個性的であったかくて最高!
ハートに命中100%のチャン・シンイ―のお母さん役のリン・メイシュウがヴァネスのお姉さん役で出てたり。

ナー・ウェイシュンもチュマンのよき理解者として出てて楽しい!
彼は本当にどのドラマでも愛すべきキャラなんですよね。

ゲン会長役のクー・パオミンは君には絶対恋してない!でお父さん役で出てましたね~

そんな感じで見たことがある好きな俳優さんがいっぱい出てて安心感があります。
台湾ドラマの良いところは、あんまり悪い人が出てこないことですね。
そのせいかほのぼのしている気がします。
その上、このドラマは脇役それぞれの背景やキャラクターが本当にしっかり描かれていて、そこが素晴らしいところだった気がします。

ダンソン・タンもちょっと繊細な役を演じてて良かった。
なんだか見覚えがあるような気がして考えていたんだけど、私の妖怪彼氏で悪い人の役をしていた人に雰囲気がちょっと似てるかも!
でも全然違う俳優さんで、私の妖怪彼氏に出てたのは李昕亮っていう方みたい。

 

それから、いちばん素敵だなーと思ったのは、キャメロンが作ったジャスティンのMV!
確かにそこには隠し切れない二人の愛が写っていて、なんだか感激しちゃった・・・
二人の演技がとても良いんだなあってそこで実感しました。
だからドラマにすっかり入り込んで楽しかったんだなあって思います。

チュマンとお母さんのエピソードも最後まで丁寧に描かれていて、なんだか本当に良い場面が多かったなあと思います。

 

とっても素敵なドラマでした!!!
最近見た台湾ドラマはどれも当たりで嬉しいです!!!

王子様の条件が見れるのは・・・


【新大久保】カフェアユナンが閉店したようです・・・!

前回行った時に、ケーキがとっても美味しかったので、またあのケーキを食べたいと思っていたのですが、カフェアユナンが閉店してしまったようです。



 

たしか日曜日はお休みだったので、新大久保に土曜の早い時間に行ける時は職安通りに看板が出ていないかな・・・と必ずチェックしていたのですが いつ行っても看板を見かけないので、土曜も休みになったのかな・・・と思っていました。

それにしてもいつも閉まっているような気がして、近づいてみると・・・

貸店舗のチラシが!!!!

という訳で、残念ながら閉店してしまったようです。

小さ目なお店でしたが、ケーキがとっても美味しかったので、残念~!!!

ちなみにシャッターには渋谷のアユンテラスというお店のチラシも貼ってありました。どうやら姉妹店のようです。
ここに行けば、またあの美味しいケーキを食べられるかも~

インドネシア料理も気になるし、機会があったら行ってみたいと思います!