【韓国ドラマ】1%の奇跡 の感想 思いがけず良かったとっても素敵な優しいドラマ!

1%

 

カン・ドンウォンの名前は知っていたけど、
そういえばドラマとか映画は見たことなかったなあと思って、
Gyao!で始まった1%の奇跡をなんとなく見たのがきっかけ。

私はこのパターン多いですね(^^;
あんまり、誰がどのドラマに出ているとかを知らないので、
Gyao!で配信が始まると誰が出ているんだろう?と初めてそのドラマの存在を知ることが多いです。

そして最近は、途中でドラマ見るのを挫折することにも躊躇が無いので、
軽い気持ちで見始めることができちゃう!(^-^)




画面を見ていると結構古いドラマなのかな?という感じで、
全く期待せずに見始めましたが、これが結構はまったんですよね~

ちなみに2003年のドラマのようです。
出演者の服装や、携帯電話などがかなり古めかしいです!
10年たつと今使っているものもこんな風に見えるのかもしれませんね(^^;

そういえばカン・ドンウォンの名前をどこで知ったかというと、
「チュウォンが彼に似ていると言われている」というのを聞いたからかも?
詳しい人からしたら順番が逆!って怒られそうですね・・・
私の知識はその程度なのですが、最近は段々と点と線が繋がってきてやっとこれってあの人かなと分かるようになった気がします。すごい!

ともかく、最初はなんだろう?このドラマ?と思いながら見ていたんですが、
言ってみれば、ダヒョンの家族の善意がジェインの家族を変えて行ったのと同じように、
私もすっかりその善意に巻き込まれてドラマを楽しんでいたのかもしれないなあと思うのです。

カン・ドンウォンも我儘だったり、口が悪かったりするんだけど、
それがとても魅力的に見えるし、そして少しずつ変わっていく姿も良いし、
なんだか登場人物がみんな結局のところ良い人ばかりで、ほのぼのしちゃう!

最初の頃は、ダヒョンにつきまとう美術の先生の強引さは気持ち悪かったし、
ジェインにつきまとうジェヒ役のワン・ジヘの強引さも最悪だったけど、
気づくと出てこなくなってて、とても平和になってたし。

う~ん。
今までで一番どこが良かったかと聞かれるとどこか分からないドラマかもしれません。
でも結構好きで、毎週楽しみにしていたので、そんな感じでとても平和なドラマでした!

だって門限10時!とかね。なんか可愛いんですよね。
あと、最後の出演陣のあいさつとかもほのぼの。
ダヒョンの弟と家に一緒に住むようになったヨジン(小学生)が僕たち結婚します~って冗談で言ってたりして可愛い!

終わっちゃって少し寂しいです~(*´▽`*)

 

1%の奇跡が見れるのは・・・


 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す