【韓国ドラマ】1%の奇跡 ~運命を変える恋~ 昔のは家族のストーリーでリメイク版は主役二人のラブストーリーって感じ!

リメイクバージョンの新しい方の1%の奇跡を視聴終了しました!

ストーリーの大筋は確かに同じだけど、もうこれは全く違うドラマと言ってもいいくらい違う印象を受けました。

2003年のカン・ドンウォンとキム・ジョンファが主役のも好きだったけど、
こっちはいとこカップルやら家族やらのエピソードも多くて、なんというかファミリーのドラマって感じ。
でも2016年のハ・ソクジンとチョン・ソミンが主役のリメイクバージョンは完全に2人にスポットライトが当たっていて、かなりベタなラブストーリーになっていました。

昔のは古き良き時代の家族がメインテーマになっていて、家族関係が暖かくて良いともいえるんだけど、22時門限とか愛情による干渉が過ぎる部分も多くてちょっとうっとおしさも感じてたのも本当で、あと3人もすでに子供がいるというのに娘の同級生まで引き取って育ててるなんてちょっと現実離れしたところもあったよな、と思うのです。
そこが良かったところでもあるけど、登場人物たちの距離感の近さが煩わしく見える部分でもありました。

そういうところがリメイクバージョンではすっかり無くなってて、現在という時代を反映した設定になっていて、タダは一人暮らししてたし、ジェインの母親も専業主婦では無くて仕事をしている等になっていました。




そんな風に全く違うドラマみたいにはなっていたけれど、私は結構好きだったんですよね~
というのも並行して色んなドラマをGyao!で見てたけど更新されたら他のより先に見てた気がするから、私の好みには合ってたみたいです。

ハ・ソクジンは私はスタンバイでしか見たことなくて、ハ・スド役で出っ歯をつけたちょっと変な人のイメージしかなかったので、そうか普通にしてたらイケメン枠なんだな、と思いました。(さらっとひどいこと言った^^;)
でもまあ、冷たいとかつっけんどんとかそういうのが合いますよね。
だからジェインのイメージには合ってたかも。もう少し筋肉控えめだとなお良かったな(私のイメージの問題ですがw)
チョン・ソミンは私は初めて見たんですが、彼女も先生だったり、ちょっとダサめっていう役がかなりぴったりだったかな~と思います。
ダサいっていうか保守的な服を着てるタイプというのかな?

結局、契約とか言ってても二人はすぐにラブラブになって、一度別れた時とかの二人の落ち込む様が妙に丁寧に描かれていて、むしろ最後のハッピーな部分が駆け足になってて面白かったな・・・!笑

そうあとやたらとキスシーンが多くて、ただの好き同志やんって感じでした。
ときめく感じじゃないけど、良かったねえみたいな気分で見てましたw
自分でもどういう感覚なのかは謎・・・w

 

ともかく最後はハッピーエンドだろう~とは思っていたので、安心して見られるし、
短めというのもあってテンポも良かったし、全体的に楽しめました。
2人のやり取りが結構面白かったな~という印象です。
タダの友達とかも明るい印象だし、すごく悪い人も出てこないので、
そういう意味では軽い気持ちで安心して見れるドラマです!

 

1%の奇跡 ~運命を変える恋~が見れるのは・・・

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す